ビル・ベリチック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ビル・ベリチック American football pictogram.svg
Bill Belichick
refer to caption
2009年8月28日、ワシントン・レッドスキンズ戦のベリチック
ニューイングランド・ペイトリオッツ
生年月日 (1952-04-16) 1952年4月16日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州ナッシュビル
経歴
大学 ウェズリアン大学
所属歴
コーチ
1975 インディアナポリス・コルツ(SAC)
1976-1977 デトロイト・ライオンズ(SAC・WRC)
1978 デンバー・ブロンコス(ASTC)
1979-1990 ニューヨーク・ジャイアンツ
(STC・LBC・DC)
1991-1995 クリーブランド・ブラウンズ(HC)
1996 ニューイングランド・ペイトリオッツ
(AHC・SC)
1997-1999 ニューヨーク・ジェッツ(AHC・DBC)
2000- ニューイングランド・ペイトリオッツ(HC)
受賞歴・記録
その他受賞・記録
NFLコーチ・オブ・ザ・イヤー(2003年、2007年)
スーパーボウル制覇(コーチとして)
第21回(DC)・第25回(DC)・第36回第38回第39回第49回第51回第53回
Coaching stats at PFR

ウィリアム・スティーブン・ベリチックWilliam Stephen Belichick1952年4月16日 - )はアメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル出身のアメリカンフットボールコーチ。現在、NFLニューイングランド・ペイトリオッツヘッドコーチ英語版を務めている。ヘッドコーチとして第36回第38回第39回第49回第51回第53回と6回のスーパーボウルを制覇している[1]。4年間で3回優勝を果たしたヘッドコーチは彼だけである。

これまでに8度のスーパーボウル優勝(内2度はニューヨーク・ジャイアンツのディフェンス・コーディネーターとして[2])を経験しており、現役コーチでありながらチャック・ノールビル・ウォルシュといったリーグ史に残る名将の一人に数えられる。

経歴[編集]

大学卒業まで[編集]

テネシー州ナッシュビルで生まれた彼は父親の仕事の都合でメリーランド州アナポリスで育った。父スティーブクロアチア系でデトロイト・ライオンズランニングバックを経験した後、海軍兵学校で33年間コーチを務め、殿堂入りQB、ロジャー・ストーバックなどの選手をNFLに送り出した人物でビル・ベリチックが生まれたときはヴァンダービルト大学のコーチを務めていた。幼少期からその父親のコーチ業を手伝っていた経験が現在のベリチックの大きな礎となっている。地元アナポリスの高校を卒業後、彼はフィリップス・アカデミーに進学しウェズリアン大学ではセンタータイトエンドとしてプレーした。大学時代彼はラクロススカッシュも行っており大学4年次にはラクロス部のキャプテンも務めた。1975年、経済学学位を取得して彼は卒業した。

コーチングキャリア[編集]

大学卒業後の1975年、彼は週給25ドルでボルチモア・コルツテッド・マーチブローダヘッドコーチのもとでアシスタントを行った[3]。1976年にデトロイト・ライオンズに移りアシスタントスペシャルチームコーチ、タイトエンド、ワイドレシーバーコーチなどを行った。1978年にデンバー・ブロンコスでアシスタントスペシャルチームコーチ、ディフェンシブアシスタントを務めた。

1979年、彼はニューヨーク・ジャイアンツに移りここで12シーズンを過ごした。当時のヘッドコーチはレイ・パーキンスでベリチックはディフェンシブアシスタント、スペシャルチームコーチを務めた。1980年からラインバッカーコーチ、1985年からディフェンシブ・コーディネーターを務めた。この間、1983年からはビル・パーセルズがジャイアンツのヘッドコーチに就任している。ジャイアンツは1986年、1990年シーズンにスーパーボウルを制した。第25回スーパーボウルでの20-19の勝利には彼の立てたディフェンスゲームプランが功を奏しており、このときのゲームプランはプロフットボール殿堂に収められている。

1991年から1995年まで彼はクリーブランド・ブラウンズのヘッドコーチを務めた。この間の成績は36勝44敗であり、1994年にプレーオフで勝利をあげた。1995年、チームは5勝11敗に終わった。この年の11月、ブラウンズオーナーのアート・モデルはチームをボルチモアに移転することをシーズン中に発表、翌年2月にベリチックはヘッドコーチを辞任した。

1996年、彼はニューイングランド・ペイトリオッツのヘッドコーチとなっていたビル・パーセルズのもとでアシスタントヘッドコーチ及びディフェンシブバックコーチとなりチームは11勝5敗で地区優勝し、その後AFCを制して第31回スーパーボウル出場を果たしたがグリーンベイ・パッカーズに敗れた。

