第51回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第51回スーパーボウル
Super Bowl LI
NRG stadium prepared for Super Bowl Li (32513086661).jpg
1 2 3 4 OT
NE 0 3 6 19 6 34
ATL 0 21 7 0 0 28
開催日 2017年2月5日
スタジアム NRGスタジアム
開催地 テキサス州ヒューストン
国歌斉唱 ルーク・ブライアン
コイントス ジョージ・H・W・ブッシュ
ハーフタイム レディー・ガガ
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク FOX
実況と解説 ジョー・バック(実況)
トロイ・エイクマン(解説)
CM広告料
(30秒)
502万米ドル
 < 第50回 スーパーボウル 第52回 > 

第51回スーパーボウル(Super Bowl LI)は2017年2月5日にテキサス州ヒューストンNRGスタジアムで開催されたアメリカンフットボールNFL)の試合。2016年シーズンのNFL優勝をかけて、AFC王者ニューイングランド・ペイトリオッツとNFC王者アトランタ・ファルコンズが対戦し、スーパーボウル史上初のオーバータイムでニューイングランド・ペイトリオッツが34-28で勝利した。MVPはトム・ブレイディが獲得した。また、様々なタイ記録を打ち立てた。

背景[編集]

開催地決定まで[編集]

第51回スーパーボウルの開催地はフロリダ州マイアミガーデンズサンライフ・スタジアムテキサス州ヒューストンNRGスタジアムの間で争われたが[1]、フロリダ州議会がサンライフ・スタジアムの改装工事のための予算案を否決したため、NRGスタジアムが選ばれた[2]

ニューイングランド・ペイトリオッツ[編集]

ペイトリオッツはNFL記録となる7年連続で12勝以上をあげた。QBトム・ブレイディを開幕から出場停止で4試合欠き、シーズン途中からはTEロブ・グロンコウスキーを怪我で欠いたにもかかわらず、NFL最高の14勝2敗でレギュラーシーズンを終えた。2敗は第4週のバッファロー・ビルズへの完封負けと、第10週のシアトル・シーホークスへの敗戦のみであった。レギュラーシーズンの総得点はリーグ3位の441点、総失点はリーグ最少の250点であった[3]。ブレイディの出場停止は2014年に起きたデフレートゲート事件英語版によるもので、その間はジミー・ガロポロジャコビー・ブリセットがそれぞれ2試合先発QBを務めた。ブレイディはその後12試合に出場しパス3554ヤード獲得、28TDに対してわずか2INT、QBレイティングはNFL2位の112.2でシーズンを終え、12回目のプロボウルに選ばれた。WRジュリアン・エデルマンがチームトップの98回のレシーブで1106ヤードを獲得、パントリターンでも135ヤードを獲得した。WRクリス・ホーガンが38回のレシーブで680ヤード、マルコム・ミッチェルが32回のレシーブで401ヤードを獲得した。TEグロンコウスキーは背中の怪我で第13週にシーズン絶望となるまで25回のレシーブで540ヤードを獲得した。グロンコウスキーの欠場中は、TEマーテラス・ベネットが55回のレシーブで701ヤードを獲得、チームトップの7TDをあげた。RBルギャレット・ブラウンがチームトップの1168ヤードを獲得、18TDをあげた。パスシチュエーションではRBジェームズ・ホワイトが60回のレシーブで551ヤードを獲得、ランでも166ヤードを獲得した。またRBディオン・ルイスはランで283ヤードを獲得するとともに17回のレシーブで94ヤードを獲得した。

ディフェンスではオールプロOLBジェイミー・コリンズをシーズン途中にクリーブランド・ブラウンズに放出したが、DTトリー・フラワーズがチームトップの7サック、ジャバール・シェアードが5サック、LBドンタ・ハイタワーが65タックル、2.5サックをあげて初のプロボウルに選出された。またLBロブ・ニンコビッチが34タックル、2ファンブルフォース、4サックをあげた。セカンダリーではCBマルコム・バトラーがチームトップの4インターセプト、ローガン・ライアンはチームトップのタックルをあげるとともに2インターセプト、Sデビン・マコーティはチーム2位の83タックル及び1インターセプトをあげて3度目のプロボウルに選ばれた。スペシャルチームのマシュー・スレイターは6年連続でプロボウルに選ばれた。

