リチャード・シャーマン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg リチャード・シャーマン American football pictogram.svg
Richard Sherman
refer to caption
2018年撮影
基本情報
ポジション コーナーバック
生年月日 (1989-03-30) 1989年3月30日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州コンプトン
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 195 lb =約88.5kg
経歴
大学 スタンフォード大学
NFLドラフト 2011年 / 5巡目全体154位
初出場年 2011年
初出場チーム シアトル・シーホークス
所属歴
2011-2017 シアトル・シーホークス
2018-2020 サンフランシスコ・49ers
受賞歴・記録
スーパーボウル制覇(1回)
第48回
プロボウル選出(5回)
2013年-2016年、2019年
NFL 通算成績
タックル 484回
パスブロック 115回
インターセプト 36回
QBサック 3回
ファンブルフォース 5回
タッチダウン 3回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

リチャード・ケビン・シャーマンRichard Kevin Sherman 1989年3月30日- )はカリフォルニア州コンプトン出身のアメリカンフットボール選手。現在フリーエージェント。ポジションはコーナーバック

経歴[編集]

高校時代[編集]

高校時代は、アメリカンフットボールと陸上競技を行った。3年次には28回のレシーブ(平均30ヤード)で14TDをあげた。陸上競技でもUSAトゥデイよりオールアメリカンに選ばれる活躍を見せ、三段跳で50フィート8インチを跳んで、カリフォルニア州のチャンピオンになった。また100mで10秒77、110mハードルで13秒99、走幅跳で23フィート8インチの自己ベストをマークした。

大学時代[編集]

スタンフォード大学に進学した彼は、1年次には、ワイドレシーバーとして起用され、34回のレシーブで581ヤード獲得、3TDをあげて、フレッシュマンのオールアメリカンに選ばれた。その後2年間で47回のレシーブで759ヤード、4TDをあげた。2008年には4試合に出場したところで、ひざを負傷しシーズン絶望となった。怪我から復帰後、コーナーバックに転向し、2シーズンで112タックル、6インターセプトをあげた。2010年6月学位を取得したが、修士課程に進学し[1]、5年目となるこの年もプレー、チームは12勝1敗でシーズンを終えた[2]

プロ入り後[編集]

プレドラフト測定結果
身長 体重腕の長さ手の大きさ 40ヤード
ダッシュ
10ヤード
スプリット
20ヤード
スプリット
20ヤード
スプリット
3コーン
ドリル
垂直跳び 立ち幅跳び ベンチ
プレス
ワンダー
リック
6 ft 2⅝ in 195 lb32 in9 3/4 in 4.56 s 1.61 s 2.65 s 4.33 s 6.82 s 38 in 10 ft 5 in 16 rep 24
All values from NFL Combine.[3]

シアトル・シーホークス[編集]

2011年のNFLドラフトでは5巡でシアトル・シーホークスに指名されて入団した。この年マーカス・トルファントウォルター・サーモンドの負傷もあり、10試合に先発出場し、53タックル、21パスディフェンス、4インターセプトをあげて、プロフットボール・ウィークリーより、オールルーキーチームに選ばれた[4]

2012年第5週の勝利したニューイングランド・ペイトリオッツ戦では、相手QBのトム・ブレイディに試合中盛んに話しかけた。第8週のデトロイト・ライオンズ戦を前に、相手のエースレシーバー、カルビン・ジョンソンメガトロンの愛称を持つ)に対抗してTwitterで自らを「オプティマス・プライム」と称した[5]。この試合で彼はジョンソンをチームメートとともに、3回46ヤードとシーズン最少の記録に抑えた。この年8インターセプト、NFLトップの23パスディフェンスを記録し、最優秀守備選手賞に推す声もあったが、プロボウルには選ばれなかった[6]。第6週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦ではトム・ブレイディからインターセプトを奪ったが、試合中盛んにブレイディに対して口撃をしかけた[7]。第10週のニューヨーク・ジェッツ戦では自陣6ヤードまで攻め込まれたところから、マーク・サンチェスのパスをインターセプト、失点を防いだ[8]。またこの試合ではプロ初サックを記録、ファンブルを誘いターンオーバーにつなげる活躍を見せ、NFC週間MVP守備部門に選ばれた[9]

