2002年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2002年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2002年9月5日 - 2002年12月30日
プレイオフ
開幕日 2003年1月4日
AFC優勝 オークランド・レイダーズ
NFC優勝 タンパベイ・バッカニアーズ
第37回スーパーボウル
開催日 2003年1月26日
開催都市 カリフォルニア州サンディエゴ
スタジアム クアルコム・スタジアム
チャンピオン タンパベイ・バッカニアーズ
プロボウル
開催日 2003年2月2日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
サラリーキャップ
7,110万1000ドル(約91億円)[1]
NFLシーズン
 < 2001 2003 > 

2002年のNFLは、リーグ拡張でAFCヒューストン・テキサンズが誕生し、シアトル・シーホークスがAFCからNFCに移籍、6地区制から8地区制に移行したシーズンである。2002年9月5日NFL83回目のレギュラーシーズンが開幕し、2003年1月26日カリフォルニア州サンディエゴで開催された第37回スーパーボウルを経て、2月2日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されて終了した。


主なルール変更[編集]

  • ディフェンス選手がボールを保有する選手からボールを掻き出す行為をルールブックが禁じていたが、形骸化していたため削除され、正式に認められるようになった。
  • 選手がパイロンに触れても、サイドラインに触れていなければアウトオブバウンズとは見なされないようになった。
  • プレー後に引き続いて発生した反則はプレー終了地点から罰則が適用されるようになった。
  • キッキングプレーにおけるチョップブロックはすべて反則となり、15ヤードの罰退が課されるようになった。
  • ターンオーバー後、守備にまわったQBに対するヘルメットによるヒットも正当なブロックを除き、禁じられるようになった。
  • オーバータイム、前後半残り2分のみ、キックオフではフィールド上の選手がボールに正当に触れた瞬間からゲームクロックが再開されていたが、すべてのキックオフに適用されるようになった。
  • 前後半残り2分でQBサックされた場合、時計が止まっていたが、QBサック後、ボールが次のプレイスポットに置かれるまで時計が止まらないように変更された。
  • ビジターチームが攻撃権を有する時にホームチームが人工的な音楽や騒音を起こしてはいけないという規定が追加された。

初めての開閉式屋根を持つリライアント・スタジアムができたことで、屋根の開閉に関するルールが定められた。

  • 屋根を開けてゲームを行うか閉じて行うかは、キックオフの 90 分前までに決定する。
  • 屋根を閉じてキックオフした場合、ゲーム中に開けることはできない。
  • 屋根を開けてキックオフした場合、天候の悪化でゲームの続行に支障を来さない限り閉じることはできない。

日程[編集]

6地区制から8地区制に移行するのに伴い、日程の決定方法も改訂された。従来の決定方法では前年度の成績に応じて対戦カードを組んでいたため、チームによっては対戦数が極端に偏っていた[2]。この改訂により、地区単位で毎年ローテーションで対戦を変え、カンファレンス内では3年に1度、カンファレンス外では4年に1度、必ず対戦が行われる制度となった。

レギュラーシーズン[編集]

2002年のレギュラーシーズンは9月5日に開幕し、12月30日に全17週の日程を終了した。

各チームの16試合の対戦相手は上記の経緯で規定されたNFLの規則に基づき、前年度の成績や地区ごとのローテーションで自動的に決定された。なお、新日程初年度の前年シーズンの順位は3地区時代の成績に基づき、4地区に組み直したものを使用し、新創設のテキサンズはAFC南地区の最下位に組み込まれた。

  • 同地区(ホーム&アウェイ、6試合)
  • カンファレンス内他の1地区総当り(4試合)
  • カンファレンス内上記除く他地区の前年同順位(2試合)
  • 他カンファレンスの1地区総当り(4試合)

2002年の地区外との対戦ルールは以下のようである。

   カンファレンス内
AFC東地区 vs. AFC西地区
AFC北地区 vs. AFC南地区
NFC東地区 vs. NFC西地区
NFC北地区 vs. NFC南地区

   カンファレンス外
AFC東地区 vs. NFC北地区
AFC北地区 vs. NFC南地区
AFC南地区 vs. NFC東地区
AFC西地区 vs. NFC西地区

(例)前年王者ペイトリオッツの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 レイダーズ タイタンズ スティーラーズ ペイトリオッツ ラムズ バッカニアーズ ベアーズ イーグルス
2位 ブロンコス コルツ レイブンズ ドルフィンズ 49ERS セインツ パッカーズ レッドスキンズ
3位 チーフス ジャガーズ ブラウンズ ジェッツ シーホークス ファルコンズ バイキングス ジャイアンツ
4位 チャージャーズ テキサンズ ベンガルズ ビルズ カージナルス パンサーズ ライオンズ カウボーイズ