ペイトリオッツはNFL記録となる9度目のスーパーボウル出場となり、ビル・ベリチックヘッドコーチとブレイディが揃った16年間で7回目の出場を果たした。ペイトリオッツはNRGスタジアム(当時リライアント・スタジアム)で前回開催された第38回スーパーボウルにも出場しており、32-29でカロライナ・パンサーズを破った。チームはこれまで8回のスーパーボウルで4勝4敗の成績を残しており、ベリチックとブレイディのもとでは4勝2敗の成績であった。

ベリチックは7度目の出場となり、これまでドン・シュラと並んでいたタイ記録を更新、NFL記録を塗り替えた。ブレイディの7回目の出場は選手としての出場新記録となった。

アトランタ・ファルコンズ[編集]

ダン・クインヘッドコーチのもとで2シーズン目となったファルコンズは、11勝5敗でレギュラーシーズンを終え、NFCの第2シードを獲得、4シーズンぶりにプレーオフに進出した[4]

オフェンスは前年から大きく改善し、NFLトップの540得点、9年目のQBマット・ライアンは、NFL9位のパス成功数373ながらNFL 2位の4944ヤードを獲得、同じくNFL2位の38TDをあげて、QBレイティングではNFLトップの117.1を記録した。

ライアンのメインターゲットはWRフリオ・ジョーンズで83回のレシーブでNFL2位の1409ヤードを獲得、6TDをあげた。ジョーンズ以外にもライアンはパスを投げ分け、WRモハメド・サヌーが59回のレシーブで653ヤード、WRテイラー・ガブリエルが35回のレシーブで579ヤード、6TDをあげた。RBデボンテ・フリーマンがチームトップの1078ヤードを走り、11TDランをあげるとともに、54回のレシーブで462ヤード、2TDをあげた。RBテビン・コールマンもランで520ヤード、31回のレシーブで421ヤードを獲得し、ラン・パス合わせて11TDをあげた。

スペシャルチームでもエリック・ウィームズが24回のパントリターンで273ヤードを獲得、NFL6位となる平均11.4ヤードをリターンした。プレースキッカーのマット・ブライアントはNFL3位となる91.8%のFGを成功、NFLトップの158得点をあげた。オフェンスラインではセンターのアレックス・マックが4回目のプロボウルに選ばれた。

ディフェンスではDEエイドリアン・クレイボーンが5サック、1ファンブルリカバー、大ベテランで通算122.5サックをあげているドワイト・フリーニーらに率いられたディフェンスラインの後ろにいるNFLトップの15.5サックをあげて初のプロボウルに選ばれたLBビック・ビーズリーは6ファンブルロースもあげた。新人LBディオン・ジョーンズはチームトップの108タックルをあげるとともに3インターセプトを記録した。Sキアヌ・ニールは106タックル、5ファンブルフォース、リカルド・アレンは90タックル、2インターセプトをあげた。ディフェンスはNFL27位の406失点を喫した。

ファルコンズは第33回スーパーボウル以来18年ぶり2度目の出場となった。

プレーオフ[編集]

AFCでは第1シードのペイトリオッツがディビジョナルプレーオフで第4シードのヒューストン・テキサンズを34-16[5]AFCチャンピオンシップゲームで第3シードのピッツバーグ・スティーラーズを36-17で破った[6]

NFCでは第2シードのファルコンズがディビジョナルプレーオフでオフェンスが422ヤードを獲得し、第3シードのシアトル・シーホークスを36-20[7]、NFCチャンピオンシップゲームでは第4シードのグリーンベイ・パッカーズを44-21で破った。この試合がジョージア・ドームで行われるNFL最後の試合となった[8]

エンターテインメント[編集]

試合経過[編集]

第1Qはそれぞれのチームのディフェンスががんばり、お互い2回のパントに終わり、0-0で終えた。このクォーターには、ファルコンズのデボンタ・フリーマンが37ヤードを獲得したランプレーもあったが、得点には結びつかなかった。このプレーが第51回スーパーボウルでのスクリメージラインから最もゲインしたプレーであった。

