ラッセル・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ラッセル・ウィルソン American football pictogram.svg
Russell Wilson
Russell Wilson vs Washington 2020 (cropped).jpg
シアトル・シーホークス #3
ポジション クォーターバック
生年月日 (1988-11-29) 1988年11月29日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州シンシナティ
身長 5' 11" =約180.3cm
体重 206 lb =約93.4kg
経歴
高校 カレッジエイト学校
バージニア州リッチモンド
大学 ウィスコンシン大学
NFLドラフト 2012年 / 3巡目全体75位
初出場年 2012年
初出場チーム シアトル・シーホークス
所属歴
2012- シアトル・シーホークス
受賞歴・記録
スーパーボウル制覇(1回)
第48回(2013)
プロボウル選出(8回)
2012・2013・2014・2015・2017・2018・2019・2020
オールプロ第1チーム選出(1回)
2019
その他受賞・記録
プロボウルオフェンスMVP:1回(2015年
NFL 最優秀レーティング:1回(2015年
NFL 最多パスタッチダウン:1回(2015年
ペプシNFL最優秀新人選手(2012年)
NFL 通算成績
(2020年終了時点)
TDINT 267–81
パス成功率 65.1%
パス獲得ヤード 33,946ヤード
パサーレイティング 101.7
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ラッセル・キャリントン・ウィルソンRussell Carrington Wilson , 1988年11月29日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック(QB)。現在NFLシアトル・シーホークスに所属している。

2019年のフォーブススポーツ選手長者番付ではアメリカンフットボール選手1位、全体で6位である。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

オハイオ州シンシナティで生まれた彼は、バージニア州リッチモンドで育った。3歳の時に野球を始め[1]、4歳の時に父親や兄とフットボールを始めた[2]

彼の先祖は、アメリカ連合国の奴隷であり、南北戦争で解放された[3]。またネイティブアメリカンの血も少し混ざっている[4]

ウィルソンの祖父は、バージニア州ノーウォーク州立大学の学長を勤めた。ケンタッキー州立大学時代にはアメリカンフットボールとバスケットボールをしていた[5]

彼の父親は、弁護士で、アイビーリーグダートマス大学でアメリカンフットボールと野球をしていた。1980年のプレシーズンには、サンディエゴ・チャージャーズで開幕ロースターを目指していた[6]。母親は看護婦で特にlegal nurse consultant (LNC)(弁護士の補助をして医療裁判に対応する仕事)の資格を持つ。教育熱心な両親のもとに育った[7]

リッチモンドでの私立進学高校在籍中には、2005年に3,287ヤードを投げて40TD、ランでも634ヤードを走り15TDをあげた。最終学年の2006年には、3,009ヤードを投げて34TD、7インターセプト、ランでも1,132ヤードを走り18TDをあげた[6]

2006年7月23日、ノースカロライナ州立大学への進学を決めた。なお、デューク大学からも奨学金のオファーを受けていた[8]

ノースカロライナ州立大学では、2007年シーズンをレッドシャツ(選手として登録しないこと)で過ごした後、1年次の2008年、4年生QBダニエル・エバンズ、3年生QBハリソン・ベックと先発QBの座を争った[9]。シーズン後半からは、先発QBに定着し、この年彼は先発した7試合で、最後の4試合を全勝し、4勝3敗の成績をあげた。東カロライナ大学戦では3TDをあげた[10]。その年ラトガーズ大学とのパパジョンズコムボウルでは、前半だけで186ヤードを投げて1TD、46ヤードを走った。しかし前半終了間際、敵陣4ヤードラインからスクランブルした際にタックルを受けてひざを負傷した。この試合中にフィールドに復帰することはできず、彼をリリーフしたQBが3インターセプトを喫し、チームは23-29で敗れた[11]。この年パス275回中150回成功、1,955ヤード、17TD、1INTの成績を残した。また116回のランで394ヤードを走り、4TDをあげた[12]。この年彼はアトランティック・コースト・カンファレンスのファーストチームに選ばれたが、1年生QBがファーストチームに選ばれたのは史上初であった[13]

2009年9月19日の試合で、これまでアンドレ・ウッドソンが持っていたNCAA記録を更新する325回連続でインターセプトなしの記録を作った[2]。この記録は10月3日のウェイク・フォレスト大学戦でのジョシュ・ブッシュにインターセプトされるまで379回まで伸びた[4][14]。この記録は2012年11月10日、ルイジアナ工科大学コルビー・キャメロンが更新するまで、NCAA記録であり続けた[15]

