ラリー・フィッツジェラルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラリー・フィッツジェラルド

Larry Fitzgerald
アリゾナ・カージナルス No. 11

Larry Fitzgerald 060621-F-0782R-007 0T3TE crop.jpg
2006年6月のフィッツジェラルド
ワイドレシーバー
生年月日:1983年8月31日(30歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:220 lb =約99.8kg
NFLデビュー
2004年アリゾナ・カージナルス
経歴
大学ピッツバーグ大学
NFLドラフト2004年 / 1巡目(全体の3番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
レシーブ     764回
獲得ヤード     10,413ヤード
TDレシーブ     77回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ラリー・フィッツジェラルド(Larry Fitzgerald, Jr. 1983年8月31日- )はミネソタ州ミネアポリス出身のアメリカンフットボール選手。フルネームはラリー・ダネル・フィッツジェラルド(Larry Darnell Fitzgerald, Jr.)。現在NFLのアリゾナ・カージナルスに所属している。ポジションはワイドレシーバー。背番号は11。

少年期[編集]

彼は13歳から17歳までの間、父親が当時ミネソタ・バイキングスのヘッドコーチであるデニス・グリーンと親しかったためボールボーイを行った[1]

高校1年の時彼はミネハラ・アカデミーでディフェンスバックとしてプレイした。その年彼の所属するチームはミネソタ州のハイスクール史上に残る大敗を喫した。彼は転校し高校2年からはホーリーエンジェル・アカデミーに転校し、その後ウィスコンシン大学で活躍したジョン・ストッコとチームメートになった。2001年半ばにはペンシルベニア州ウェインにあるバレー・フォージ・ミリタリーアカデミーに移り、大学進学の準備を行った。高校卒業後1年半が経過した2002年5月、彼はミネソタ州セント・ピーターにあるグスタフ・アドルフ大学に入学した。

大学時代[編集]

その後、彼はピッツバーグ大学に移った。彼はカレッジフットボール史上に残る活躍を見せて広く知られるようになった。2003年にウォルター・キャンプ賞(カレッジフットボールでその年最優秀選手に贈られる賞)、フレッド・ビレトニコフ賞(その年最優秀WRに贈られる賞)、オールアメリカンにも選ばれ、ハイズマン賞にもノミネートされたがジェイソン・ホワイトが受賞、彼はわずかの差で次点となった。

彼はわずか26試合の出場で161キャッチ[2]、2677ヤード[3](平均16.6ヤード)を稼ぎ34タッチダウン(大学歴代記録)をあげた。大学史上初の2年連続1000ヤード以上のレシーブ記録を樹立、100ヤード以上稼いだゲーム14試合の大学記録、NCAA記録となる18試合連続タッチダウンレシーブを達成した。

プロ入り後[編集]

2009年のプロボウルでTDレシーブを決めるフィッツジェラルド(背番号11)

92キャッチ、1672ヤード獲得、22タッチダウンの記録を残し、彼は2004年のNFLドラフト1巡目全体3番でアリゾナ・カージナルスに指名されて入団した。当時のヘッドコーチは奇しくも彼がバイキングスでボールボーイをしていた時のヘッドコーチ、デニス・グリーンであった。

入団後すぐに彼は頭角を現し、カート・ワーナーのパスターゲットとなった。2004年のルーキーシーズン、58キャッチ、780ヤード、8タッチダウン、2005年には103キャッチ、1409ヤード、10タッチダウンの記録を残しプロボウルにも選出された。彼はチームメートのアンクワン・ボールディンと共に最も危険なWRコンビの一つとして知られるようになった。2005年シーズン彼ら2人はNFL同一チームから1シーズンに100キャッチ以上した史上3組目のペアとなった[4]。彼ら2人は互い1400ヤード以上を獲得、これもNFL史上3組目の記録であった[5]