スーパーボウル終了後、彼はパーセルズヘッドコーチやチームの多くのアシスタントコーチとともにニューヨーク・ジェッツに移籍した。彼はアシスタントヘッドコーチ、ディフェンシブ・コーディネーターを1997年から1999年まで務めた。1999年シーズン終了後、パーセルズヘッドコーチが辞任した際、後任のヘッドコーチに就任することとなったが突如辞任を発表しニューイングランド・ペイトリオッツからヘッドコーチのオファーを受けた。契約下にまだあった段階でのこの報道にジェッツ、パーセルズは反発し補償を求めた。当時のNFLコミッショナーポール・タグリアブーの仲介で2000年のドラフト1巡指名権と引き換えにベリチックのニューイングランド・ペイトリオッツヘッドコーチ就任が決まった[4]

ピート・キャロルの後任となった彼はロバート・クラフトオーナーより大幅な権限(ゼネラルマネージャー兼任)を与えられた。彼は2010年シーズン現在、ヘッドコーチ兼ゼネラルマネージャーを務めている3人のうちの1人である(他の2人はフィラデルフィア・イーグルスアンディ・リードワシントン・レッドスキンズマイク・シャナハン)。

2000年は5勝11敗の負け越しに終わったがこれはベリチックのペイトリオッツでのヘッドコーチとして唯一の負け越しシーズンである。

2001年、チームはレギュラーシーズンを11勝5敗で終え、オークランド・レイダースピッツバーグ・スティーラーズを破り第36回スーパーボウルに進出した。彼のディフェンスはシーズン中平均31得点をあげていたセントルイス・ラムズの攻撃を17点に抑えアダム・ビナティエリの決勝FGで優勝を果たした。

2002年、チームは9勝7敗に終わりジェッツと同率だったものの地区優勝を逃しプレーオフに出場できなかった。

2003年、チームはディフェンスのキャプテンを務めていたロイヤー・ミロイを解雇、そのミロイが加入したバッファロー・ビルズとの開幕戦で0-31と敗れた[5]。この数日後チームは、残りの15試合中14勝をあげたチームはバッファロー・ビルズを31-0で破りリベンジを果たした。ディビジョナル・プレーオフでテネシー・タイタンズを破りAFCチャンピオンシップゲームではシーズンMVPに輝いたペイトン・マニングスティーブ・マクネアと同時受賞)のインディアナポリス・コルツから4インターセプトを奪い第38回スーパーボウルに進出した。カロライナ・パンサーズとの試合はまたもやアダム・ビナティエリの決勝FGで32-29で優勝を果たした。この年彼はNFLコーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[6][5]

2004年、チームは開幕から6連勝を果たし前年から通すと21連勝(レギュラーシーズンは18連勝)を達成した。これはマイアミ・ドルフィンズが1972年のパーフェクトシーズンを含み達成した18連勝(レギュラーシーズンは16連勝)を破るNFL記録となった。AFCチャンピオンシップゲームでピッツバーグ・スティーラーズを破り、第39回スーパーボウルフィラデルフィア・イーグルスを破り、チームはNFL史上2チーム目となる4年間で3度のスーパーボウル優勝を達成した。彼はこの偉業を達成した初のヘッドコーチとなった。

2005年、チームはオフェンスコーディネーターが不在、ディフェンスコーディネーターに新しくエリック・マンジーニを迎え入れた。10勝6敗でワイルドカードでプレーオフに進出したがディビジョナルプレーオフでデンバー・ブロンコスに敗れシーズンを終えた。

2006年、チームは12勝4敗で終え、プレーオフでニューヨーク・ジェッツサンディエゴ・チャージャーズを破った。インディアナポリス・コルツとのAFCチャンピオンシップゲームでは第2Q半ばに21-3とリードしたがそこから逆転負けを喫した。

2007年、4月にランディ・モスをドラフト4巡目指名権と引き換えにオークランド・レイダースから獲得したが、翌2008年にアル・デービスレイダースオーナーからタンパリング(事前交渉)があったのではないかと指摘に対して彼は否定した[7]。このシーズン、チームは1972年のマイアミ・ドルフィンズ以来となるレギュラーシーズンを16戦全勝(1978年にレギュラーシーズンが16試合制になってからは初のこと。)でNFLの長い歴史上でも1934年、1942年のシカゴ・ベアーズ、1972年のマイアミ・ドルフィンズに続く史上4回目であった。しかし第42回スーパーボウルでチームはニューヨーク・ジャイアンツに敗れてパーフェクトシーズンはならなかった。

