ブルース・アービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ブルース・アービン American football pictogram.svg
Bruce Irvin
オークランド・レイダーズ No.51
refer to caption
2013年
基本情報
ポジション ディフェンシブエンド
生年月日 (1987-01-11) 1987年1月11日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 255 lb =約115.7kg
経歴
大学 ウェストバージニア大学
NFLドラフト 2012年のNFLドラフト|2012年 / 1巡目全体15位
ドラフト外 2012年
初出場年 2012年
初出場チーム シアトル・シーホークス
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
(2014年終了時点)
タックル 93回
サック 16.5回
ファンブルフォース 3回
インターセプト 3回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ブルース・アービン(Bruce Irvin 1987年1月11日- )はジョージア州アトランタ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLオークランド・レイダーズに所属している。ポジションはディフェンシブエンド

経歴[編集]

ジョージア州ストックブリッジの高校に通ったが、コーチの指導を無視して有望なWRにタックルし、チームを追われた。同高校ではわずか3試合の出場にとどまった。その後ストーンマウンテンの高校に転校したが、高校で再びフットボールをすることができないことを初めて知った彼は、その後退学した[1]。この頃、数週間刑務所にも入っている[2]

バトラーコミュニティカレッジを経て、マウントサンアントニオカレッジに転校、同大学では72タックル、16サック、3ファンブルフォース、1TDをあげた。2010年にウェストバージニア大学に転校、全米2位の14サックをあげて[3]ビッグ・イースト・カンファレンスのセカンドチーム[4]スポーツ・イラストレイテッドからは、オールアメリカンに選ばれた[5]。2011年は、シーズン終盤の5試合で6サックをあげた[6]

2012年のNFLドラフトでは、最も優れたアウトサイドラインバッカー/ディフェンシブエンドの1人と評価された。ドラフトでは1巡15位でシアトル・シーホークスに指名されたが、この指名は批判された[7][8]。これはウェストバージニア大学の選手としては、2005年パックマン・ジョーンズ以来の早い指名であった。5月にその年のドラフト1巡指名選手としては一番早く、4年間934万ドル(534万ドルのサインボーナスを含む)で契約を結んだ[9]。第3週のグリーンベイ・パッカーズ戦では2サックをあげた。第5週のカロライナ・パンサーズ戦でも2サック、1ファンブルロースをあげて、開幕から5試合で4.5サックをあげた[10]。この年彼は8サックをあげた[11]

2013年、5月17日、禁止薬物を使用していたことにより、NFLから開幕より4試合の出場停止処分を受けた[12]。7月、ピート・キャロルヘッドコーチは、アービンをアウトサイドラインバッカーにコンバートする考えを示し[13]、彼はマルコム・スミスとアウトサイドラインバッカーのポジションを争った[14]

2014年、第8週のカロライナ・パンサーズ戦ではキャム・ニュートンを2サックして、13-9の勝利に貢献した[15]。第9週のオークランド・レイダーズ戦ではインターセプトリターンTDをあげた[16]。第17週のセントルイス・ラムズ戦でも49ヤードのインターセプトリターンTDをあげた[17]。この年、37タックル、6.5サック、1ファンブルフォース、2インターセプトをあげた。ディビジョナルプレーオフでもニュートンをサック、チームは31-17で勝利した[18]第49回スーパーボウルではニューイングランド・ペイトリオッツのTEロブ・グロンコウスキーを殴り、退場処分を受け、その後1万ドルの罰金を科された[19]。スーパーボウルで退場となったのは、彼が初めてであった[20]

2015年、5年目の契約オプションがシーホークスから見送られた[21]

人物[編集]

ドラフト指名前には、フットボールIQを不安視された[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Thayer Evans (2011年8月11日). “Former HS dropout now excelling at WVU”. FOXスポーツ. 2013年6月8日閲覧。
  2. ^ 河田剛 (2013年3月19日). “気の緩み?カレッジ選手たちが引き起こす不祥事”. NFL JAPAN. 2013年6月8日閲覧。
  3. ^ FBS (Division I-A) Statistics - 2010”. ESPN. 2013年6月8日閲覧。
  4. ^ BIG EAST Announces 2010 Postseason Football Honors”. ビッグ・イースト・カンファレンス (2010年12月8日). 2013年6月8日閲覧。
  5. ^ SI.com's 2010 All-Americas”. スポーツ・イラストレイテッド (2010年12月14日). 2013年6月8日閲覧。
  6. ^ a b コンバイン前、注目のハイブリッドLBトップ5”. NFL JAPAN (2012年2月21日). 2013年6月8日閲覧。
  7. ^ 意外な1巡指名だったDEアービン、改心を強調”. NFL JAPAN (2012年4月28日). 2013年6月8日閲覧。
  8. ^ Chris Roling (2012年9月24日). “Is Bruce Irvin the NFL's Best Rookie Pass-Rusher?”. bleacherreport.com. 2013年6月8日閲覧。
  9. ^ シーホークス、ドラ1DEアービンと契約合意”. NFL JAPAN (2012年5月8日). 2013年6月8日閲覧。
  10. ^ 15位指名でリーチと言わせないブルース・アービン”. アメフトNewsJapan (2012年10月10日). 2013年6月8日閲覧。
  11. ^ プレーオフ出場チーム紹介 シアトル・シーホークス”. NFL JAPAN (2013年). 2013年6月8日閲覧。
  12. ^ シーホークスのDEアービン、禁止薬物使用で4試合の出場停止”. NFL JAPAN (2013年5月18日). 2013年6月8日閲覧。
  13. ^ シーホークス、昨季のドラ1DEアービンをOLBへコンバート”. NFL JAPAN (2013年7月11日). 2013年8月18日閲覧。
  14. ^ シーホークスのDEブルース・アービン、今季はOLBへ転向”. アメフトNewsJapan (2013年7月10日). 2013年12月25日閲覧。
  15. ^ Danny O'Neill (2014年10月26日). “Bruce Irvin helps Seahawks finish off Panthers”. 710 ESPNシアトル. 2015年10月10日閲覧。
  16. ^ Bruce Irvin pick-six”. シアトル・シーホークス (2014年11月2日). 2015年10月10日閲覧。
  17. ^ Can't-Miss Play: Bruce Irvin Pick Six”. シアトル・シーホークス (2014年12月28日). 2015年10月10日閲覧。
  18. ^ Panthers VS, Seahawks - Box Score - January 10, 2015”. ESPN (2015年1月10日). 2015年10月10日閲覧。
  19. ^ スーパーボウルでの乱闘騒動、4選手に罰金処分”. NFL JAPAN (2015年2月7日). 2015年10月10日閲覧。
  20. ^ Steve Almasy (2015年2月2日). “A questionable decision to pass, a brawl and other key Super Bowl moments”. CNN. 2015年10月10日閲覧。
  21. ^ 契約オプション行使見送られたLBアービン、「シアトルにいたい」”. NFL JAPAN (2015年6月7日). 2015年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ジェームズ・カーペンター
シアトル・シーホークス
ドラフト1巡指名
2012年
次代: