2012年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2012年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2012年9月6日 - 2012年12月30日
プレイオフ
開幕日 2013年1月5日
AFC優勝 ボルチモア・レイブンズ
NFC優勝 サンフランシスコ・49ERS
第47回スーパーボウル
開催日 2013年2月3日
開催都市 ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタジアム メルセデス・ベンツ・スーパードーム
チャンピオン ボルチモア・レイブンズ
プロボウル
開催日 2013年1月27日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
サラリーキャップ
1億2,060万ドル(約99億1,700万円)[1]
NFLシーズン
 < 2011 2013 > 

2012年のNFLは、2012年9月6日NFL93回目のレギュラーシーズンが前年スーパーボウル優勝チームであるニューヨーク・ジャイアンツの主催ゲームで開幕し、2013年2月3日ルイジアナ州ニューオーリンズで開催される第47回スーパーボウルでシーズンが終了した。

主なルール変更[編集]

  • すべてのターンオーバーに対してビデオ判定が行われるようになった。
  • 2010年シーズンよりプレイオフにおいて適用されていたオーバータイムルールが、レギュラーシーズンの試合にも適用されるようになった。
  • 不正なプレー参加の反則(12人以上でプレー)はプレー終了後に5ヤードの罰退であったが、スナップ時点で反則が適用されるデッドボールファールに変更された。この変更は、第46回スーパーボウルの第4Q終盤においてリードしていたジャイアンツがこの反則を犯したが、時間を消費しジャイアンツを利する結果となったことによる。
  • ルーズボールを意図的に蹴った場合は10ヤードの罰退に加え、ダウンを失うことになった。
  • 「クラック ブロック(視界外からの体の側面へのブロック)を受けたディフェンス選手」もディフェンスレス プレーヤー(無防備な選手)に認定されることになった。
  • 第6週火曜日までだったトレード期限が、第8週火曜日までに変更された[2]
  • 故障者リスト入りの際に特に指定された1名は、シーズン中にアクティブ ロースターに戻せることになった。

日程[編集]

レギュラーシーズン[編集]

2012年のレギュラーシーズンは9月6日に前年度優勝チームのニューヨーク・ジャイアンツが本拠地にダラス・カウボーイズを迎えて開幕する。水曜日に試合が行われるのは54年ぶりとなる。これはアメリカ大統領選挙民主党全国大会最終日と日程が重なることを避けるために日程が前倒しされたことによる[3]12月30日に終了した。

コネチカット州で起きたサンディフック小学校銃乱射事件の犠牲者に対して、第15週の試合開始前に黙祷が捧げられた[4]

各チームの16試合の対戦相手はNFLの規則に基づき、前年度の成績や地区ごとのローテーションで自動的に決定される。

  • 同地区(ホーム&アウェイ、6試合)
  • カンファレンス内他の1地区総当り(4試合)
  • カンファレンス内上記除く他地区の前年同順位(2試合)
  • 他カンファレンスの1地区総当り(4試合)

2012年シーズンの地区外との対戦ルールは以下のようである。

   カンファレンス内
AFC東地区 vs. AFC南地区
AFC北地区 vs. AFC西地区
NFC東地区 vs. NFC南地区
NFC北地区 vs. NFC西地区

   カンファレンス外
AFC東地区 vs. NFC西地区
AFC北地区 vs. NFC東地区
AFC南地区 vs. NFC北地区
AFC西地区 vs. NFC南地区

(例)2012年王者レイブンズの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 ブロンコス テキサンズ レイブンズ ペイトリオッツ 49ERS セインツ パッカーズ ジャイアンツ
2位 チャージャーズ タイタンズ スティーラーズ ジェッツ カージナルス ファルコンズ ライオンズ イーグルス
3位 レイダーズ ジャガーズ ベンガルズ ドルフィンズ シーホークス パンサーズ ベアーズ カウボーイズ
4位 チーフス コルツ ブラウンズ ビルズ ラムズ バッカニアーズ バイキングス レッドスキンズ