この年、9月9日、ペイトリオッツがニューヨーク・ジェッツのディフェンスシグナルを盗撮していたことが明らかになり、9月13日ベリチックは50万ドルの罰金をNFLのロジャー・グッデルコミッショナーより言い渡された[8]。NFLのヘッドコーチとしては史上最高額の罰金であった[9]。またチームも25万ドルの罰金と2008年のドラフト1巡目指名権が剥奪された[10]。こうした出来事があったもののこの年彼はAP通信が選ぶコーチ・オブ・ザ・イヤーに2003年以来2度目の選出を受けた[11]

2008年、カンザスシティ・チーフスとの開幕戦の第1QでエースQBのトム・ブレイディが負傷しシーズン絶望となり[12][13][14]、控えQBのマット・キャセルで残りシーズンを戦った。第2週にも勝利し2006年から続くレギュラーシーズンのNFL連勝記録を21に更新した。ブレイディ以外にもロドニー・ハリソンアダリアス・トーマスローレンス・マロニーなど怪我人が続出し故障者リストに多くの選手が入ったものの11勝5敗の成績を残した。11勝したものの地区優勝を逃したチームは1985年のデンバー・ブロンコス以来11勝しながらプレーオフを逃した2チーム目となった[15]

2009年1月、オフェンスコーディネーターを務めていたジョシュ・マクダニエルズデンバー・ブロンコスヘッドコーチに就任した[16]。2月には前年ブレイディの代わりに活躍したマット・キャセルをフランチャイズプレイヤーに指名した[17]が後にマイク・ブレイベルと共にカンザスシティ・チーフスへドラフト2巡目指名権とともにトレードした。

インディアナポリス・コルツ戦では第4Q終盤、自陣でパントではなく第4ダウンギャンブルを選択した結果失敗し[18]采配に対しては元ペイトリオッツに所属したテディ・ブルスキーからも批判の声もあがった[19][20]。第12週で開幕から10連勝しているニューオーリンズ・セインツと対戦したがロングパスを多数通されて大敗した[21]。12月に吹雪の中行われたチーム練習に遅刻したランディ・モス、エイドリアス・トーマスゲイリー・ガイトンデリック・パージェスの4選手に規律の問題として練習参加を認めずそのまま帰宅を命じている[22][23][24]。翌2010年1月10日、ワイルドカードプレーオフでボルチモア・レイブンズに14-33と大敗を喫した[25]。このシーズンを最後にディフェンスコーディネーターのディーン・ビーズはチームを去ることになった[26]

2010年、契約最終年を迎えたがチームから延長契約の提示がされず不満を持ったランディ・モス[27]ミネソタ・バイキングスへトレードし[28]、第39回スーパーボウルMVPのディオン・ブランチシアトル・シーホークスから呼び戻した。

2009年から地区優勝を9年連続中であり、そのうち3度スーパーボウルを制覇している。

人物[編集]

全ての選手を平等に扱うという姿勢を持っており[29]、突出した個人の力に頼りすぎない、組織の力と戦術で勝つチーム作りを考え、選手には第一に戦略や戦術を理解し得る知性を求めると言われている。前世紀に王朝を築いた49ersやカウボーイズがジェリー・ライスマイケル・アービンらスター選手の能力に頼っていた印象が否めないのに対し、リチャード・シーモアなど極一部の例外を除いては無名選手の集まりである連覇当時のペイトリオッツが同様の成功を収めた事実は、コーチ力の確かさの証明と言える。

彼の下でオフェンスコーディネーターを務めたチャーリー・ワイスによれば「自分がこれまでに知っているコーチの中では最も理性的で最も試合に対する鋭い洞察力を持っている。」と評価されている[5]

第39回スーパーボウルに優勝した際には、"We started at the bottom of the mountain with everyone else."(「過去の実績はどうあれ、シーズンが始まるときはすべてのチームが0勝0敗で横並びだ」)と発言している[30]

身なりにこだわっておらず、フードつきのスウェットを着た彼は、hoodieと揶揄されることもあった[31]トム・ブレイディ曰く「彼が服装を考えるのは最後のこと。僕たちも改善に協力するよ。」とのこと。

CBSスポーツの取材によると、毎朝5時にチームのオフィスに出勤している。

奇才と呼ばれる現在屈指のヘッドコーチとして評価されている[32][33]。連続する4年間で3回スーパーボウルを制覇したのは彼だけである[34]。2007年シーズンのビデオ盗撮問題ではNFLはベリチックに責任があるという結論を出し50万ドルの罰金を課せられた。

コーチングツリー[編集]