2010年は9勝4敗の成績で終えて、ウェストバージニア大学とのチャンプススポーツボウルでも23-7で勝利した[13]。彼はパスオフェンスで、カンファレンスのQBトップの1試合平均274.1ヤードを獲得、トータルフェンスでもカンファレンストップの307.5ヤードを獲得した[16]。2010年5月、コミュニケーションの学士号を取得し、3年でノースカロライナ州立大学を卒業した[17]

2011年1月、コロラド・ロッキーズのトレーニングキャンプに参加した。一方、NFLスカウトコンバインには招待されなかった[4]。同年4月29日、残り1年を残してウィルソンへのノースカロライナ州立大学からの奨学金を停止することが同大学ヘッドコーチトム・オブライエンより発表された[17]

ウィスコンシン大学時代のウィルソン

2011年6月27日、ウィスコンシン大学のヘッドコーチが、ウィルソンがその年ウィスコンシン大学でプレーすることを発表した[18]。シーズン開幕戦のUNLV戦では255ヤード、2TDをあげるとともに、46ヤードのTDランを含む62ヤードを走り、チームは51-17で勝利した[19]。この年彼はパス3,175ヤードを投げて33TD、4INTの成績をあげて[20]ビッグ・テン・カンファレンスのファーストチームに選ばれた[16]。またグリーシー・ブリーズ・ビッグテン最優秀QBに選ばれた[13]。12月3日のミシガン州立大学とのビッグ・テン・カンファレンス優勝戦では42-39で勝利、その試合のMVPに選ばれた[6]。同年12月、Yahoo!スポーツからオールアメリカンサードチームに選ばれた[6]。またハイズマン賞の投票では9位となる52ポイントを獲得した[21]。2012年1月2日のオレゴン大学とのローズボウルでは、パス25回中19回成功、296ヤード、2TD、ランでも18ヤードを走り、1TDをあげたが、チームは38-45で敗れた[22]

この年、ウィスコンシン大学のシーズン記録となる3,175ヤード、33TD(ビッグ・テン・カンファレンスでは1998年にパデュー大学ドリュー・ブリーズがあげた39TDに次ぐ歴代2位の記録)をあげた[23]。また、NCAAディビジョンIのシーズン記録となるQBレイティング191.8を記録している[24]

2012年1月28日のシニアボウルに出場した[24]

2012年[編集]

2012年1月16日、NFLスカウトコンバインに向けて、フロリダ州ブレイデントンにあるIMGアカデミーでトレーニングを始めた[25]。ドラフト前、彼はドラフト中位での指名が予想された[26]。2月に元NFLのQB、クリス・ウィンキは、ウィルソンについて、彼が6フィート5インチの身長があったなら、その年のドラフト候補でナンバー1のQBだと述べた。4月11日、ESPNマンデーナイトフットボールのアナリスト、ジョン・グルーデンもウィルソンは、背の低さがなければドラフト1、2巡で指名される選手だと語った。ほとんどの人が、彼の身長はNFLのQBには低すぎると思っており、活躍を予想していなかった。

NFLスカウトコンバイン時の面接について、ジョン・ドーシー(2013年よりカンザスシティ・チーフスGM)は、人間としての強さや、知性の高さ、メンタル面でのタフさ、他の選手を統率するカリスマ性などがダントツだったと語っている[27]

4月27日のドラフトでは、3巡75位でシアトル・シーホークスに指名された。シーホークスがドラフト指名したQBとしては、1999年に全体77位でブロック・ハードが指名されて以来の高順位での指名となった[28]

同年5月7日にシーホークスと4年299万6000ドルで契約を結んだ[29]。トレーニングキャンプでは先発待遇でグリーンベイ・パッカーズから移籍して来たマット・フリンタバリス・ジャクソンと先発を争った[30]

8月11日のテネシー・タイタンズとのプレシーズンゲームでデビューした。プレシーズンの2戦で活躍した彼は、8月24日のカンザスシティ・チーフスとのプレシーズンゲームで初先発した[31]。8月26日にウィルソンが先発QBとなることが発表された[32]