第2Q、トム・ブレイディが最初のプレーでジュリアン・エデルマンへ27ヤードのパスを通し、敵陣37ヤードまで前進した。しかし続くランプレーでルギャレット・ブラウンからディオン・ジョーンズがボールをかき出し、ロバート・アルフォードが自陣29ヤード地点でファンブルリカバーした。ターンオーバーで攻撃権を得たファルコンズは、マット・ライアンがフリオ・ジョーンズに19ヤード、23ヤードのパスを通した後、フリーマンが3回のランで29ヤード、最後は5ヤードのTDランをあげて、ファルコンズが7-0と先制した。ペイトリオッツは続く攻撃でファーストダウンを獲得できなかった。ファルコンズは、テイラー・ガブリエルへの24ヤードのパス、フリオ・ジョーンズへの18ヤードのパスで前進、第3ダウン残り9ヤードの状況でTEオースティン・フーパーへ19ヤードのTDパスが決まり、14-0とリードを広げた。ブレイディが出場した7回のスーパーボウルで14点差以上リードをつけられたことは初めてとなった。続くドライブでペイトリオッツはファルコンズの3回のホールディングの反則で敵陣23ヤードまで前進したが、第3ダウン残り6ヤードでブレイディが投げたパスをアルフォードがインターセプト、82ヤードをリターンしてTD、21-0となった。ブレイディのポストシーズンでインターセプトリターンTDをあげられたのは初めてであった。また82ヤードのインターセプトリターンTDは、第43回スーパーボウルでのジェームズ・ハリソンの100ヤードのリターンTDに続いてスーパーボウル史上2位の記録となった。前半残り2分20秒で攻撃権を得たペイトリオッツは、マーテラス・ベネットへの15ヤードのパス、ジェームズ・ホワイトへのショートパスから28ヤードを獲得、敵陣20ヤードまで前進、残り2秒でスティーブン・ゴストコウスキーがFGを成功、21-3として前半を終えた。

第3Q開始早々、ペイトリオッツはエデルマンがパントリターンで26ヤードを獲得、自陣47ヤードからの攻撃権を得た。しかしこのチャンスでファーストダウンを獲得できず、自陣15ヤードから攻撃権を得たファルコンズがテイラー・ガブリエルへの17ヤード、35ヤードのパスなどで、敵陣28ヤードまで前進すると、4プレー後にテビン・コールマンへの6ヤードのTDパスで第3Q残り8分31秒の時点で28-3とリードを広げた。続く攻撃でペイトリオッツはブレイディは第4ダウン残り3ヤードからダニー・アメンドーラへの17ヤードのパスやブレイディ自身の15ヤードのランなどで前進したのち、ジェームズ・ホワイトへのTDパスが決まったが、ゴストコウスキーのエクストラポイントはゴールポストの右にはずれて、28-9となった。

続くキックオフでペイトリオッツはオンサイドキックを試みたが、ボールはファルコンズのラロイ・レイノルズがリカバー、ペイトリオッツ側の10ヤードのペナルティもあり、ファルコンズは絶好のフィールドポジションを得た。ライアンからフーパーへの9ヤードのパスでファルコンズは、ペイトリオッツ陣32ヤード地点まで前進したが、ジェイク・マシューズのホールディングの反則で10ヤードを罰退、パス不成功の後、トリー・フラワーズカイル・バン・ノイの2人によるQBサックでファルコンズは第4Q最初のプレーでパントを蹴ることとなった。

マット・ボシャーの42ヤードのパントでペイトリオッツは自陣13ヤード地点から攻撃権を獲得した。ブレイディはマルコム・ミッチェルへの3回のパスで40ヤード、ベネットへの25ヤードのパスで敵陣7ヤードまで前進した。しかし続く3プレーでグレイディ・ジャレットがブレイディを2回サック、ゴストコウスキーの33ヤードのFGで、残り10分を切り、28-12となった。続くファルコンズの攻撃でドンタ・ハイタワーがパスを投げようとしたライアンをサック、アラン・ブランチが敵陣25ヤード地点でボールをリカバーした。ペイトリオッツはこのチャンスにアメンドーラへの6ヤードのTDパス、ジェームズ・ホワイトへのダイレクトスナップからの2ポイントコンバージョンも成功させ、残り5分56秒で28-20と8点差に迫った(ペイトリオッツは第38回スーパーボウルでもケビン・フォークによる似たプレーで2ポイントコンバージョンを成功させている。)。