これまでベリチックは5人のヘッドコーチの下でアシスタントコーチを務めた。

ベリチックのアシスタントコーチを務めた人物のうち、6人がNFLのヘッドコーチとなっている。

ベリチックのアシスタントコーチを務めた人物のうち、5人がNCAAディビジョンIA校でヘッドコーチを務めている。

ベリチックの下にいた人物のうち、13人がNFLのアシスタントヘッドコーチ、攻守コーディネーター、ゼネラルマネージャーとなっている。


師弟の確執[編集]

1999年シーズンオフ、ベリチックはビル・パーセルズの後任としてニューヨーク・ジェッツのHCに就任するも、わずか1日でこれを辞任。パーセルズ麾下のスタッフを大量に引き連れ、同地区のライバルチーム・ペイトリオッツのHCに就任した。これにより10年以上アシスタントを務めたパーセルズとの師弟関係は断絶状態になったと言われる。

第39回スーパーボウルにおいて史上8チーム目となる連覇を果たしたシーズンのオフ、ペイトリオッツは攻撃と守備の両コーディネーターを同時に失うという危機的状況に瀕した。この事態に、ベリチックは当時34歳のエリック・マンジーニを守備コーディネーターの後任へと抜擢。マンジーニはボールボーイをしていた[39]頃からベリチックが特に目を掛け、アシスタント職に引き上げた人材だったが、わずか1シーズン限りで同職を辞任、ジェッツのHCに就任した。

翌2006年シーズン、マンジーニの離脱に対しあらゆる方面でマンジーニの批判を展開したり、ペイトリオッツ内での行動により彼に執拗な嫌がらせをしたとされマンジーニとの仲をメディアは追った。そのような中でジェッツ戦終了後にマンジーニと一言も言葉を交わさなかったことにより不仲説が再燃し、メディアを沸かせた。その後、プレイオフでは会話を交わし、一応は不仲説を打ち消した事になっている。

しかし、そのマンジーニの告白によりベリチックが指揮したとされるペイトリオッツの盗撮問題が浮上した。

メディアへの露出[編集]