9月9日のアリゾナ・カージナルスとの開幕戦では、パス34回中18回成功、153ヤード、1TD、1INTでチームは16-20で敗れた[33]。3試合目のグリーンベイ・パッカーズ戦ではゴールデン・テイトへのヘイルメアリーパスがTDとなり、14-12で勝利した[34]。このプレーを巡っては、審判に対するNFLのロックアウトによる、代替審判による判定が問題となった[35]。第10週のニューヨーク・ジェッツ戦でパス19回中12回成功、188ヤード、2TD、ランでも7回34ヤードを走り、その週のNFL週間最優秀新人に選ばれた[36]。第13週のシカゴ・ベアーズ戦ではパス37回中23回成功、293ヤードを投げてNFC最優秀攻撃選手に選ばれた[37]。第16週のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦では4TDパスを決めて42-13で勝利した[38]。シーホークスが5勝をあげた12月には、QBレイティング115.2をマークして、NFL月間最優秀新人攻撃選手に選ばれた[39]

この年、シーズン前半はパス回数が少なかったが、後半にはパス回数が増加した[40]。NFL4位のQBレイティング100.0をマークして、それまでベン・ロスリスバーガーが持つ新人QB記録98.1を更新した[41]。またパスで3,118ヤードを投げ、ペイトン・マニングが持っていた新人QBのTDパス記録に並ぶ26TDをあげた[42][43]。またランでも489ヤードを走り、4TDをあげた[44]。彼のスクランブル能力はプロフットボール殿堂入りを果たしているフラン・ターケントンと比較された[45]

この年全試合で先発QBを務めた彼は、11勝5敗の成績でチームをワイルドカードでプレーオフに導いた[46]ワシントン・レッドスキンズとのワイルドカードプレーオフでは、187ヤードを投げて、ランでも67ヤードを走り、24-14で勝利した[47]アトランタ・ファルコンズとのディビジョナルプレーオフではパス36回中、24回成功、385ヤードで2TDパスを投げるとともに、60ヤードを走る活躍を見せたが、28-30で敗れた[30]プロボウルマット・ライアンの代役で出場し[42][48]、パス10回中8回成功、98ヤード、3TD、0INT、QBレイティング147.1の成績をあげた[49]

低年俸だが活躍した彼は、シーズン終了後NFLより、22万2000ドルのボーナスを受け取った。この金額は彼の基本給40万5000ドルの半額以上であった[50]

シーズン終了後、AP通信NFLルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では、ロバート・グリフィン3世アンドリュー・ラックに続く3位となった[51]が、ファン投票で選ばれるペプシNFLルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[52]

2012年9月、先発QBに指名された後、リーバイスの"Go Forth"のキャンペーンCMに起用され、9月18日からCMがオンエアされた[53]

2013年[編集]

カロライナ・パンサーズとの開幕戦では、パス成功率75.8%で320ヤードを投げて、第4Qにジャーメイン・カースへ43ヤードのTDパスを決めて12-7で勝利した[54]。第2週のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦では前年のスーパーボウルに出場したNFC西地区のライバルに29-3で勝利、第3週のジャクソンビル・ジャガーズ戦では自己最多タイの4TDパスを決めて45-17で勝利した[42]。第7週のアリゾナ・カージナルス戦では、ファンブルで2度ボールを失ったが、パス29回中18回成功、235ヤード、3TDの活躍で34-22と勝利した[55]。第8週のセントルイス・ラムズ戦では自己最多の7サックを浴びて、パス18回中10回成功、139ヤード、ラン3回で16ヤードに抑えられたが、14-9で勝利した[56]。第10週のアトランタ・ファルコンズ戦では2TD、QBレイティング134.6の活躍で勝利した[57]。 第13週、10勝1敗で迎えた9勝2敗のニューオーリンズ・セインツとのマンデーナイトフットボールでは、パス30回中22回成功、310ヤード、3TD、0INTでQBレイティング139.6を記録し、チームは34-7で圧勝、この週のNFC最優秀攻撃選手に選ばれた[58]。試合終了後、本拠地クエスト・フィールドのファンは、MVPコールでウィルソンを称えた[59]。この年、2度目のプロボウルに選出された[60]。レギュラーシーズンでは、チームを13勝3敗の成績でNFCの第一シードでプレーオフ出場に導いた。シーホークスは、ニューオリンズ・セインツを破った後、サンフランシスコ・フォーティーナイナーズを破り、NFCチャンピオンとなり、ウィルソンはチームを第48回スーパーボウルへと導いた。レギュラーシーズンでは26タッチダウンパス、9被インターセプトでQBレイティング101.2で、NFL史上初めて、最初の2シーズンのQBレイティングが100以上というQBになった。2014年2月2日の第48回スーパーボウルで43-8でデンバー・ブロンコスに勝利した。

2014年[編集]