    :1度対戦     :2度対戦

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ニューイングランド・ペイトリオッツ 12 4 0 .750 557 331
マイアミ・ドルフィンズ 7 9 0 .438 288 317
ニューヨーク・ジェッツ 6 10 0 .375 281 375
バッファロー・ビルズ 6 10 0 .375 344 435
AFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(4) ボルチモア・レイブンズ 10 6 0 .625 398 344
(6) シンシナティ・ベンガルズ 10 6 0 .625 391 320
ピッツバーグ・スティーラーズ 8 8 0 .500 336 314
クリーブランド・ブラウンズ 5 11 0 .313 302 368
AFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ヒューストン・テキサンズ 12 4 0 .750 416 331
(5) インディアナポリス・コルツ 11 5 0 .688 357 387
テネシー・タイタンズ 6 10 0 .375 330 471
ジャクソンビル・ジャガーズ 2 14 0 .125 255 444
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) デンバー・ブロンコス 13 3 0 .813 481 289
サンディエゴ・チャージャーズ 7 9 0 .438 350 350
オークランド・レイダーズ 4 12 0 .250 290 443
カンザスシティ・チーフス 2 14 0 .125 211 425
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(4) ワシントン・レッドスキンズ 10 6 0 .625 436 388
ニューヨーク・ジャイアンツ 9 7 0 .563 429 344
ダラス・カウボーイズ 8 8 0 .500 376 400
フィラデルフィア・イーグルス 4 12 0 .250 280 444
NFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) グリーンベイ・パッカーズ 11 5 0 .688 433 336
(6) ミネソタ・バイキングス 10 6 0 .625 379 348
シカゴ・ベアーズ 10 6 0 .625 375 277
デトロイト・ライオンズ 4 12 0 .250 372 437
NFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) アトランタ・ファルコンズ 13 3 0 .813 419 299
カロライナ・パンサーズ 7 9 0 .438 357 363
ニューオーリンズ・セインツ 7 9 0 .438 461 454
タンパベイ・バッカニアーズ 7 9 0 .438 389 394
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) サンフランシスコ・49ERS 11 4 1 .719 397 273
(5) シアトル・シーホークス 11 5 0 .688 412 245
セントルイス・ラムズ 7 8 1 .469 299 348
アリゾナ・カージナルス 5 11 0 .313 250 357


タイブレーク[編集]

タイブレークの詳しいルールについては、NFL#タイブレークを参照

  • AFC
    • 12勝4敗のペイトリオッツとテキサンズは、第14週の直接対決でペイトリオッツが勝利しているため、ペイトリオッツが第2シード、テキサンズが第3シード。
    • 北地区で10勝6敗のレイブンズとベンガルズは、地区内勝率でレイブンズ(4勝2敗)がベンガルズ(3勝3敗)を上回るため、レイブンズが地区優勝となり、第4シード、ベンガルズが第6シード。

プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
1月7日
M&Tバンク・スタジアム
  1月13日
スポーツオーソリティ・フィールド
         
 5  コルツ  9
 4  レイブンズ  38*
 4  レイブンズ  24     1月21日
ジレット・スタジアム
 1  ブロンコス  35  
AFC
1月6日
リライアント・スタジアム
 4  レイブンズ  28
1月14日
ジレット・スタジアム
   2  ペイトリオッツ  13  
 6  ベンガルズ  13 AFC チャンピオンシップ
 3  テキサンズ  28
 3  テキサンズ  19   2月4日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
 2  ペイトリオッツ  41  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月6日
ランボー・フィールド
 A4  レイブンズ  34
1月13日
キャンドルスティック・パーク
   N2  49ers  31
 6  バイキングス  10 第47回スーパーボウル
 3  パッカーズ  31
 3  パッカーズ  24     1月21日
ジョージア・ドーム
 2  49ers  45  
NFC
1月7日
フェデックス・フィールド
 2  49ers  28
1月14日
ジョージア・ドーム
   1  ファルコンズ  24  
 5  シーホークス  24 NFC チャンピオンシップ
 5  シーホークス  28
 4  レッドスキンズ  14  
 1  ファルコンズ  30  
  • 対戦カードはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • *延長戦決着