11月下旬、運動能力強化薬物(RED)規定違反の疑いで[10]ブランドン・ブラウナーとともに、シーズン終盤の4試合の出場停止処分を受けた[11]。これに対してブラウナーは、12月4日に異議申し立てを取り下げてレギュラーシーズン最後の4試合を欠場したが[12]、彼は異議申し立てを継続し、最終的に処分は取り消しとなった[13]。第14週のアリゾナ・カージナルス戦では2インターセプトをあげ、その内の1回はリターンTDにつなげている[14]。第16週のサンフランシスコ・フォーティナイナーズ戦では、FGブロックされたボールをリカバーし90ヤードのリターンTD[15]、またインターセプトをあげた[16]。最終週のセントルイス・ラムズ戦でも1インターセプトをあげた[17]

プレーオフで対戦するワシントン・レッドスキンズからは、シャーマンが出場停止処分を逃れたことについて「彼は詐欺師だ。」といったコメントも見られた[18]

2013年、第15週のニューヨーク・ジャイアンツ戦では2インターセプトをあげた[19]。この年、プロボウルに選出された[20]。この年チームはパス喪失ヤード、相手パスディフェンスでリーグトップの成績を残した[21]。サンフランシスコ・フォーティナイナーズとのNFCチャンピオンシップゲームでは、コリン・キャパニックからエンドゾーン内のマイケル・クラブツリーに投げられたパスをはじき、これをマルコム・スミスがインターセプトし、チームはスーパーボウル出場を決めた[22]

サンフランシスコ・49ers[編集]

2019年のシャーマン(左の25番)

2018年シーズン終了後、シーホークスからリリースされた翌日の2018年3月10日、シャーマンはサンフランシスコ・49ersと3年3900万ドルの契約に合意した[23]

詳細情報[編集]

年度別成績[編集]

記録
スーパーボウル優勝年
リーグ最高記録
太字 自己最高記録

レギュラーシーズン[編集]

年度 チーム 試合 タックル パスカバー ファンブル
出場 先発 コンビ ソロ アシスト QBサック パスブロック インターセプト リターンヤード 平均リターンヤード 最長リターンヤード TD ファンブルフォース ファンブルリカバー
2011 SEA 16 10 55 47 8 0.0 17 4 45 11.2 33 0 1 0
2012 SEA 16 16 64 53 11 1.0 24 8 57 7.1 29 1 3 1
2013 SEA 16 16 48 38 10 0.0 16 8 125 15.6 58T 1 0 2
2014 SEA 16 16 57 45 12 0.0 8 4 81 20.2 53 0 1 0
2015 SEA 16 16 50 33 17 0.0 14 2 30 15.0 26 0 0 0
2016 SEA 16 16 58 38 20 0.0 13 4 37 9.2 31 0 0 1
2017 SEA 9 9 35 25 10 0.0 7 2 20 10.0 19 0 0 1
2018 SF 14 14 37 30 7 1.0 4 0 0 0.0 0 0 0 1
2019 SF 15 15 61 48 13 0.0 11 3 65 21.7 31T 1 0 0
2020 SF 5 5 18 16 2 0.0 1 1 18 18.0 18 0 0 0
Total 139 133 484 374 110 2.0 115 36 478 13.3 58T 3 5 6

[24]

人物[編集]

ラインバッカー並のサイズを持ち[25]、フィジカルの強さを持ったコーナーバックである[26]

レシーバーとのコンタクトが認められている、スクリメージラインから5ヤード以内の地点での激しいコンタクトを行っており、同地区ライバルのサンフランシスコ・フォーティナイナーズQBアレックス・スミスからは、イリーガルコンタクトの反則が取られるべきだと言われたこともある[27]

ビッグマウスとして知られており、その言動はしばしば見出しとなっている[28]