2014年10月6日、ワシントン・レッドスキンズとのゲームで、マンデーナイトフットボールの新記録となる122ヤードのQBランを記録した。シーホークスは第16週でプレーオフ出場を決定した。12月21日、ウィルソンはアリゾナ・カーディナルスとの試合で、パスを20/31成功させ、レギュラーシーズンの自己記録となる339ヤード獲得、2TDパス、1TDランを記録した。596ヤードのオフェンス獲得ヤードもシーホークスの本拠地での新記録である。第17週でセントルイス・ラムズを破り、NFCのプレーオフ第一シードを獲得し、本拠地でのNFCチャンピオンシップゲームまでプレーオフを戦える権利を得た。ディヴィジョナル・ラウンドではカロライナ・パンサーズを破り、2005年のニューイングランド・ペイトリオッツ以来となる前年スーパーボウルチャンピオンのプレーオフ勝利を収めた。NFCチャンピオンシップゲームではグリーンベイ・パッカーズを本拠地に迎えた。ウィルソンは前半は3つのインターセプトを喫し、2つしかパス成功がなく、0-16で折り返した。パッカーズが19-7で第4Qリードで残り時間5分となってから、ウィルソンは4つ目のインターセプトを喫した。そこからチームはウィルソンに率いられて28-22のスコアで奇跡的な延長逆転勝ちを収めた。延長でキックオフ・レシーブ権を得たシーホークスは80ヤードの攻撃を最後にウィルソンの35ヤードタッチダウンパスで締めくくった。

2015年[編集]

レギュラーシーズン第12週のNFC Players of the Weekに選ばれた。ルーキーの年から4年連続で選出されたのは、ペイトン・マニングに次いで二人目である[61]。第14週終了時点で、ウィルソンはNFL史上初めて4試合連続でpasser ratingが138以上となった。NFL史上初めて4試合連続で3つ以上のTDパス、70%以上のパス成功率、0INTを記録した。4試合連続3つ以上のTDパスで0INTは、NFL史上では、トム・ブレーディーペイトン・マニングアーロン・ロジャースと並ぶ最長記録である[62]。第15週でも3TDパス、INTがゼロで、NFL史上初めて5試合連続3つ以上のTDパス成功かつインターセプションなしという記録を作った。レギュラーシーズンでシーホークスのチーム記録を塗り替える34TDパスを成功させ、チーム史上初めて、シーズン4,000ヤードのパス獲得となる4,024ヤードを記録した[63]。QBパサーレイティングでもリーグ一位[64]となり、NFL史上初めて、一シーズンにおいて、パス獲得4,000ヤード以上かつ30TDパス以上かつラン獲得500ヤード以上のQBとなった。プロボウルに3度めの選出をされた。

プロボウルでは、チーム・アービンに所属し、パス164ヤード、3TDをあげて、オフェンスのMVPに選ばれた[65]

野球歴[編集]

ラッセル・ウィルソン
Russell Wilson
ニューヨーク・ヤンキース(マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州リッチモンド (バージニア州)
生年月日 (1988-11-29) 1988年11月29日(33歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
192 lb =約87.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 2010年 ドラフト4巡目(全体140位)でコロラド・ロッキーズから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高校を卒業後、2007年MLBドラフトで、ボルチモア・オリオールズから41巡目(全体1,222位)で指名されたがノースカロライナ州立大学へ進学した[66]

NCAAディヴィジョン1の名門ノースカロライナ州立大学では、野球も2008年から2010年までプレーした。2013年6月7日のシアトル・マリナーズニューヨーク・ヤンキース戦でサイヤング賞投手のフェリックス・ヘルナンデスを捕手に仕立て、始球式に登場したが、その際のインタビューで大学時代、カイル・シーガーダスティン・アックリージャスティン・スモークとよく対戦したとコメントした[66]

2009年の夏には、コースタル・プレーン・リーグ英語版ガストニア・グリグリーズ英語版でプレーした[67]

2010年6月8日のMLBドラフトで、4巡目(全体140位)でコロラド・ロッキーズから指名され入団[66]。A級ノースウェストリーグトライシティ・ダストデビルズ英語版で32試合に二塁手として出場し打率.230、2本塁打、11打点の成績を残した[68]

2011年には、A級サウス・アトランティックリーグアッシュビル・ツーリスツで61試合に出場し、打率.228、3本塁打、15打点をあげた[2]

2012年NFL入りを目指すことをロッキーズに告げて、スプリングトレーニングキャンプには出場しなかった[24]

