パサーレイティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パサーレイティングは、アメリカンフットボールにおけるパサーの能力を測るための指標である。NFLNCAAでは計算式が異なり、NFLで使用されるものはQBレイティング(: QB rating)と呼ばれ、NCAAで使用されるものは、パッシング・エフィシェンシー(: passing efficiency)と呼ばれる。必ずしもクォーターバックのみがレイティングの対象となるわけではなく、ランニングバックなどのクォーターバック以外のポジションの選手がパスを投げた場合も記録される。

NFL[編集]

NFLにおけるパサーレイティングの計算式を示す。

ここで、

ATT = パス試投回数
COMP = パス成功回数
YDS = パス獲得ヤード数
TD = タッチダウンパス数
INT = 被インターセプト数

また、a、b、c、dの値は、0以下なら0、2.375以上なら2.375とする。

上で計算したaからdまでの値を基に、

この計算式で求められたパサーレイティングの上限は158.3であり、下限は0である。

NCAA[編集]

NCAAにおけるパサーレイティングの計算式を示す。

ここで、

ATT = パス試投回数
COMP = パス成功回数
YDS = パス獲得ヤード
TD = タッチダウンパス数
INT = インターセプト数

この計算式で求められたパサーレイティングの上限は1261.6であり、下限は-731.6である。