1989年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1989年のNFL
レギュラーシーズン
日程 1989年9月10日 - 1989年12月25日
プレイオフ
開幕日 1989年12月31日
AFC優勝 デンバー・ブロンコス
NFC優勝 サンフランシスコ・49ers
第24回スーパーボウル
開催日 1990年1月28日
開催都市 ルイジアナ州ニューオーリンズ
スタジアム ルイジアナ・スーパードーム
チャンピオン サンフランシスコ・49ers
プロボウル
開催日 1990年2月4日
開催都市 ハワイ州ホノルル
スタジアム アロハ・スタジアム
NFLシーズン
 < 1988 1990 > 

1989年のNFL1989年9月10日NFL70回目のレギュラーシーズンが開幕し、1990年1月28日ルイジアナ州ニューオーリンズで開催された第24回スーパーボウルを経て、2月4日ハワイ州ホノルルでプロボウルが開催されてシーズンが終了した。

3月にピート・ロゼールコミッショナーが辞意を表明、11月5日にポール・タグリアブーが新コミッショナーに就任した[1]

日本では、このシーズンより、NHKがNFLの中継を開始した。

ルール変更[編集]

  • 後半残り5分以内、前半残り2分以内に反則が発生した場合、今までは審判がボールを置き、シグナルを出した時点でゲームクロックが再開されていたが、スナップ時にゲームクロックが再開されるように変更された。
  • オフェンスチームがシグナルコールを聞き取れない事態を防ぐため、クラウドノイズが大きすぎる場合には守備チームに対してタイムアウト没収や5ヤード罰退などのペナルティが与えられる罰則が規定された[2]
  • レシーバーと守備の選手がボールを共有する状態になった場合、最初にボールを支配した選手に支配権が与えられるというルールが確立した。
  • ハリー・アップ・オフェンスがルールとして認められることが確認され、タイムアウトをコールせず、怪我を偽装することによって攻撃のテンポを遅らせたチームには遅延行為(delay of the game)の罰則が課せられるようになった。

レギュラーシーズン順位表[編集]

  • 背景色が緑のチームはプレイオフ進出チーム
  • 括弧内はプレイオフシード順
AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) バッファロー・ビルズ 9 7 0 .563 409 317
インディアナポリス・コルツ 8 8 0 .500 298 301
マイアミ・ドルフィンズ 8 8 0 .500 331 379
ニューイングランド・ペイトリオッツ 5 11 0 .313 297 391
ニューヨーク・ジェッツ 4 12 0 .250 253 411
AFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) クリーブランド・ブラウンズ 9 6 1 .594 334 254
(4) ヒューストン・オイラーズ 9 7 0 .563 365 412
(5) ピッツバーグ・スティーラーズ 9 7 0 .563 265 326
シンシナティ・ベンガルズ 8 8 0 .500 404 285
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) デンバー・ブロンコス 11 5 0 .688 362 226
カンザスシティ・チーフス 8 7 1 .531 318 286
ロサンゼルス・レイダーズ 8 8 0 .500 315 297
シアトル・シーホークス 7 9 0 .438 241 327
サンディエゴ・チャージャーズ 6 10 0 .375 266 290
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(2) ニューヨーク・ジャイアンツ 12 4 0 .750 348 252
(4) フィラデルフィア・イーグルス 11 5 0 .688 342 274
ワシントン・レッドスキンズ 10 6 0 .625 386 308
フェニックス・カージナルス 5 11 0 .313 258 377
ダラス・カウボーイズ 1 15 0 .063 204 393
NFC中地区
チーム 勝率 得点 失点
(3) ミネソタ・バイキングス 10 6 0 .625 351 275
グリーンベイ・パッカーズ 10 6 0 .625 362 356
デトロイト・ライオンズ 7 9 0 .438 312 364
シカゴ・ベアーズ 6 10 0 .375 358 377
タンパベイ・バッカニアーズ 5 11 0 .313 320 419
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1) サンフランシスコ・49ers 14 2 0 .875 442 253
(5) ロサンゼルス・ラムズ 11 5 0 .688 426 344
ニューオーリンズ・セインツ 9 7 0 .563 386 301
アトランタ・ファルコンズ 3 13 0 .188 279 437


プレイオフ[編集]

トーナメント表[編集]

  • * 同地区のチームが対戦しないように、ディヴィジョナルプレイオフの試合は組まれている。
  • チーム名の左の数字はシード順。
                                   
ディヴィジョナルプレイオフ
    1月7日
ジャイアンツ・スタジアム
       
NFC ワイルドカード NFC チャンピオンシップ
 5  ラムズ (OT)  19
12月31日
ベテランズ・スタジアム
    1月14日
キャンドルスティック・パーク
 2*  ジャイアンツ  13  
 5  ラムズ  21  5  ラムズ  3
1月6日
キャンドルスティック・パーク
 4  イーグルス  7      1  49ers  30   第24回スーパーボウル
 3  バイキングス  13
    1月28日
ルイジアナ・スーパードーム
 1*  49ers  41  
 N1  49ers  55
1月6日
クリーブランド・スタジアム
AFC ワイルドカード AFC チャンピオンシップ    A1  ブロンコス  10
 3  ビルズ  30
12月31日
アストロドーム
    1月14日
マイルハイ・スタジアム
 2  ブラウンズ  34  
 5  スティーラーズ (OT)  26  2  ブラウンズ  21
1月7日
マイルハイ・スタジアム
 4  オイラーズ  23      1  ブロンコス  37  
 5  スティーラーズ  23
   
 1  ブロンコス  24  


受賞者[編集]

受賞者 ポジション チーム
スーパーボウルMVP ジョー・モンタナ QB サンフランシスコ・49ers
MVP ジョー・モンタナ QB サンフランシスコ・49ers
最優秀攻撃選手 ジョー・モンタナ QB サンフランシスコ・49ers
最優秀守備選手 キース・ミラード DT ミネソタ・バイキングス
最優秀コーチ リンディ・インファンテ HC グリーンベイ・パッカーズ
最優秀新人攻撃選手 バリー・サンダース RB デトロイト・ライオンズ
最優秀新人守備選手 デリック・トーマス LB カンザスシティ・チーフス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MNF History: 1989”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  2. ^ カレッジフットボールでは、ホームチームへの声援が同時にビジターチームへの妨害になりうるため、既に規定されている