2013年12月12日に行われたルール・ファイブ・ドラフトテキサス・レンジャーズが指名した[69]。2012年以降、ウィルソンはマイナーリーグでプレーしていないが、MLBでの保有権はロッキーズが持っていたことが、マイナーで埋もれている有望株を他球団が獲得できる今回のドラフトでの指名につながった。この指名に対して、ウィルソンの代理人は、ボー・ジャクソンのようにNFLとMLBの二足の草鞋を履くことは考えられないと語った[70]

2014年、レンジャーズのスプリングトレーニングに3月3日から参加。スプリングトレーニング・ロースター入りし、背番号は3[71]。2月5日、シアトルの始球式に登場した[72]

2018年2月7日に、条件等は先送りでトレードによりニューヨーク・ヤンキースに移籍した。同年のスプリングトレーニングにはアドバイザーとして招待されている[73]

人物[編集]

彼の父親は、2010年6月9日に糖尿病からの合併症で亡くなった[28]

2匹のグレート・デーンを飼っている。兄と妹がいる。妹のAnna Wilsonは全米で注目されているバスケットボール選手。2016年秋からスタンフォード大学でプレーしている[74]。2016年歌手のシアラと結婚した。

背が低いことから、最初はあまり活躍を期待されていなかった。ノースカロライナ大学では、チーム練習が始まった時は5番目のQBであったが、シーズンが始まる前には先発QBになった[75]。NFLドラフトでは6番目に指名されたQBであった。ほとんどの人はマット・フリンが先発QBになるものと予想していたが、ウィルソンは先発QBの座を勝ち取った。NFLの先発QBの中で最も背が低い(6フィート身長がないQBはNFLでは極めて稀れ)が、スピードと判断力の良さで補っている。新人の2012年はボールを長く持ちすぎてQBサックされるケースもあったが、非常に良い成績を残した[51]

ウィルソンはクリスチャンで信心深い[76]。背番号の3はキリスト教のトリニティ三位一体に因んでいる。

ウィルソンはチャリティーやボランティア活動にも熱心で、シーホークスに加入以来、ほぼ毎週火曜日には地元の子ども病院Seattle Children'sを訪れて子どもたちを励ましている。[77]。またドメスティック・バイオレンス問題に関する"Why Not You Foundation" 財団を設立し、"pass the peace"という寄付活動をしている。

ヒップホップ歌手、エミネムの『ザ・モンスター』という曲にはウィルソンの状況をグリム童話の藁を金に変える小人の物語になぞらえて取り込まれている[78]

2019年6月、アメリカの経済誌フォーブスは2019年版の世界のアスリートの年収を公表した[79]。ウィルソンの年収は8950万ドルであり、世界のスポーツ選手で6位にランクインした。

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

年度 チーム

試合 パス ラン 記録
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD Int レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD 先発出場
試合勝敗
2012 SEA 3 16 16 252 393 64.1 3,118 7.9 26 10 100.0 94 489 5.2 4 11-5
2013 16 16 257 407 63.1 3,357 8.2 26 9 101.2 96 539 5.6 1 13-3
2014 16 16 285 452 63.1 3,475 7.7 20 7 95.0 118 849 7.2 6 12-4
2015 16 16 329 483 68.1 4,024 8.3 34 8 110.1 103 553 5.4 1 10-6
2016 16 16 353 546 64.1 4,219 7.7 21 11 92.6 72 259 3.6 1 10-5-1
2017 16 16 339 553 61.3 3,983 7.2 34 11 95.4 95 586 6.2 3 9-7
2018 16 16 280 427 65.6 3,448 8.1 35 7 110.9 67 376 5.6 0 10-6
2019 16 16 341 516 66.1 4,110 8.0 31 5 106.3 75 342 4.7 3 11-5
2020 16 16 384 558 68.8 4,212 7.5 40 13 105.1 83 513 6.2 2 12−4
NFL:9年 144 144 2,820 4,335 65.1 33,946 7.8 267 81 101.7 803 4,506 5.6 21 98−45−1
  • 2020年度シーズン終了時
  • 太字は自身最高記録
  • は各年度のリーグ最高記録

ポストシーズン[編集]