2006年、負傷のため数試合を欠場したが、69キャッチ、946ヤード、6タッチダウンの成績を残し、2007年には100キャッチ、1409ヤード、10タッチダウンの成績で2度目のプロボウルに選ばれた。2007年シーズン終了後、彼はチームと4年間4000万ドル、3000万ドルの保障で契約を結んだ[6]

2008年、96回のキャッチで1431ヤードを獲得、12タッチダウンをあげた[7]。カージナルスが9勝7敗でNFC西地区優勝を果たし、初出場となったプレーオフでも彼は活躍を見せて、フィラデルフィア・イーグルスとのNFCチャンピオンシップゲームではNFLプレーオフタイ記録となる3タッチダウンレシーブを記録した。3回のタッチダウンレシーブをチャンピオンシップゲームで前半だけでマークしたのは彼が初であった[8]。彼はまたジェリー・ライスが持つポストシーズン1シーズンでのレシーブ記録を抜きチャンピオンシップゲームまでで419ヤードを獲得し第43回スーパーボウルを迎えることとなった[9][10]

ピッツバーグ・スティーラーズと対決した第43回スーパーボウルでも、フィッツジェラルドはアイク・テイラーらによるダブルカバーにより厳しいマークにあい第3Qまではわずか1回のレシーブで12ヤードの獲得にとどまったが、第4Qに2つのTDレシーブを決めた。1つ目は残り7分41秒のもので、2つ目のTDは残り2分47秒に64ヤードの独走であげ、カージナルスはスティーラーズを逆転したが[11]残り2分37秒を残して攻撃権を得たスティーラーズに残り35秒、ベン・ロスリスバーガーからサントニオ・ホームズへのタッチダウンパスを決められ逆転負けを喫した[12][13]

同年のプロボウルでは、2TDの活躍でMVPを獲得した[14]

2009年のプレーオフ、ニューオーリンズ・セインツ戦ではダブルチームで抑えられた[15]。プロボウルに選ばれたが怪我のため欠場、代わりにニューヨーク・ジャイアンツスティーブ・スミスが選出された[16]

2010年、12月25日のダラス・カウボーイズ戦でNFL歴代4位となる97試合連続キャッチを達成した[17]。この年先発QBが安定しなかったことや、アンクワン・ボールディンボルチモア・レイブンズに移籍してマークが厳しくなった[18]ものの90回のキャッチで1,137ヤードを獲得した[19]

2011年1月24日、グリーンベイ・パッカーズ第45回スーパーボウル出場を決めたため、グレッグ・ジェニングスの代わりにプロボウルに選出された[20]

2012年、第3週のフィラデルフィア・イーグルス戦で、9回のキャッチで114ヤードを獲得、1TDをあげてNFC週間MVP攻撃部門に選ばれた。またこの試合で通算700レシーブを記録したが、これはそれまでジェイソン・ウィッテンが持っていた最年少での記録達成(30歳133日)を上回る29歳23日での記録達成であった[21]

人物[編集]

サイズに恵まれており、空中での高いレシーブ能力を持っている[22]

ケン・ウィゼンハントによれば、リーダーとしての振る舞いを見せている。またパスがあまり来ない試合でもQBに不満を訴えるような選手ではないとカート・ワーナーに評された[23]

家族[編集]

