ジョージ・ショー (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg ジョージ・ショー American football pictogram.svg
George Shaw
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1933-07-25) 1933年7月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド
没年月日 (1998-01-03) 1998年1月3日(64歳没)
身長 6' 1" =約185.4cm
体重 183 lb =約83kg
経歴
大学 ミシシッピ大学
NFLドラフト 1955年 / 1巡目全体1位
初出場年 1955年
初出場チーム インディアナポリス・コルツ|ボルチモア・コルツ
所属歴

受賞歴・記録
NFL 通算成績
パス試投 802回
パス成功 405回
タッチダウンパス 41回
インターセプト 63回
QBレイティング 58.8
Player stats at PFR

ジョージ・ショー(George Shaw 1933年7月25日-1998年1月3日)はオレゴン州ポートランド出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック。

経歴[編集]

高校時代からQBとしてプレーし、州のチャンピオンに2度なった。オレゴン大学では、QB以外にセイフティ、ハーフバック、フランカー、キッカー、パンター、リターナーなども務め[1]、1951年にはオレゴン州記録となる13インターセプトをあげた。オールアメリカンのファーストチームにアメリカンフットボールと野球中堅手で選ばれた[2]

1955年のNFLドラフト全体1位でボルチモア・コルツから全体1位で指名されて契約金17,500ドルを提示されると、ニューヨーク・ヤンキースからの10,000ドルのオファーを断り入団した[1]。彼はすぐに先発QBとなったが、1956年シーズン初めにひざを骨折し、ウィーブ・ユーバンクヘッドコーチは、控えQBのジョニー・ユナイタスを先発QBに起用、怪我から回復してもエースQBの座を取り戻すことはできなかった[1]。その後2シーズンをユナイタスの控えとしてコルツで過ごした。

ショーは、ユーバンクヘッドコーチに対してトレード要求を行い、チャーリー・コナリーがエースQBのニューヨーク・ジャイアンツか、Y・A・ティトルがエースQBのサンフランシスコ・フォーティナイナーズのいずれかへのトレードを強く願った[3]

1959年7月30日、翌年のドラフト2巡指名権と引換えにニューヨーク・ジャイアンツにトレードされ[4]、2シーズンプレーした。

1961年のエクスパンションドラフトミネソタ・バイキングスに移籍、開幕戦の先発QBを任された。だが、その試合の前半でフラン・ターケントンと交代させられ控えQBに降格した。1962年はAFLデンバー・ブロンコスでプレー、シーズン終了後現役を引退した[5]

8シーズンのプロ生活で802回のパスで405回成功、5,829ヤード、41タッチダウン、63インターセプトの成績を残した[1]

1992年にオレゴン大学の殿堂入りを果たした[2]

1998年、多発性骨髄腫骨髄ガンのため64歳で亡くなった[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Frank Litsky (1998年1月12日). “George Shaw, 64, Backup To Great N.F.L. Quarterbacks”. ニューヨーク・タイムズ. 2012年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c George Howard Shaw”. Find A Grave Memorial. 2012年12月13日閲覧。
  3. ^ The Angry Young Quarterback”. スポーツ・イラストレイテッド (1960年10月17日). 2012年12月13日閲覧。
  4. ^ Keith Yowell (2011年7月30日). “1959: Colts Trade George Shaw to Giants”. fs64sports.blogspot.jp. 2012年12月13日閲覧。
  5. ^ Gary Larson (2011年10月21日). “Grumpy Old Man: From George Shaw to Christian Ponder”. Mille Lacs County Times. 2012年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]