1925年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1925年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1925年9月20日 - 1925年12月20日
チャンピオン シカゴ・カージナルス(異論あり)
NFLシーズン
« 1924
1926 »

1925年のNFLは、NFLの6年目のシーズンである。前年の18チームから3チームが離脱し、ニューヨーク・ジャイアンツと復活したカントン・ブルドッグスを含む5チームが加わり、全20チームでリーグを行った。

NFLチャンピオン論争[編集]

1925年のチャンピオンには、最高成績を収めたシカゴ・カージナルスが公式に記録されているが、当時の多くのポッツビルのファンはマルーンズが正当なチャンピオンであったと主張した。経緯は以下の様なものである。

ポッツビル・マルーンズがフィラデルフィアでノートルダム大学オールスターズとの試合を企画したことについて、同日同地域で試合を企画していたフランクフォード・イエロージャケッツがフランチャイズ侵害に該当すると主張し、リーグで問題視されるようになった。コミッショナーは試合を開催すれば、マルーンズを処分をすると警告したが、マルーンズは電話で事前に承諾を得たとして試合を強行した。その結果、コミッショナーはマルーンズに罰金を科し、チャンピオンになる権利を含む、あらゆるリーグ特権を剥奪した。そして、マルーンズはフランチャイズをリーグに返上し、リーグから離脱した。マルーンズがシーズン終盤にシカゴ・カージナルスとの直接対決に勝利し、負け数も並んでいた中でこのような事態となったので、多くのポッツビル・マルーンズファンはシカゴ・カージナルスを1925年のチャンピオンとすることを納得せず、真のチャンピオンはポッツビル・マルーンズであると主張した。

2003年にNFLはこの件を再調査することを検討したが、10月の投票でフィラデルフィア・イーグルスとピッツバーグ・スティーラーズ以外の30チームの反対(2対30)で再調査しないことが決定した。

順位表[編集]

チーム 得点 失点 連勝敗
シカゴ・カージナルス 14 11 2 1 .846 230 65 W-2
ポッツビル・マルーンズ 12 10 2 0 .833 270 45 W-5
デトロイト・パンサーズ 12 8 2 2 .800 129 39 W-1
ニューヨーク・ジャイアンツ 12 8 4 0 .667 122 67 W-1
アクロン・プロズ 8 4 2 2 .667 65 51 L-2
フランクフォード・イエロージャケッツ 20 13 7 0 .650 190 169 W-2
シカゴ・ベアーズ 17 9 5 3 .643 158 96 W-3
ロックアイランド・インディペンデンツ 11 5 3 3 .625 99 58 L-1
グリーンベイ・パッカーズ 13 8 5 0 .615 151 110 W-1
プロビデンス・スチームローラー 12 6 5 1 .545 111 101 L-1
カントン・ブルドッグス 8 4 4 0 .500 50 73 L-1
クリーブランド・ブルドッグス 14 5 8 1 .385 75 135 L-1
カンザスシティ・カウボーイズ 8 2 5 1 .286 65 97 W-1
ハモンド・プロズ 5 1 4 0 .200 23 87 L-3
バッファロー・バイソンズ 9 1 6 2 .143 33 113 L-4
ロチェスター・ジェファーソンズ 7 0 6 1 .000 26 111 L-5
デイトン・トライアングルス 8 0 7 1 .000 3 84 L-7
ダルース・ケリーズ 3 0 3 0 .000 6 25 L-3
ミルウォーキー・バジャーズ 6 0 6 0 .000 7 191 L-6
コロンバス・タイガース 9 0 9 0 .000 28 124 L-9

脚注[編集]

[ヘルプ]