年度 チーム 試合 パス ラン 記録
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD Int レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD 先発出場
試合勝敗
2012 SEA 2 2 39 62 62.9 572 9.2 3 1 102.4 15 127 8.5 1 1-1
2013 3 3 43 68 63.2 524 7.7 3 0 101.6 11 42 3.8 0 3-0
2014 3 3 41 72 56.9 724 10.1 6 5 90.3 17 86 5.1 1 2-1
2015 2 2 44 74 59.5 506 6.8 4 3 72.2 8 53 6.6 0 1-1
2016 2 2 40 60 66.7 449 7.5 4 2 97.2 9 46 5.1 0 1-1
2018 1 1 18 27 66.7 233 8.6 1 0 105.9 3 14 4.7 1 0-1
2019 2 2 39 61 63.9 602 9.9 2 0 107.4 16 109 6.8 0 1-1
2020 1 1 11 27 40.7 174 6.4 2 1 72.1 4 50 12.5 0 0−1
16 16 275 451 61.0 3,786 8.4 25 12 95.3 83 527 6.3 3 9−7

記録[編集]

[編集]

  • プロボウル:8回(2012・2013・2014・2015・2017・2018・2019・2020)
  • オールプロ 第2チーム(2019)
  • NFL月間最優秀攻撃選手(2020年9月)
  • NFL月間最優秀攻撃新人選手(2012年9月)
  • NFL週間最優秀攻撃選手:11回
  • ペプシNFL週間最優秀新人選手(2012年10週目)
  • 年間最優秀選手攻撃選手候補(2016)
  • PFWAグッドガイ賞(2014)
  • フェデックスエア週間最優秀選手:7回
  • スティーブ・ラージェント賞:3回(2012・2018・2019)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jim Caple (2013年8月14日). “From the diamond to the gridiron”. ESPN. 2013年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c Biogaraphy”. jockbio.com. 2013年12月11日閲覧。
  3. ^ Mia Jackson (2013年1月29日). “Books first. Ball second. Russell Wilson’s Story”. sidelinepass.com. 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ a b c Sean Jensen (2013年10月20日). “Russell Wilson: the Seattle Seahawks’ very own little giant”. isportsweb.com. 2013年12月11日閲覧。
  5. ^ Perry Green (2013年12月3日). “Russell Wilson, MVP Contender, Leads Seahawks to 11-1 Record”. afro.com. 2013年12月11日閲覧。
  6. ^ a b c d Profile”. uwbadgers.com. 2013年12月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  7. ^ The faith and football of Russell WilsonN”. MyNorthwest.com. 2014年1月22日閲覧。
  8. ^ RUSSELL WILSON”. Rivals.com. 2013年12月11日閲覧。
  9. ^ Heather Dinich (2008年7月18日). “NC State position battles”. ESPN. 2013年12月11日閲覧。
  10. ^ Bio”. gopack.com. 2011年11月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  11. ^ Heather Dinich (2008年12月29日). “NC State can't escape injuries, or Rutgers ”. ESPN. 2013年12月11日閲覧。
  12. ^ John Antonik (2010年12月5日). “WVU to Champs Sports Bowl”. ウェストバージニア大学. 2013年12月11日閲覧。
  13. ^ a b c Chris Shigas (2012年4月26日). “Former NC State and Wisconsin Star Quarterback Russell Wilson Engages French/West/Vaughan”. fwv-us.com. 2013年12月11日閲覧。
  14. ^ Ken Tysiac (2009年10月4日). “Deacons hold on Mistakes prove costly for N.C. State as Russell Wilson's interception-free streak ends.”. newsobserver.com. 2014年1月6日閲覧。
  15. ^ Paul Myerberg (2012年11月10日). “Louisiana Tech QB Colby Cameron sets NCAA record”. USAトゥデイ. 2013年12月11日閲覧。
  16. ^ a b KaptainKirk (2012年4月17日). “Broncos Draft Prospects - QB Russell Wilson”. milehighreport.com. 2013年12月11日閲覧。
  17. ^ a b QB Wilson's career at NC State is over”. wralsportsfan.com (2011年6月27日). 2013年12月11日閲覧。
  18. ^ Wilson commits to Wisconsin”. uwbadgers.com (2011年6月27日). 2013年12月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  19. ^ Colin Fry (2011年9月2日). “Russell Wilson Leads Wisconsin Over UNLV 51-17 In Season Opener”. ハフィントン・ポスト. 2013年12月11日閲覧。