続く攻撃でファルコンズは、フリーマンへのショートパスで39ヤードを獲得、敵陣49ヤード地点からの第2ダウン残り9ヤードから右サイドライン際のフリオ・ジョーンズにロングパスを投げた。このパスをジョーンズはアクロバティックなキャッチで27ヤードを前進、残り4分40秒でファルコンズは敵陣22ヤード地点でファーストダウンを獲得した。しかし第1ダウンでのフリーマンのランは、デビン・マコーティのタックルで1ヤードのロス、第2ダウンでフラワーズがライアンをサックし、12ヤードを後退、敵陣35ヤードからの第3ダウン残り23ヤードでモハメド・サヌーへの9ヤードのパスが成功したかに見えたが、マシューズのホールディングのペナルティで10ヤードを罰退、FGレンジ外まで戻されたファルコンズはパントに終わった。

ボシャーの36ヤードのパントで残り3分30秒で自陣9ヤード地点からの攻撃権を得たペイトリオッツは、2度のパス失敗の後、クリス・ホーガンへの16ヤードのパスでファーストダウンを獲得、ミッチェルへの11ヤードのパスを成功させた後、危うくアルフォードにインターセプトされそうなパスを投げたが、アルフォードがはじいたパスはダイビングキャッチしたエデルマンの腕の中に納まり、23ヤードのプレーとなった。ファルコンズはこのプレーに対してチャレンジを行ったが、判定は覆らず、ファルコンズは最後のタイムアウトを失った。ブレイディはアメンドーラへの20ヤードのパスで敵陣21ヤードまでボールを前進させると、ホワイトへの2回のパスで20ヤードを獲得、ゴール前1ヤード地点でのファーストダウンを獲得、残り1分でホワイトが1ヤードを走り、アメンドーラへの2ポイントコンバージョンも成功し、28-28の同点となった。タイムアウトなしで自陣深くから攻撃権を得たファルコンズは、FGレンジまでボールを前進させることができずパントに終わった。ペイトリオッツはニーダウンをするフェイクでディオン・ルイスを走らせたが数ヤードを獲得するにとどまり、試合は同点のままオーバータイムに突入した。スーパーボウルがオーバータイムにもつれるのは、初めてのことであり、NFLチャンピオンシップゲームまでさかのぼっても1958年ボルチモア・コルツニューヨーク・ジャイアンツ以来のことであった。

オーバータイムではコイントスに勝ったペイトリオッツがリターンを選択、キックオフはタッチバックとなり、自陣25ヤード地点からの攻撃権を獲得したペイトリオッツは、ホワイトへの6ヤード、アメンドーラへの14ヤード、ホーガンへの18ヤードのパスで前進した後、エデルマンへの15ヤードのパス、ホワイトへのラテラルパスで10ヤードを獲得、敵陣15ヤード地点まで前進した。その後ブレイディからエンドゾーンのベネットを狙ったパスは成功しなかったが、デボンドレ・キャンベルのパスインターフェアランスの反則で敵陣2ヤードまで前進した。第1ダウンでベネットを狙ったパスはビック・ビーズリーが防いだ。第2ダウンでボールを受けたホワイトが右サイドに走ったが、1ヤード地点でファルコンズの守備陣にヒットされたが、ニーダウンする前に、ホワイトは体をエンドゾーンに伸ばしてTDが決まり、34-28でペイトリオッツが勝利した。NFLのポストシーズンで第4Qに17点以上離されたチームが逆転したのは初めてのことであった。1940年以降のポストシーズンの試合で、第3Q終了時点で17点差以上をつけたチームは133勝0敗であった。

スターティングラインアップ[編集]

