パトリック・マホームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg パトリック・マホームズ American football pictogram.svg
Patrick Mahomes
カンザスシティ・チーフス No.15
refer to caption
2019年のマホームズ
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1995-09-17) 1995年9月17日(23歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州タイラー
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 230 lb =約104.3kg
経歴
大学 テキサス工科大学
NFLドラフト 2017年 / 1巡目全体10位
初出場年 2017年
初出場チーム カンザスシティ・チーフス
所属歴
2017 - カンザスシティ・チーフス
受賞歴・記録
シーズンMVP(1回)
2018
プロボウル選出(1回)
2018
オールプロ選出(1回)
2018
その他受賞・記録
NFL 最優秀攻撃選手:1回(2018)
NFL 通算成績
(2018年終了時点)
TD/INT 50/13
パス獲得ヤード 5381
QB レーティング 111.7
Player stats at NFL.com

パトリック・ラボン・マホームズ2世Patrick Lavon Mahomes II , 1995年9月17日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州タイラー出身のプロアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック(QB)。NFLカンザスシティ・チーフスに所属。NFLとカレッジの両方で年間5,000ヤードパスを達成した史上唯一の選手である。実父は元メジャーリーガーで横浜ベイスターズにも所属したパット・マホームズ。高校時代は父と同じく野球アメリカンフットボールさらに、バスケットボールもプレーしていた。

経歴[編集]

幼少期から高校時代[編集]

1995年9月17日に元MLB投手のパット・マホームズとランディ・マホームズの子として生まれた。なお両親は後に離婚している。テキサス州ホワイトハウスのホワイトハウス高校に入学し、高校ではアメリカンフットボールの他、野球とバスケットボールをプレイした。フットボールでは、12年生(日本では高校3年生に相当)時にパスで4,619ヤード、50TD、ランで948ヤード、15TDを記録した。野球では同年に16奪三振によるノーヒット・ノーランを記録した。MaxPrepsによる2013-2014年度の年間ベスト男性アスリートに選出された。

Rivals.comにより三ツ星の注目QBとして、また走力のあるQBとして世代12位として評価された。高校卒業後はテキサス工科大学に進学した。 2014年のMLBドラフトの有望株であったが大学への進学への意思が強かったためトップレベルでの評価ではなかった。デトロイト・タイガースの37巡目で指名されたが契約はしなかった。

大学時代[編集]

一年目はデービス・ウェッブの控えだった。オクラホマ州立大学との試合でウェッブが怪我で退いた後、大学チームでの初出場を果たした。その試合では5試投2成功、20ヤード1TD1INTを記録した。ウェッブが再び怪我をした後、テキサス大学戦にて先発起用され、パス21回13回成功109ヤードを記録した。その後のシーズン最後の3試合では先発として起用された。ベイラー大学戦ではビッグ12カンファレンスでの新人記録となる598ヤード、6TD1INTを記録した。一年目はパスで1,547ヤード 16TD 4INTだった。なお救援投手として野球チームへも参加している。

二年目はシーズン当初より先発として起用された。初戦ではサム・ヒューストン州立大学に対して425ヤード4TDで59-45で勝利した。続くテキサス大学エルパソ校戦ではパスで361ヤード4TD、走っても2TDで69-20で勝利した。テキサスクリスチャン大学戦では392ヤード2TDを記録したが、55-52で敗れた。年間では4,653ヤード、36TD,15INTを記録した。

三年目のシーズンが始まる前、野球部での活動をやめてフットボールに専念すると表明した。 2016年10月22日にオクラホマ大学とのホームゲームで、66-59での敗北を喫したがこの試合でNCAA,Big12,同校の複数の記録を残している。獲得ヤード819はNCAA1部FBS記録。またパスによる734ヤードは史上タイ記録。88試投の最多記録には一つ足りなかった。両校での合計獲得ヤード1,708ヤードはNCAA記録。合計125点はランク校の対戦よるものでは史上2位。このときのオクラホマ大学のQBはベイカー・メイフィールドだった。

この年は全米トップとなる1試合平均421ヤード、パストータル5,052ヤード、攻撃合計5,312ヤード、318得点、53TDを記録した。全米トップパッサーに与えられるサミー・ボートロフィーを獲得した。これは同校の先輩である Kliff Kingsbury, Graham Harrell,B. J. Symonsに続くものである。またCollege Sports Information Directors of Americaによって選出されたAcademic All-Americanの第二チームに選出された。

3年次終了後の2017年1月3日に4年次はプレイせずNFLドラフトにエントリーすることを表明した。

NCAA記録[編集]