  20. ^ Scott Coleman (2012年4月27日). “NFL Draft Results 2012: Seahawks Select Russell Wilson With 75th Pick of 3rd Round”. seattle.sbnation.com. 2013年12月11日閲覧。
  21. ^ Adam Jacobi (2011年12月10日). “2011 Heisman Trophy voting numbers breakdown”. CBSスポーツ. 2013年12月11日閲覧。
  22. ^ Rose Bowl: Wisconsin Badgers, Russell Wilson Run Out Of Time On Last Play In Loss To Oregon”. ハフィントン・ポスト (2012年1月3日). 2013年12月11日閲覧。
  23. ^ RussellManiaXVI Notes of the Week”. uwbadgers.com (2011年11月21日). 2013年12月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  24. ^ a b c Pete Thamel (2012年1月11日). “Wisconsin Quarterback Opts for Football Career”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年12月11日閲覧。
  25. ^ Pat Yasinskas (2012年2月16日). “Russell Wilson ready for big combine”. ESPN. 2013年12月11日閲覧。
  26. ^ UW football: Outlook good for these ex-Badgers in NFL draft”. host.madison.com (2012年4月25日). 2013年12月11日閲覧。
  27. ^ QBドラフトに悩むチーフスGM、去年のウィルソンは別格”. アメフトNewsJapan (2013年2月17日). 2013年12月11日閲覧。
  28. ^ a b The faith and football of Russell Wilson”. MYNorthwest.com (2012年8月24日). 2013年12月11日閲覧。
  29. ^ Mike Florio (2013年1月20日). “Report: Russell Wilson rep asked for new contract”. NBCスポーツ. 2013年12月11日閲覧。
  30. ^ a b Curtis Crabtree (2013年1月14日). “Russell Wilson sets record for postseason passing yards by a rookie”. NBCスポーツ. 2013年12月11日閲覧。
  31. ^ シーホークス次戦先発QBはラッセル・ウィルソン”. アメフトNewsJapan (2012年8月21日). 2013年12月11日閲覧。
  32. ^ シーホークス、シーズン開幕戦は新人QBウィルソンが先発”. 2012-08-27. 2013年12月10日閲覧。
  33. ^ Nick Eaton (2012年9月9日). “Russell Wilson, Seahawks can’t quite get it done in season opener at Arizona”. seattlepi.com. 2013年12月11日閲覧。
  34. ^ 疑惑の判定にパッカーズHC、「フットボール人生で初めて」”. NFL JAPAN (2012年9月25日). 2013年12月11日閲覧。
  35. ^ 【第4週プレビュー】シーホークス、騒動乗り越え3連勝狙う”. NFL JAPAN (2012年9月28日). 2013年12月11日閲覧。
  36. ^ Nick Eaton (2012年11月16日). “Seahawks QB Russell Wilson is the NFL’s rookie of the week”. seattlepi.com. 2013年12月11日閲覧。
  37. ^ 新人QBウィルソンが初の週間MVP -攻撃部門-”. NFL JAPAN (2012年12月6日). 2013年12月11日閲覧。
  38. ^ プレーオフ出場の3チームが決定、レイヴンズが地区優勝”. AFP (2012年12月24日). 2013年12月11日閲覧。
  39. ^ QBウィルソンとLBクエクリー、月間最優秀新人に選出”. NFL JAPAN (2013年1月5日). 2013年12月11日閲覧。
  40. ^ 暇があったら映像を確認するラッセル・ウィルソン”. アメフトNewsJapan (2012年12月7日). 2013年12月11日閲覧。
  41. ^ Neal Coolong (2013年12月3日). “Seahawks QB Russell Wilson ties Ben Roethlisberger's wins record”. behindthesteelcurtain.com. 2013年12月11日閲覧。
  42. ^ a b c 若きQB、縦横無尽=小柄なR・ウィルソン躍動-NFLシーホークス”. 時事通信 (2013年9月25日). 2013年12月11日閲覧。
  43. ^ Russell Wilson ties Peyton's mark”. ESPN (2012年12月30日). 2013年12月11日閲覧。
  44. ^ Sean Quinton (2013年6月13日). “Seahawks QB Russell Wilson passes on the run game”. seattlepi.com. 2013年12月11日閲覧。
  45. ^ Danny Kelly (2013年2月16日). “Fran Tarkenton, the original scrambling quarterback”. fieldgulls.com. 2013年12月11日閲覧。
  46. ^ チーム紹介 シアトル・シーホークス”. NFL JAPAN (2013年). 2013年12月11日閲覧。
  47. ^ シーホークス 敵地で快勝!新人QBウィルソン 唯一の“8強””. スポーツニッポン (2013年1月8日). 2013年12月11日閲覧。
