ダレル・リーヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダレル・リーヴィス

Darrelle Revis
ニューイングランド・ペイトリオッツ

Darrelle Revis ESPNWeekend2010-051.jpg
コーナーバック
生年月日:1985年7月14日(28歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州アリクイパ
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:198 lb =約89.8kg
NFLデビュー
2007年ニューヨーク・ジェッツ
経歴
大学ピッツバーグ大学
NFLドラフト2007年 / 1巡目(全体の14番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル     294回
QBサック     1.0
インターセプト     19回
タッチダウン     3回
パスディフェンス     98回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ダレル・リーヴィス(Darrelle Revis, 1985年7月14日- )はペンシルベニア州アリクイパ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLニューイングランド・ペイトリオッツに所属している。ポジションはコーナーバック。相手レシーバーとのマンツーマンカバーに優れており現在NFLでベストのコーナーバックの1人と認められている[1]

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

地元の高校に進学した彼はアメリカンフットボールだけでなくバスケットボールでも活躍し2年次、3年次にチームの得点王となった。ピッツバーグ大学ヘッドコーチのウォルト・ハリス英語版からリクルーティングを受けた彼は同大学へ入学した。

1年次の2004年、全12試合に出場しそのうち11試合に先発した彼はチームで5位タイの49タックル、2インターセプトを記録してフレッシュマンのオールアメリカンに選ばれた。ウェストバージニア大学戦で彼があげたインターセプトは決勝ドライブにつながった。またボストンカレッジ戦では第4Q終盤に第4ダウンゴールの状況で相手チームのレシーバーが1ヤード地点でパスキャッチをしたがこれを止めて得点を阻止したタックルなど、7タックルをあげてチームの勝利に貢献した。

2年次の2005年にはチームトップの4インターセプトをあげてビッグ・イースト・カンファレンスのオールチームに選ばれた。この年シンシナティ大学戦では79ヤードのパントリターンTDをあげ、コネティカット大学戦ではFGブロックリターンTDをあげている。

3年次の2006年にはバージニア大学、シンシナティ大学戦でそれぞれインターセプトリターンTD、ウェストバージニア大学戦では73ヤードのパントリターンTDをあげる[2]活躍などを見せてジム・ソープ賞ブロンコ・ナグルスキー賞の候補に選ばれた。

ニューヨーク・ジェッツ[編集]

彼は4年に進級せず、2007年のNFLドラフトにエントリーすることを表明した。この年のドラフト候補コーナーバックとして彼はミシガン大学レオン・ホールテキサス大学アーロン・ロスと並ぶ最も優秀なコーナーバックと見られておりドラフト1巡指名が事前に予想された[3]。ドラフト・コンバインを欠席した彼はピッツバーグ大学で行われたプロ・デーにクリント・セッションH・B・ブレイズらとパフォーマンスを見せた。ドラフト当日、全体6位でラロン・ランドリーが指名されたためディフェンスバックとしては最初の指名とならなかったものの全体14位でニューヨーク・ジェッツに指名されてコーナーバックとしてはこの年のドラフトで最初の指名を受けた[4]。この年ニューヨーク・ジェッツは1巡指名権として全体25位しか保持していなかったがトレードアップによりリーヴィスの地元チーム、ピッツバーグ・スティーラーズに先んじて指名を果たした。同年8月15日、彼はチームと6年間3,000万ドル(1,100万ドルの保証を含む)で契約した[5]

その年の開幕戦から先発コーナーバックとして起用されニューイングランド・ペイトリオッツ戦では7タックルをあげ、ウェス・ウェルカーを6回61ヤードに抑えた。第8週のバッファロー・ビルズ戦でプロ入り初のインターセプトをあげた。この年全16試合に先発出場し87タックル、1サック、1ファンブルフォース、3インターセプトの成績をあげた。

2年目も先発として起用された彼は第4週のアリゾナ・カージナルス戦でラリー・フィッツジェラルドアンクワン・ボールディンを相手に2インターセプトをあげ、プロ初のリターンTDをあげた。チームメートにはオールプロのセイフティケリー・ローズがいたもののジェッツのパスディフェンスは28位と低迷し第10週の後、チームはタイ・ローを獲得したが第4週にアリゾナ・カージナルスのカート・ワーナーに471ヤードを許したのに続けて第11週にニューイングランド・ペイトリオッツのマット・キャッセルにも400ヤード以上を許したがリーヴィスのいるサイドにはほとんどパスは投げられず新人コーナーバックのドワイト・ローリーのサイドが狙われ続けた。この年彼はプロボウルに初めて選ばれアンクワン・ボールディンへのパスを片手でインターセプトした。

