デビッド・ウィルソン (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg デビッド・ウィルソン American football pictogram.svg
David Wilson
refer to caption
基本情報
ポジション ランニングバック
生年月日 (1991-06-15) 1991年6月15日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州ダンビル
身長 5' 9" =約175.3cm
体重 205 lb =約93kg
経歴
大学 バージニア工科大学
NFLドラフト 2012年のNFLドラフト|2012年 / 1巡目全体32位
初出場年 2012年
初出場チーム ニューヨーク・ジャイアンツ
所属歴

受賞歴・記録
NFL 通算成績
ラン獲得ヤード 504ヤード
平均獲得ヤード 4.4ヤード
TDラン 5回
レシーブ回数 6回
レシーブ獲得ヤード 42ヤード
TDレシーブ 1回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

デビッド・ウィルソン(David Wilson 1991年6月15日- )はバージニア州ダンビル出身の元アメリカンフットボール選手。NFLニューヨーク・ジャイアンツに所属していた。ポジションはランニングバック

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校3年次には、2,291ヤードを走り35タッチダウンをあげて、ゲータレードより、バージニア州の最優秀高校生選手に選ばれている。2009年には、国際アメリカンフットボール連盟オハイオ州カントンで開催したU19世界選手権のアメリカ代表に選ばれ優勝している。この大会で彼は3試合に出場し、33回のキャリーで427ヤードを走り、8タッチダウンをあげてMVPに選ばれている[1]

同年、バージニア工科大学に進学し、全13試合に出場、59回のキャリーで334ヤードを走り4タッチダウンをあげた。2年次の2010年には113回のキャリーで619ヤードを走り5タッチダウンをあげるとともに、15回のキャッチで4タッチダウンをあげている[2]

ライアン・ウィリアムズダレル・エバンズがNFL入りした3年次の2011年には、先発ランニングバックとなり、290回のキャリーで大学記録となる1,709ヤードを走り、9タッチダウンをあげて、アトランティック・コースト・カンファレンスの最優秀攻撃選手、オールアメリカンのセカンドチームに選ばれた[1]

彼は4年次には進級せず、2012年のNFLドラフトにアーリーエントリーすることを表明した[1]

ドラフト前のNFLコンバインの垂直跳び立ち幅跳び、シャトルランで全選手中トップの成績をあげるなど[3]、優れた運動能力を見せた彼は、スカウトたちの注目を浴び、トレント・リチャードソンに次いでその年のランニングバックドラフト候補ベスト5として考えられるようになった[4]

ニューヨーク・ジャイアンツ[編集]

ドラフトでは1巡32位でニューヨーク・ジャイアンツに指名された[3]。5月11日に5年目のオプションを含む4年契約(3300万ドルのサインボーナスを含む)をジャイアンツと結んだ[5]

ダラス・カウボーイズとのシーズン開幕戦で彼はキャリア2度目のランでボールをファンブル、その試合ではその後起用されなかった[6]。10月7日に行われた第5週のクリーブランド・ブラウンズ戦で40ヤードのTDランをあげた[7]。12月9日のニューオーリンズ・セインツ戦では2TDラン、及びキックオフリターンTDをあげる大活躍を見せた[8]。キックオフリターンで合計227ヤードを獲得する活躍でその週のNFC週間MVPスペシャルチーム部門に選ばれた[9]

2013年、第5週の試合で首を負傷、1ヶ月以上経過しても練習を再開できず[10]、11月7日に故障者リスト入りした[11]。この年5試合の出場で146ヤード、1TD、2ファンブルロストの成績にとどまった[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Joe Frollo (2012年1月6日). “Team USA alum David Wilson to enter NFL Draft”. Team USA. 2012年10月9日閲覧。
  2. ^ David Wilson”. hokiesports.com. 2012年10月9日閲覧。
  3. ^ a b Draft Profile”. nfl.com (2012年). 2012年10月9日閲覧。
  4. ^ コンバイン終了、評価を上げた新人RBたちとは?”. NFL JAPAN (2012年3月3日). 2012年10月9日閲覧。
  5. ^ Dan Benton (2012年5月11日). “New York Giants Sign Rookie RB David Wilson to Four-Year Deal”. Sports Media 101. 2012年10月9日閲覧。
  6. ^ コフリンHC、痛恨ファンブルの新人RBウィルソンに言及”. NFL JAPAN (2012年9月7日). 2012年10月9日閲覧。
  7. ^ ジャイアンツ底力発揮、攻守の連携でブラウンズに快勝”. NFL JAPAN (2012年10月8日). 2012年10月9日閲覧。
  8. ^ ジャイアンツがセインツ撃破、新人RBが3TDの大活躍”. NFL JAPAN (2012年12月10日). 2012年12月17日閲覧。
  9. ^ ベンジャミン、ウィルソンが受賞 週間MVPスペシャルチーム部門”. NFL JAPAN (2012年12月13日). 2012年12月17日閲覧。
  10. ^ ジャイアンツ、首負傷のRBウィルソン復帰めど立たず”. NFL JAPAN (2013年11月5日). 2013年11月14日閲覧。
  11. ^ ジャイアンツRBウィルソンが今季終了、ブラウンは復帰”. NFL JAPAN (2013年11月8日). 2013年11月14日閲覧。
  12. ^ ジャイアンツGM、RBウィルソンのエース待遇確約せず”. NFL JAPAN (2014年1月1日). 2014年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
プリンス・アムカマラ
ニューヨーク・ジャイアンツ
ドラフト1巡指名
2012年
次代:
ジャスティン・ピュー