ディフェンシブタックル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディフェンシブラインのポジション

ディフェンシブタックル (DT)は、アメリカンフットボールカナディアンフットボールの守備のラインのポジションであり、スクリメージライン上の真ん中にセットする。守備ラインに偶数セットする4-3等のフォーメーションにおいては、「ディフェンシブタックル(DT)」、守備ラインに奇数セットする3-4等のフォーメーションにおいては、中央の選手が「ノーズタックル(NT)」と呼ばれるのが通常である。

パスプレーの時は、クォーターバックへプレッシャーを掛け、ランプレーにおいては中央からの突破を防ぐ役割を負う。長い距離を動くことがほとんど無いポジションであるため、瞬発的なパワーを必要とするポジションである。

役割[編集]

背番号[編集]

ディフェンシブタックルの背番号は80番台を除く50番から99番と規定されている。

脚注[編集]