2014年、自身と同じくロサンゼルスのワッツ地区英語版で育ったフィラデルフィア・イーグルスのエースWRデショーン・ジャクソンが解雇された際、ロサンゼルスのギャングとの関係も噂されていたジャクソンについて、昔からの友人関係を重んじたジャクソンが解雇され、人種差別発言で罰金を受けたライリー・クーパーが残留したことはアンフェアであるとコメントした[29]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Football: Richard Sherman graduates from Stanford”. ロサンゼルス・タイムズ (2010年6月21日). 2013年1月12日閲覧。
  2. ^ Gil Alcaraz IV (2011年1月). “An insider’s view with Stanford cornerback Richard Sherman”. Yahoo! SPORTS. 2013年1月12日閲覧。
  3. ^ Richard Sherman, DS #24 CB, Stanford”. NFL.com. 2021年3月27日閲覧。
  4. ^ 2011 All-Rookie team”. プロフットボール・ウィークリー (2012年1月18日). 2013年1月12日閲覧。
  5. ^ メガトロン、シーホークスCBの発言を「モチベーションにする」”. NFL JAPAN (2012年10月26日). 2013年1月12日閲覧。
  6. ^ Kareem Copeland (2012年12月26日). “Richard Sherman: Pro Bowl spots 'don't mean nothing'”. nfl.com. 2013年1月12日閲覧。
  7. ^ シーホークスCBシャーマン、試合後のブレイディに挑発コメント”. NFL JAPAN (2012年10月16日). 2013年1月12日閲覧。
  8. ^ シーホークス 4TDで 6勝目 ジェッツ 3連敗で 6敗目”. TSP SPORTS (2012年11月11日). 2013年1月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月12日閲覧。
  9. ^ バトラー、シャーマンの両CBが週間MVP -守備部門-”. NFL JAPAN (2012年11月15日). 2013年1月12日閲覧。
  10. ^ SEA選手出場停止の恐れ、アデロールはカモフラージュ?”. アメフトNewsJapan (2012年11月26日). 2013年1月12日閲覧。
  11. ^ シーホークスHC、異議申し立て中CBシャーマンらの次戦出場に望み”. NFL JAPAN (2012年11月27日). 2013年1月12日閲覧。
  12. ^ シーホークス、CBブラウナーが今週から4試合出場停止”. NFL JAPAN (2012年2月6日). 2013年1月12日閲覧。
  13. ^ シーホークスに朗報、CBシャーマンの出場停止処分は取り消し”. NFL JAPAN (2012年12月28日). 2013年1月12日閲覧。
  14. ^ 球団最多得点で快勝のシーホークス、「相手を完全に吹き飛ばした」”. NFL JAPAN (2012年12月10日). 2013年1月12日閲覧。
  15. ^ プレイオフ進出のシーホークス、「声援が凄まじかった」と指揮官”. NFL JAPAN (2012年12月24日). 2013年1月12日閲覧。
  16. ^ シーホークス圧勝でプレイオフ進出、地区優勝決定は最終週へ”. NFL JAPAN (2012年12月24日). 2013年1月12日閲覧。
  17. ^ シーホークス5連勝、地区Vならずも上げ潮でプレイオフへ”. NFL JAPAN (2012年12月31日). 2013年1月12日閲覧。
  18. ^ Dan Hanzus (2013年1月4日). “Redskins player on Richard Sherman: 'He's a cheater'”. nfl.com. 2013年1月12日閲覧。
  19. ^ シーホークスが完封勝利、5INT奪取で2敗キープ”. NFL JAPAN (2013年12月16日). 2013年12月18日閲覧。
  20. ^ プロボウル選出メンバー発表 -ディフェンス-”. NFL JAPAN (2013年12月28日). 2013年12月30日閲覧。
  21. ^ Dan Pompei (2014年1月17日). “Seattle Seahawks' Legion of Boom Is Pure, Old-School Football at Its Finest”. bleacherreport.com. 2014年1月25日閲覧。
  22. ^ Ashley Fox (2014年1月20日). “Stay away from Richard Sherman”. ESPN. 2014年1月25日閲覧。
  23. ^ Shook, Nick (2018年3月10日). “Richard Sherman joining 49ers on 3-year, $39M deal”. NFL.com. 2021年3月27日閲覧。
  24. ^ Richard Sherman”. NFL.com. 2021年3月27日閲覧。
  25. ^ 【WCプレビュー】ウィルソン対RG3、注目の新人QBが激突”. NFL JAPAN (2013年1月4日). 2013年1月12日閲覧。
  26. ^ 【第9週プレビュー】地区制覇へ正念場、当落線上の両軍が激突”. NFL JAPAN (2012年11月3日). 2013年1月12日閲覧。
  27. ^ ハーボーHC、肉弾戦上等のシーホークスCB陣に苦言”. NFL JAPAN (2012年12月20日). 2013年1月12日閲覧。
  28. ^ シーホークスCBシャーマン、49ers以外に警戒するチームは?”. NFL JAPAN (2013年7月3日). 2013年7月8日閲覧。
  29. ^ Cindy Boren (2014年4月2日). “Richard Sherman on DeSean Jackson: It’s unfair to judge him by “company he keeps””. ワシントン・ポスト. 2014年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]