  48. ^ Mike Sando (2013年1月21日). “Washington, Wilson worthy of Pro Bowl”. ESPN. 2013年12月11日閲覧。
  49. ^ Russell Wilson Throws 3 TDs In NFC Pro Bowl Win”. sportspressnw.com (2013年1月27日). 2013年12月11日閲覧。
  50. ^ Danny O'Neal (2013年3月12日). “Russell Wilson gets a big ol’ bonus”. シアトル・タイムズ. 2013年12月11日閲覧。
  51. ^ a b 25歳以下のQBトップ10、第5位ラッセル・ウィルソン”. NFL JAPAN (2013年5月28日). 2013年12月11日閲覧。
  52. ^ Khaled Elsayed (2013年1月3日). “2012 PFF Rookies of the Year”. プロフットボール・フォーカス. 2013年12月11日閲覧。
  53. ^ Josh Kerns (2012年9月19日). “Seahawks QB Russell Wilson stars in new Levi's ad”. MYNorthwest.com. 2013年12月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  54. ^ シーホークス苦しむも勝利 ウィルソン 320y 1TDパス”. TSPスポーツ (2013年9月8日). 2013年12月11日閲覧。
  55. ^ ウィルソン3TDパス、シーホークス快勝で6勝目”. NFL JAPAN (2013年10月18日). 2013年12月11日閲覧。
  56. ^ シーホークス堅守で競り勝ち、ラムズを振り切る”. NFL JAPAN (2013年10月29日). 2013年12月11日閲覧。
  57. ^ 【第11週プレビュー】復調シーホークス、無敵のホームで首位固め”. NFL JAPAN (2013年11月17日). 2013年12月11日閲覧。
  58. ^ WRデッカーとQBウィルソンが週間MVP -攻撃部門-”. NFL JAPAN (2013年12月5日). 2013年12月11日閲覧。
  59. ^ シーホークスけん引のQBウィルソンにMVPコール!!”. NFL JAPAN (2013年12月3日). 2013年12月11日閲覧。
  60. ^ プロボウル選出メンバー発表 -オフェンス-”. NFL JAPAN (2013年12月28日). 2013年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月30日閲覧。
  61. ^ https://nflcommunications.com/Pages/NFC-Players-of-the-Week---Week-12.aspx
  62. ^ http://www.seahawks.com/news/2015/12/13/seattle-seahawks-quarterback-russell-wilson-continues-historic-run-thanks-lights-out
  63. ^ http://www.seahawks.com/news/2016/01/03/quarterback-russell-wilson-becomes-first-4000-yard-passer-seattle-seahawks-franchise
  64. ^ http://espn.go.com/nfl/statistics/player/_/stat/passing/sort/quarterbackRating/seasontype/2
  65. ^ チーム・アービンが7TDでプロボウル快勝、MVPはQBウィルソン”. NFL JAPAN (2016年2月1日). 2016年2月12日閲覧。
  66. ^ a b c ラッセル・ウィルソンがマリナーズの始球式に登場”. アメフトNewsJapan (2013年6月8日). 2013年12月11日閲覧。
  67. ^ Tim Hall (2009年6月3日). “Wilson's good start with Gastonia Grizzlies”. wralsportsfan.com. 2013年12月11日閲覧。
  68. ^ Larry Stone (2012年9月6日). “Seahawks' Russell Wilson's foray into baseball was short-lived”. シアトル・タイムズ. 2013年12月11日閲覧。
  69. ^ Chris Littmann (2013年12月12日). “Rule 5 draft: Rangers select Seahawks QB Russell Wilson”. スポーティングニュース. 2013年12月12日閲覧。
  70. ^ QBウィルソン、MLBレンジャーズからドラフト指名!”. NFL JAPAN (2013年12月13日). 2013年12月13日閲覧。
  71. ^ Chad Thornburg (2014年2月26日). “QB Wilson going to Rangers Spring Training”. MLB.com. 2018年2月8日閲覧。
  72. ^ レンジャーズが指名のNFL選手が始球式で「剛速球」!
  73. ^ Jerry Crasnick (2018年2月7日). “Yankees acquire Russell Wilson in trade with Rangers”. ESPN. 2018年2月8日閲覧。
  74. ^ http://www.gostanford.com/ViewArticle.dbml?DB_OEM_ID=30600&ATCLID=210487606
  75. ^ Russell Wilson defied all odds to become the talk of the NFL”. 2014年2月3日閲覧。
  76. ^ Russell Wilson: Jesus came to me in a dream”. 2014年2月3日閲覧。
  77. ^ Russell Wilson is a standout on the field and in the community.”. 2015年1月23日閲覧。
  78. ^ 3年目を迎えるウィルソン、「いつか最高のQBになれたら」”. NFL JAPAN (2014年4月4日). 2014年4月5日閲覧。
  79. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes 2019年6月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]