    :1度対戦、    :2度対戦

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(4) ニューヨーク・ジェッツ 9 7 0 .562 359 336
ニューイングランド・ペイトリオッツ 9 7 0 .562 381 346
マイアミ・ドルフィンズ 9 7 0 .562 378 301
バッファロー・ビルズ 8 8 0 .500 379 397
AFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ピッツバーグ・スティーラーズ 10 5 1 .656 390 345
(6) クリーブランド・ブラウンズ 9 7 0 .562 344 320
ボルチモア・レイブンズ 7 9 0 .438 316 354
シンシナティ・ベンガルズ 2 14 0 .125 279 456
AFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) テネシー・タイタンズ 11 5 0 .688 367 324
(5) インディアナポリス・コルツ 10 6 0 .625 349 313
ジャクソンビル・ジャガーズ 6 10 0 .375 328 315
ヒューストン・テキサンズ 4 12 0 .250 213 356
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) オークランド・レイダーズ 11 5 0 .688 450 304
デンバー・ブロンコス 9 7 0 .562 392 344
サンディエゴ・チャージャーズ 8 8 0 .500 333 367
カンザスシティ・チーフス 8 8 0 .500 467 399
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) フィラデルフィア・イーグルス 12 4 0 .750 415 241
(5) ニューヨーク・ジャイアンツ 10 6 0 .625 320 279
ワシントン・レッドスキンズ 7 9 0 .438 307 365
ダラス・カウボーイズ 5 11 0 .312 217 329
NFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) グリーンベイ・パッカーズ 12 4 0 .750 398 328
ミネソタ・バイキングス 6 10 0 .375 390 442
シカゴ・ベアーズ 4 12 0 .250 281 379
デトロイト・ライオンズ 3 13 0 .188 306 451
NFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) タンパベイ・バッカニアーズ 12 4 0 .750 346 196
(6) アトランタ・ファルコンズ 9 6 1 .594 402 314
ニューオーリンズ・セインツ 9 7 0 .562 432 388
カロライナ・パンサーズ 7 9 0 .438 258 302
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(4) サンフランシスコ・49ers 10 6 0 .625 367 351
セントルイス・ラムズ 7 9 0 .438 316 369
シアトル・シーホークス 7 9 0 .438 355 369
アリゾナ・カージナルス 5 11 0 .312 262 417

プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

                                   
1月5日
ハインツ・フィールド
  1月11日
ザ・コロシアム
         
 6  ブラウンズ  33
 3  スティーラーズ  31
 3  スティーラーズ  36     1月19日
ネットワーク・アソシエーション・コロシアム
 2  タイタンズ  34*  
AFC
1月4日
ジャイアンツ・スタジアム
 2  タイタンズ  24
1月12日
ネットワーク・アソシエーション・コロシアム
   1  レイダーズ  41  
 5  コルツ  0 AFC チャンピオンシップ
 4  ジェッツ  10
 4  ジェッツ  41   1月26日
クアルコム・スタジアム
 1  レイダーズ  30  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月5日
キャンドルスティック・パーク
 A1  レイダーズ  21
1月12日
レイモンド・ジェームス・スタジアム
   N2  バッカニアーズ  48
 5  ジャイアンツ  38 第37回スーパーボウル
 4  49ers  6
 4  49ers  39     1月19日
ベテランズ・スタジアム
 2  バッカニアーズ  31  
NFC
1月4日
ランボー・フィールド
 2  バッカニアーズ  27
1月11日
ベテランズ・スタジアム
   1  イーグルス  10  
 6  ファルコンズ  27 NFC チャンピオンシップ
 6  ファルコンズ  6
 3  パッカーズ  7  
 1  イーグルス  20  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • *延長戦決着

新記録[編集]

キャリア記録[編集]

記録 選手名 チーム 記録 達成日 対戦相手 前記録保持者 現役年 記録
最多獲得ヤード ジェリー・ライス レイダーズ 21,284ヤード 9月29日 タイタンズ ウォルター・ペイトン 1975–1987 21,264ヤード
最多ラッシング獲得ヤード エミット・スミス カウボーイズ 18,355ヤード
(2004年、引退時)
10月27日 シーホークス ウォルター・ペイトン 1975–1987 16,726ヤード

シーズン記録[編集]

記録名 選手名 記録 前記録保持者 達成年 前記録
最多パスレシーブ マービン・ハリソン(コルツ) 143 ハーマン・ムーア(ライオンズ) 1995 123
記録名 チーム 記録 前記録保持チーム 達成年 前記録
最少ファンブル チーフス 7 ブラウンズ 1959年 8
最少ファンブルロスト チーフス 2 2チームタイ記録 N/A 3
最多パント オイラーズ 116 ベアーズ 1981 114

ゲーム記録[編集]

記録名 選手名 記録 達成日 対戦相手 前記録保持者 達成日 前記録
QBラッシング最長記録 マイケル・ヴィック(ファルコンズ) 173ヤード 12月1日 バイキングス トビン・ロート 1951年11月18日 150ヤード
記録名 チーム 記録 達成日 前記録保持者 記録
両チーム合計ファーストダウン シーホークス(32)VSチーフス(32) 64 11月24日 2試合タイ記録 62

プレイ記録[編集]

記録名 選手名 記録 達成日 対戦相手 前記録保持者 達成日 前記録
フィールドゴールリターン最長記録 クリス・マカリスター(レイブンズ) 107ヤード 9月30日 ブロンコス アーロン・グレン 1998年11月15日 104ヤード

受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP デクスター・ジャクソン S タンパベイ・バッカニアーズ
MVP リッチ・ギャノン QB オークランド・レイダーズ
最優秀攻撃選手 プリースト・ホームズ RB カンザスシティ・チーフス
最優秀守備選手 デリック・ブルックス LB タンパベイ・バッカニアーズ
最優秀コーチ アンディ・リード HC フィラデルフィア・イーグルス
最優秀新人攻撃選手 クリントン・ポーティス RB デンバー・ブロンコス
最優秀新人守備選手 ジュリアス・ペッパーズ DE カロライナ・パンサーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本円は当時のレートによる
  2. ^ レギュラーシーズンにおいて、レイダーズとスティーラーズが19年間対戦がなく、ブロンコスとドルフィンズは15年間で1度しか対戦が無い時期があった。