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ジョー・フラッコ QB ボルチモア・レイブンズ
AP通信MVP エイドリアン・ピーターソン RB ミネソタ・バイキングス
AP通信最優秀コーチ ブルース・アリアンス HC インディアナポリス・コルツ
AP通信最優秀攻撃選手 エイドリアン・ピーターソン RB ミネソタ・バイキングス
AP通信最優秀守備選手 J.J.ワット DE ヒューストン・テキサンズ
AP通信最優秀新人攻撃選手 ロバート・グリフィン3世 QB ワシントン・レッドスキンズ
AP通信最優秀新人守備選手 ルーク・キークリー LB カロライナ・パンサーズ
AP通信カムバック賞 ペイトン・マニング QB デンバー・ブロンコス

NFLドラフト[編集]

ドラフトは、4月26日から4月28日までの3日間で行われた。全体1位にはスタンフォード大学のQBアンドリュー・ラックインディアナポリス・コルツから指名された[5]

エンターテイメント[編集]

マッデンNFLの最新作、マッデン13のカバー選手はインターネットでのトーナメント方式ファン投票によって、ライオンズのカルビン・ジョンソンが選ばれた[6]

違法ボーナス問題[編集]

ニューオーリンズ・セインツで危険なタックルを行った選手に違法ボーナスが支払われたことが発覚し、これを主導していたグレッグ・ウィリアムズディフェンスコーディネーター(2012年はセントルイス・ラムズディフェンスコーディネーター)に無期限の出場停止、ショーン・ペイトンセインツヘッドコーチに1年間の出場停止、ミッキー・ルーミスセインツゼネラルマネージャーに8試合の出場停止が課せられた[7]。選手については、LBジョナサン・ヴィルマ(セインツ)に2012-13シーズンの無給での全試合出場停止、DLアンソニー・ハーグローブ(パッカーズ)に8試合、DEウィル・スミス(セインツ)に4試合、LBスコット・フジタ(ブラウンズ)に3試合の出場停止が課せられた[8]。その後各選手は異議申し立てを行い、試合に出場、12月11日に前のコミッショナー、ポール・タグリアブーの判断で、周囲の環境に影響された選手への処分は無効とされた[9]

代替審判[編集]

審判との団体交渉がシーズン開幕までに合意が成立せず、プレシーズンゲーム全てに加えて、レギュラーシーズンでも代替審判(主にNCAA2部校以下や、アリーナフットボール経験しかない審判)により試合が行われた。

9月26日に労使協定が締結され、第4週から正規の審判がジャッジを行った[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本円は当時のレートによる
  2. ^ トレード期限延長とIRの新ルール、今季から導入決定”. NFL JAPAN (2012年8月31日). 2012年9月17日閲覧。
  3. ^ NFLの2012年シーズン、54年ぶりに水曜日開催”. NFL JAPAN (2012年2月29日). 2012年5月1日閲覧。
  4. ^ NFL、乱射事件の犠牲者に黙とう要請”. NFL JAPAN (2012年12月15日). 2012年12月19日閲覧。
  5. ^ NFLドラフト2012 指名リスト”. NFL JAPAN. 2012年5月1日閲覧。
  6. ^ マッデン最新作カバーにメガトロン、ニュートン下す”. NFL JAPAN (2012年4月26日). 2012年5月1日閲覧。
  7. ^ ニュース.セインツHCが1年間の出場停止、違法ボーナスで処分”. NFL JAPAN (2012年3月22日). 2012年5月1日閲覧。
  8. ^ チーム名は処分時の所属チーム。違法ボーナス問題で選手処分、LBビルマは今季出場停止”. NFL JAPAN (2012年5月3日). 2012年5月3日閲覧。
  9. ^ LBビルマら、違法ボーナス問題による処分の無効決定”. NFL JAPAN (2012年12月12日). 2012年12月19日閲覧。
  10. ^ 名審判ホチュリ氏、協定締結前日に熱弁”. NFL JAPAN (2012年9月27日). 2012年10月16日閲覧。