  • 一試合パス獲得ヤード: 734 (1位) (オクラホマ大学 2016年10月22日)
  • 一試合獲得ヤード: 819 (1位) (オクラホマ大学 2016年10月22日)

College statistics[編集]

パトリックマホームズ Passing
Year Team GP Cmp Att Pct Yards TDs Int
2014 Texas Tech 7 105 185 56.8 1,547 16 4
2015 Texas Tech 13 364 573 63.5 4,653 36 15
2016 Texas Tech 12 388 591 65.7 5,052 41 10
College Totals 32 857 1,349 63.5 11,252 93 29

カンザスシティ・チーフス[編集]

ドラフト前、多くのアナリストやスカウトはマホームズが1巡または2巡指名で指名を受けると予想されていた。NFLスカウティングコンバインで、コンバイン史上最速タイ(時速60マイル=時速97km、Logan Thomas and Bryan Bennettに並ぶ記録)のパスを投じた。

コンバインやワークアウトなどの結果、ドラフト直前にこの年次でもっとも評価が上昇(各メディアでのランクで2-4位)した選手となった。母校のプロデイでは28チームの訪問を受けた。個別にも18チームからのワークアウトと訪問を受けた。これは同年で最多の数である。この中には、カーディナルスHCブルース・アリアンズ、セインツHCシーンペイトン、ベンガルズQBコーチビル・レイザーが含まれる。またチャージャーズ、ブラウンズ、ベアーズ、スティーラーズのコーチもマホームズを訪れている。

映像外部リンク
Patrick Mahomes' NFL Combine workout
Patrick Mahomes' 40-yard dash
Mahomes' NFL Combine Press Conference
Mahomes' Texas Tech Pro Day workout
プレドラフト測定結果
身長 体重腕の長さ手の大きさ 40ヤード
ダッシュ
10ヤード
スプリット
20ヤード
スプリット
20ヤード
スプリット
3コーン
ドリル
垂直跳び 立ち幅跳び ベンチ
プレス
ワンダー
リック
6 ft 2⅛ in 225 lb33¼ in9¼ in 4.80 s 4.08 s 6.88 s 30 in 9 ft 6 in 24[1]
All values from NFL Combine[2][3]

2017年ドラフトでカンザスシティ・チーフスから1巡指名(全体10位)を受けた。この全体10位のためにチーフスは同年の1巡、3巡、2018年の1巡をビルズとトレードしている。

チーフスが一巡目でQBを指名するのは1983年全体7位のトッド・ブラックリッジ以来である。

2017年シーズン[編集]

Patrick Mahomes in 2017

2017年7月20日、チーフスとの間で4年1,642万ドル(総額保証/1,080万ドルのサインボーナスを含む)の契約を結んだ[4]

ルーキーシーズンはベテランQBアレックス・スミスの控えを務めた。チームがプレイオフ進出を確実とした後、シーズン最終週のデンバー・ブロンコス戦で休養したスミスに代わってプロ初出場を果たした。この試合ではパス35回中22回成功、284ヤード、1INTを投げ、チームを27-24で勝利へ導いた[5]

2018年シーズン[編集]

Mahomes in 2018

2018年1月30日、チーフスがスミスをワシントン・レッドスキンズへトレードしたことに伴って、1番手QBへと昇格した[6]

2018年のシーズン、チームの先発QBとなった初戦の同地区 ロサンゼルス・チャージャーズ戦で38-28の勝利をあげた。パスで256ヤード4TD0INT、レーティング127.5の活躍で、AFCの週間最優秀オフェンス選手に選ばれた。第1Qにタイリーク・ヒルに投じた58ヤードパスがキャリア初TDとなった。

続くシーズン2試合目のピッツバーグ・スティーラーズ戦では326ヤード、6TD0INTを投じ、デビュー3試合目での最多TDパス、シーズン2試合目での最多TDパスのNFL記録を更新した。この活躍で1週目に続き、AFCの週間最優秀オフェンス選手に選ばれた。初戦から2週連続でのQBの受賞は2011年のトム・ブレイディ以来である。9月のAFC月間最優秀オフェンス選手に選ばれた。

マンデーナイトで開催された4週目のデンバー・ブロンコス戦では304ヤード1TDに加え、ラッシングでも1TDを記録し27-23で逆転勝利した。6週目のニューイングランド・ペイトリオッツ戦では352ヤード4TD2INTで43-40で敗れた。続く試合では358ヤード4TD1INTでシンシナティ・ベンガルズに45-10で勝利。さらにブロンコス戦では3試合連続で4TDとなる、303ヤード4TD1INTで30-23で勝利した。