2009年、ヒューストン・テキサンズとの開幕戦ではプロボウルレシーバーのアンドレ・ジョンソンを4回35ヤード、ニューイングランド・ペイトリオッツのランディ・モスを4回24ヤードに抑えトム・ブレイディのパスをインターセプトする活躍を見せて2006年以来ジェッツはペイトリオッツにTDを許さなかった。ニューオーリンズ・セインツ戦ではマーカス・コルストンを2回38ヤードに抑えセインツのオフェンスには10点しかあげさせなかった。また第6週にはテレル・オーウェンスを3回13ヤードに抑える活躍を見せたがいずれもオフェンスのターンオーバーにより試合は敗れた。第12週のカロライナ・パンサーズ戦ではスティーブ・スミスを1回5ヤードと完璧に抑えジェイク・デロームのパスを2回インターセプトし1TDをあげた。ジェッツのレックス・ライアンヘッドコーチはシーズン中たびたびリーヴィスがNFLベストのコーナーバックであるだけでなくこれまでコーチをしてきたキャリアで出会った最高のコーナーバックであると述べた。元オールプロのコーナーバック、ディオン・サンダースもリーヴィスが現在最高のコーナーバックであると述べた。最終週のシンシナティ・ベンガルズ戦ではチャド・オチョシンコにパスを通さずチームは37-0とこの年2度目の完封勝利を果たしプレーオフ出場を決めた。プレーオフ初戦は2週連続ベンガルズとの対戦となったが再びオチョシンコを2回28ヤードに抑え1TDをあげる活躍を見せてチームは24-14で勝利した[6]。翌週AFC第2シードのサンディエゴ・チャージャーズと対戦したが相手QBのフィリップ・リバースはリーヴィスの守備範囲に3回しかパスを投げれず、その内2回はパス不成功となり、残る1回はリーヴィスがヴィンセント・ジャクソンの足もとに飛びついてインターセプトをあげた。このインターセプトが試合のモメンタムを変えるきっかけとなりチームは17-14で勝利した。チームは1998年以来となるAFCチャンピオンシップゲーム侵出を果たしインディアナポリス・コルツと対戦したが後半無得点に終わり、彼自身は2本しかパスを許さなかったが、他の選手がペイトン・マニングのパスオフェンスを止められず17-30で試合に敗れた。最優秀守備選手賞候補となったがチャールズ・ウッドソンに敗れ受賞はならなかった[7]

2010年シーズン開幕前、前年までの活躍により契約期間を残り3年残すものの見直しを求めた(当初2010年のサラリーは100万ドルの予定)。チームとの交渉はまとまらず8月1日から始まるトレーニングキャンプをホールドアウトし[8][9]プレシーズンゲームも欠場を続けていたが9月5日にチームと4年間3200万ドルの契約を結んだ[10][11]

2012年、第4週の試合でACL断裂、シーズン絶望となり、10月12日に故障者リスト入りした[12]

タンパベイ・バッカニアーズ[編集]

2013年4月、2013年のNFLドラフト1巡13位及び将来のドラフト権と引き換えにタンパベイ・バッカニアーズへ移籍、6年9600万ドルの契約を結んだ[13]

人物[編集]

マンツーマンカバーに優れており、相手QBはほとんど彼のサイドにパスを投げない。そのため2010年シーズンはインターセプト0回であった[14]

母親は高校時代100mから400mの陸上競技選手でありテキサス大学に進学する奨学金の申し出を受けるほどのアスリートであり、また母方の叔父にロサンゼルス・ラムズでプレーしたショーン・ギルバートがいる[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ravitz, Nate (2009年12月3日). “Facing New York Jets' Darrelle Revis could mean bad news for opposing wide receivers”. ESPN. 2010年9月3日閲覧。
  2. ^ Revis Punt Return TD is ESPN's College Football Play of the Year”. ピッツバーグ大学パンサーズ (2006年12月14日). 2010年9月3日閲覧。
  3. ^ 2007 NFL Draft Scout CB Ranking”. nfldraftscout.com. 2010年9月3日閲覧。
  4. ^ Breakdown by Position - CB”. スポーツ・イラストレイテッド (2007年). 2010年9月3日閲覧。
  5. ^ Revis declares for NFL Draft” (2007年1月10日). 2010年9月3日閲覧。
  6. ^ Versus Revis, all WRs in elimination game”. ESPN (2010年1月14日). 2010年9月3日閲覧。
  7. ^ Woodson Beats Out Jets’ Revis for Defensive Award”. ニューヨーク・タイムズ (2010年1月12日). 2010年9月3日閲覧。
  8. ^ Revis holding out from Jets camp”. ESPN (2010年8月2日). 2010年9月3日閲覧。
  9. ^ Jets' Darrelle Revis doesn't report for conditioning test, but not considered a holdout yet”. USAトゥデイ (2010年8月2日). 2010年9月3日閲覧。
  10. ^ Peace at last: Revis agrees to new Jets deal, ending holdout”. nfl.com (2010年9月5日). 2010年9月23日閲覧。
  11. ^ Cheers Greet Revis After Bitter Holdout”. ニューヨーク・タイムズ (2010年9月6日). 2010年9月23日閲覧。
  12. ^ Jane McManus (2012年10月13日). “Darrelle Revis placed on IR”. ESPN. 2013年4月22日閲覧。
  13. ^ アダム・シェフター (2013年4月22日). “Jets trade Darrelle Revis to Bucs”. ESPN. 2013年4月22日閲覧。
  14. ^ 今季注目のCBたちをランキング! -前編-”. NFL JAPAN (2011年6月21日). 2011年8月2日閲覧。
  15. ^ Jets’ Revis Applies Mother’s Lesson in Fighting Off Fear”. ニューヨーク・タイムズ (2007年9月9日). 2010年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]