ペイトリオッツ ポジション ファルコンズ
オフェンス
クリス・ホーガン
Chris Hogan
WR フリオ・ジョーンズ
Julio Jones
ネイト・ソルダー
Nate Solder
LT ジェイク・マシューズ
Jake Matthews
ジョー・サニー
Joe Thuney
LG アンディ・レビツリー
Andy Levitre
デビッド・アンドリュース
David Andrews
C アレックス・マック
Alex Mack
シャック・メイソン
Shaq Mason
RG クリス・チェスター
Chris Chester
マーカス・キャノン
Marcus Cannon
RT ライアン・シュレーダー
Ryan Schraeder
マーテラス・ベネット
Martellus Bennett
TE レビン・トイロロ
Levine Toilolo
ジュリアン・エデルマン
Julian Edelman
WR モハメド・サヌー
Mohamed Sanu
トム・ブレイディ
Tom Brady
QB マット・ライアン
Matt Ryan
マルコム・ミッチェル
Malcolm Mitchell
WR-RB デボンタ・フリーマン
Devonta Freeman
ディオン・ルイス
Dion Lewis
RB-FB パトリック・ディマルコ
Patrick DiMarco
スペシャルチーム
スティーブン・ゴストコウスキー
Stephen Gostkowski
K マット・ブライアント
Matt Bryant
ライアン・アレン
Ryan Allen
P マット・ボシャー
Matt Bosher
ペイトリオッツ ポジション ファルコンズ
ディフェンス
デュロン・ハーモン
Duron Harmon
DB-LDE ドワイト・フリーニー
Dwight Freeney
アラン・ブランチ
Alan Branch
DT ラシード・ヘイグマン
Ra'Shede Hageman
マルコム・ブラウン
Malcom Brown
DT-DB ブライアン・プール
Brian Poole
トリー・フラワーズ
Trey Flowers
RE-DE グレイディ・ジャレット
Grady Jarrett
シェイ・マクレリン
Shea McClellin
LB ビック・ビーズリー
Vic Beasley
ドンタ・ハイタワー
Dont'a Hightower
LB-MLB ディオン・ジョーンズ
Deion Jones
ロブ・ニンコビッチ
Rob Ninkovich
LB デボンドレ・キャンベル
De'Vondre Campbell
ローガン・ライアン
Logan Ryan
RCB-CB ロバート・アルフォード
Robert Alford
マルコム・バトラー
Malcolm Butler
LCB-CB ジェイレン・コリンズ
Jalen Collins
パトリック・チャン
Patrick Chung
SS リカルド・アレン
Ricardo Allen
デビン・マコーティ
Devin McCourty
FS キアヌ・ニール
Keanu Neal
ヘッドコーチ
ビル・ベリチック
Bill Belichick
HC ダン・クイン
Dan Quinn

トーナメント表[編集]

                                   
1月8日
ハインツ・フィールド
  1月15日
アローヘッド・スタジアム
         
 6  ドルフィンズ  12
 3  スティーラーズ  18
 3  スティーラーズ  30     1月22日
ジレット・スタジアム
 2  チーフス  16  
AFC
1月7日
NRGスタジアム
 3  スティーラーズ  17
1月14日
ジレット・スタジアム
   1  ペイトリオッツ  36  
 5  レイダーズ  14 AFC チャンピオンシップ
 4  テキサンズ  16
 4  テキサンズ  27   2月5日
NRGスタジアム
 1  ペイトリオッツ  34  
ワイルドカード・プレイオフ  
ディビジョナル・プレイオフ
1月8日
ランボー・フィールド
 A1  ペイトリオッツ  34*
1月15日
AT&Tスタジアム
   N2  ファルコンズ  28
 5  ジャイアンツ  13 第51回スーパーボウル
 4  パッカーズ  34
 4  パッカーズ  38     1月22日
ジョージアドーム
 1  カウボーイズ  31  
NFC
1月7日
センチュリーリンク・フィールド
 4  パッカーズ  21
1月14日
ジョージア・ドーム
   2  ファルコンズ  44  
 6  ライオンズ  6 NFC チャンピオンシップ
 3  シーホークス  20
 3  シーホークス  26  
 2  ファルコンズ  36  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(ワイルドカードプレイオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレイオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字はシード順。
  • * 延長戦決着

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーボウル開催地候補にヒューストンなど浮上2012年10月17日NFL JAPAN
  2. ^ San Francisco awarded Super Bowl L; Houston lands LI2013年3月21日NFL公式HP(英語)
  3. ^ Boston/New England Patriots Team Encyclopedia -”. Pro-Football-Reference.com. 2017年2月2日閲覧。
  4. ^ Atlanta Falcons Team Encyclopedia - Pro-Football-Reference.com”. 2017年2月3日閲覧。
  5. ^ Texans vs. Patriots 2017 final score: New England overcomes turnovers with big plays that Houston couldn’t match”. SB NATION (2017年1月14日). 2018年1月30日閲覧。
  6. ^ Adam Stites (2017年1月22日). “Steelers vs. Patriots 2017 final score: New England blows out Pittsburgh on the way to yet another Super Bowl”. SB NATION. 2018年1月30日閲覧。
  7. ^ Ryan Wilson (2017年1月14日). “NFL playoffs: Falcons trounce Seahawks to advance to NFC title game”. CBSスポーツ. 2018年1月30日閲覧。
  8. ^ Falcons beat Packers 44-21 to reach Super Bowl”. ロイター (2017年1月23日). 2018年1月30日閲覧。