11週目のマンデーナイトで開催されたロサンゼルス・ラムズ戦では478ヤード6TD3INTで51-54で敗れた。この478ヤードは2018年シーズンのリーグ最多記録である。

17週目のオークランド・レイダーズ戦で2013年のペイトン・マニング以来史上2人目となるパスでの年間5,000ヤード50TDを達成した(デマーカス・ロビンソンへの89ヤードTDパスで達成)。個別でも5,000ヤードはマホームズで7人目、50TDパスもペイトン・マニング、トム・ブレイディに次いで3人目となる。

この年はパス記録リーグ2位だった。リーグ最多のTD数はチーフスとしては1966年のレン・ドーソン以来の記録。チームは12勝4敗でシーズンを終え、3年連続の地区優勝となった。2019年1月12日、地区プレイオフでインディアナポリス・コルツを31-13を破る。これはチーフスとしては1993年以来のホームでのプレイオフでの勝利となった。プレイオフ初出場となったマホームズは278ヤードを投げ1INT、ラッシングで1TDを記録した。1993年以来となるアメリカン・カンファレンス(AFC)決勝はホームアローヘッド・スタジアムでの開催となった。マホームズは295ヤード3TDを投げたが延長の末、37-31でペイトリオッツに敗れた。

プロボウルにも選出された。オールプロのファーストチーム、AFC年間最優秀攻撃選手に選ばれ、チーフスとしては初となる最優秀選手に選ばれた。

2019年シーズン[編集]

Madden20 のカバープレイヤーとなった。



個人生活[編集]

マホームズの父親、パット・マホームズはMLBの投手だった。マホームズの名付け親は父パットとミネソタ・ツインズで同僚だったラトロイ・ホーキンス

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

年度 チーム

試合 パス ラン 記録
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD インター
セプト
レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD 先発出場
試合勝敗
2017 KC 15 1 1 22 35 62.9 284 8.1 0 1 76.4 7 10 1.4 0 1-0
2018 16 16 383 580 66.0 5,097 8.8 50 12 113.8 60 272 4.5 2 12-4
NFL:2年 17 17 405 615 65.9 5,381 8.7 50 13 111.7 67 282 4.2 2 13-5
  • 2018年度シーズン終了時
  • 太字は自身最高記録
  • シーズンMVP受賞年
  • はリーグ最高記録

プレーオフ[編集]

年度 チーム 試合 パス ラン 記録
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD インター
セプト
レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD 先発出場
試合勝敗
2018 KC 2 2 43 72 59.7 573 8.0 3 0 98.9 5 19 3.8 1 1-1
通算成績 2 2 43 72 59.7 573 8.0 3 0 98.9 5 19 3.8 1 1-1
  • 2018年度シーズン終了時

NFL 記録[編集]

  • 初出場からの10試合で3,000ヤード以上のパスを獲得(3,185)
  • 初出場からの3試合で最多のTDパス (10)
  • シーズン2試合目まででの最多のTDパス (10)
  • シーズン3試合目まででの最多のTDパス (13)
  • 初出場からの8試合で最多のTDパス (22)
  • シーズン10試合目まででの最多のTDパス(31)
  • 一試合で6TDを記録した最年少QB (22歳, 364ヤード)
  • 連続試合パス獲得300ヤード以上(8 タイ記録)
  • 通算最速4,000ヤード40TDを達成 (13 試合)
  • 年間50TDを記録した最年少QB
  • 年間5,000ヤードを記録した最年少QB

チーフス記録[編集]

  • 一試合最多TDパス: 6 (2018, タイ記録)
  • シーズン最多TDパス: 50 (2018)
  • シーズン最多TDパス獲得ヤード: 5,097 (2018)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ McGinn, Bob (2017年4月22日). “Ranking the NFL draft prospects: Quarterbacks”. PackersNews.com. 2018年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月16日閲覧。
  2. ^ NFL Events: Combine Player Profiles – Patrick Mahomes”. NFL.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ http://www.draftscout.com/ratings/dsprofile.php?pyid=130891&draftyear=2017&genpos=QB
  4. ^ チーフスQBマホームズが18億円超えの新人契約”. NFL JAPAN (2017年7月21日). 2018年8月26日閲覧。
  5. ^ チーフス、レギュラーシーズン最終戦にQBマホームズを先発起用”. NFL JAPAN (2017年12月28日). 2018年8月26日閲覧。
  6. ^ 衝撃のトレード、チーフスがQBスミスをレッドスキンズに放出”. NFL JAPAN (2018年1月31日). 2018年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]