父親はミネソタ州でスポーツライターを行っており、1981年以来毎年、スーパーボウルのスポークスマンレコーダーを行っている[24]。母親は乳癌との闘病中、2003年に脳内出血で亡くなった。弟が1人いる。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 生島淳. “大爆発のWRはバイキングス育ち? WRフィッツジェラルド”. NFL JAPAN. 2011年8月9日閲覧。
  2. ^ ラテフ・グリムの178回、アントニオ・ブライアントの173回に次ぐピッツバーグ大学歴代3位の記録
  3. ^ ブライアントの3061ヤード、ディートリヒ・ジェルズの3003ヤード、グリムの2680ヤードに次ぐ歴代4位
  4. ^ (これまでの2組は1995年のデトロイト・ライオンズハーマン・ムーアブレット・ペリーマン、2000年のデンバー・ブロンコスロッド・スミスエド・マカフリー
  5. ^ 1995年、デトロイト・ライオンズのムーアとペリーマン、2000年、セントルイス・ラムズトリー・ホルトアイザック・ブルース
  6. ^ カーディナルス、フィッツジェラルドと開幕前に契約延長へ”. NFL JAPAN (2011年8月2日). 2011年8月9日閲覧。
  7. ^ フィッツジェラルドはリーグ最高のWRなのか?”. NFL JAPAN (2009年1月25日). 2011年8月9日閲覧。
  8. ^ Arizona Cardinals Defeat Donovan McNabb and the Philadelphia Eagles, 32-25”. bleacherreport.com (2009年1月18日). 2011年8月9日閲覧。
  9. ^ カーディナルス最強パスオフェンスVSスティーラーズ最強ディフェンス”. NFL JAPAN. 2011年8月8日閲覧。
  10. ^ Fitzgerald shines as Warner leads Cardinals to franchise's first Super Bowl”. ESPN (2009年1月18日). 2011年8月9日閲覧。
  11. ^ 生沢浩 (2009年2月5日). “スーパーボウルを徹底検証! スティーラーズの勝因とは?”. NFL JAPAN. 2011年8月8日閲覧。
  12. ^ 生島淳 (2009年2月4日). “スーパーボウルMVPはスポーツ万能の24歳、WRホームズ”. NFL JAPAN. 2011年8月8日閲覧。
  13. ^ スティーラーズ劇的勝利! 史上最多6度目のスーパーボウル制覇”. NFL JAPAN (2009年2月2日). 2011年8月9日閲覧。
  14. ^ Fitzgerald leads NFC over AFC 30-21”. Yahoo!スポーツ (2009年2月8日). 2011年8月9日閲覧。
  15. ^ カンファレンス・チャンピオンシップ、5つの鍵 -NFC-”. NFL JAPAN (2010年1月19日). 2011年8月8日閲覧。
  16. ^ ブレイディ、フィッツジェラルドがプロボウル欠場へ”. NFL JAPAN (2010年1月21日). 2011年8月9日閲覧。
  17. ^ 「クリスマスに勝つなんて最高」、大喜びの新人QB”. NFL JAPAN (2010年12月26日). 2011年8月8日閲覧。
  18. ^ 今季注目のWRたちをランキング! -前編-”. NFL JAPAN (2011年6月8日). 2011年8月9日閲覧。
  19. ^ カーディナルス、WRフィッツジェラルドと契約延長交渉を開始”. NFL JAPAN (2011年1月10日). 2011年8月9日閲覧。
  20. ^ プロボウルメンバー、SB進出の両チームなど13人が変更”. NFL JAPAN (2011年1月25日). 2011年8月8日閲覧。
  21. ^ 開幕3連勝の立役者らが週間MVP -攻撃部門-”. NFL JAPAN (2012年9月27日). 2012年10月16日閲覧。
  22. ^ アナリストが選ぶトップ50プレイヤー、1位から10位”. NFL JAPAN (2011年7月1日). 2011年8月8日閲覧。
  23. ^ リーダーとしても成長中、カーディナルスのWRフィッツジェラルド”. NFL JAPAN (2009年9月23日). 2011年8月9日閲覧。
  24. ^ Larry Fitzgerald Sr's Toughest Assignment Yet”. ESPN (2009年1月25日). 2011年8月8日閲覧。
  25. ^ “マッデン”最新作カバー投票、伏兵ウッドヘッドらベスト8進出”. NFL JAPAN (2011年4月5日). 2011年8月8日閲覧。
  26. ^ “マッデンの呪い”、今年の犠牲者はフィッツジェラルドか?”. NFL JAPAN (2009年4月9日). 2010年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]