  • デニス・リアリー主演のドラマ、『レスキュー・ミー NYの英雄たち』に本人役でカメオ出演している。
  • マッデンNFLでは彼の名前は登場せず、NE COACH とされている。これは彼が同ゲームにライセンス許可を与えているNFLヘッドコーチ協会に加入していないためである。現役のヘッドコーチで加入していないものは彼のみであり、過去にはビル・パーセルズがダラス・カウボーイズヘッドコーチ時代にESPNとの契約上禁止されているため加入していなかった。
  • 彼はボン・ジョヴィのファンとして知られており、2006年8月14日のキャンプを彼らは訪れている。また2002年に発売されたアルバム中のBounceは彼のために書かれた曲である[40]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ チャック・ノール第9回第10回第13回第14回の4回、ビル・ウォルシュ第16回第19回第23回ジョー・ギブス第17回第22回第26回の3回優勝している。またダラス・カウボーイズ第27回第28回第30回と優勝したが第27回、第28回がジミー・ジョンソン、第30回がバリー・スウィッツァーによるものであった。
  2. ^ コーチ一覧”. NFL JAPAN. 2010年10月16日閲覧。
  3. ^ Preparation leads Belichick to top”. ESPN (2003年12月20日). 2010年10月15日閲覧。
  4. ^ How Exactly Will History Judge Parcells? (Pt 3) How Exactly Will History Judge Parcells? (Pt 3)”. patsfans.com (2006年1月13日). 2010年10月15日閲覧。
  5. ^ a b c ベリチック、名将パーセルズの影から名将へ”. NFL JAPAN. 2010年10月16日閲覧。
  6. ^ ベリチック、AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれる”. NFL JAPAN. 2010年10月16日閲覧。
  7. ^ ベリチックHC、WRモス獲得時のルール違反を否定”. NFL JAPAN (2008年10月2日). 2010年10月16日閲覧。
  8. ^ NFLスパイ疑惑 大きな波紋”. AFP (2007年9月18日). 2010年10月16日閲覧。
  9. ^ Belichick draws $500,000 fine, but avoids suspension”. ESPN (2007年9月14日). 2010年10月16日閲覧。
  10. ^ グッデル氏 スパイ疑惑のペイトリオッツを擁護”. AFP (2008年2月2日). 2010年10月16日閲覧。
  11. ^ Belichick voted coach of year for second time in four years”. ESPN (2008年1月3日). 2010年10月16日閲覧。
  12. ^ ブレイディは左ひざ手術へ 連続試合出場がストップ”. NFL JAPAN (2008年9月9日). 2010年10月16日閲覧。
  13. ^ ブレイディ今季絶望のベリチックHC、まだ新QB決めず”. NFL JAPAN (2008年9月10日). 2010年10月16日閲覧。
  14. ^ 今季絶望のブレイディ、アドバイザーとしてチームに貢献”. NFL JAPAN (2008年9月17日). 2010年10月16日閲覧。
  15. ^ ベリチックHC、23年ぶり不運も「チームを誇り思う」”. NFL JAPAN (2008年12月29日). 2010年10月16日閲覧。
  16. ^ ブロンコス、32歳新HCに決定!「目的は守備の強化じゃない」”. NFL JAPAN (2009年1月13日). 2010年10月16日閲覧。
  17. ^ ペイトリオッツ、QBキャセルをフランチャイズ指定”. NFL JAPN (2010年2月6日). 2010年10月16日閲覧。
  18. ^ ギャンブル失敗で逆転負け、「あれぞコルツ」とベリチックHC脱帽”. NFL JAPAN (2009年11月16日). 2010年10月16日閲覧。
  19. ^ 采配裏目のベリチックHCに批判の声も、敵将は擁護”. NFL JAPAN (2009年11月17日). 2010年10月16日閲覧。
  20. ^ 近藤祐司 (2009年11月19日). ““たら”、“れば”は禁物でも・・・名将の判断に賛否両論”. NFL JAPAN. 2010年10月16日閲覧。
  21. ^ 多くのミスは修正可能、ベリチックHCが立て直しに自信”. NFL JAPAN (2009年12月2日). 2010年10月16日閲覧。
  22. ^ 不振のペイトリオッツ、WRモスらが遅刻で強制送還”. NFL JAPAN (2009年12月10日). 2010年10月16日閲覧。
  23. ^ ペイトリオッツLBトーマス、強制送還に「あ然とした」”. NFL JAPAN (2009年12月11日). 2010年10月16日閲覧。
  24. ^ ペイトリオッツ、HCと衝突したLBトーマスを解雇”. NFL JAPAN (2010年4月27日). 2010年10月16日閲覧。
  25. ^ ベリチックHC、大敗に「事態を収拾しないといけない」”. NFL JAPAN (2010年1月12日). 2010年10月16日閲覧。
  26. ^ 再建への一歩、ペイトリオッツが守備コーディネーター変更へ”. NFL JAPAN (2010年1月15日). 2010年10月16日閲覧。
  27. ^ WRモス、契約問題への不満表明もペイトリオッツ残留希望”. NFL JAPAN (2010年9月15日). 2010年10月16日閲覧。
  28. ^ ベリチックHC、放出モスとブレイディの確執話を一蹴”. NFL JAPAN (2010年10月12日). 2010年10月16日閲覧。
  29. ^ 誰も特別扱いせず、“師匠”と同じ哲学持つマクダニエルスHC”. NFL JAPAN (2009年3月18日). 2010年10月16日閲覧。
  30. ^ 生沢浩. “Vol. 19 : NFL ペイトリオッツヘッドコーチ ビル・ベリチック”. ジャパンタイムズ. 2010年10月16日閲覧。
  31. ^ 村田斉潔 (2009年4月17日). “(仮)『村田理論 その1』”. GAORA. 2010年10月16日閲覧。
  32. ^ 第12週の注目ポイントは?”. NFL JAPAN (2008年11月23日). 2010年10月16日閲覧。
  33. ^ NFLネットワークが選ぶコーチのベスト5”. NFL JAPAN (2010年7月27日). 2010年10月16日閲覧。
  34. ^ ダラス・カウボーイズが第27回、第28回、第30回スーパーボウルで優勝しているが前2回はジミー・ジョンソン、第30回はバリー・スウィッツァーがHCであった。
  35. ^ ジェッツHC、大一番を前にタイタンズの旧友を絶賛”. NFL JAPAN (2008年11月19日). 2010年10月16日閲覧。
  36. ^ 解雇されたワイス氏、「来年はNFLでコーチを務めている」”. NFL JAPAN (2009年12月6日). 2010年10月16日閲覧。
  37. ^ 名将パーセルズの娘婿、チーフス新GM就任”. NFL JAPAN (2009年1月14日). 2010年10月16日閲覧。
  38. ^ ブラウンズのマンジーニHC、GM解雇に多くを語らず”. NFL JAPAN (2009年11月4日). 2010年10月16日閲覧。
  39. ^ 前ジェッツHCのマンジーニ氏、ブラウンズ新指揮官に就任へ”. NFL JAPAN (2009年1月8日). 2010年10月16日閲覧。
  40. ^ Bon Jovi on football: It's my life”. patriots.com (2002年9月2日). 2010年10月16日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]