2019年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年のNFL
レギュラーシーズン
日程 2019年9月5日 - 12月29日
プレイオフ
開幕日 2020年1月4日
AFC優勝 カンザスシティ・チーフス
NFC優勝 サンフランシスコ・49ers
第54回スーパーボウル
開催日 2020年2月2日
開催都市 フロリダ州マイアミガーデンズ
スタジアム ハードロック・スタジアム
チャンピオン カンザスシティ・チーフス
プロボウル
開催日 2020年1月26日
開催都市 フロリダ州オーランド
スタジアム キャンピング・ワールド・スタジアム
サラリーキャップ
1億8,820万ドル(約210億7,000万円)[1]
NFLシーズン
« 2018
2020 »

2019年のNFLは、2019年9月5日NFL100回目のレギュラーシーズンとして開幕し、フロリダ州マイアミガーデンズ第54回スーパーボウルが開催され、カンザスシティ・チーフスがスーパーボウル・チャンピオンに輝いた。

主なルール変更[編集]

2019年3月26日のオーナー会議で以下のルール変更が承認された[2]:

  • ブラインドサイドからのブロックを全面禁止
  • 1年間の実験措置として、チャレンジ及びブースレビューを以下に示すものについても対象にする
    • パスインターフェアランスの是非
    • 得点やターンオーバーを取り消した反則の是非
    • すべてのポイントアフタータッチダウン
  • 攻守交代があった後に両チームが反則した場合、攻撃権が維持されるようになった。ボールの位置はタッチバックの場合、パントが25ヤードライン、キックが25ヤードライン、セーフティーの後の場合は1ヤードライン。

日程[編集]

主な日程
  • ドラフト:4月25-27日までテネシー州ナッシュビルのダウンタウンで開催。
  • ホール・オブ・フェイム・ゲーム:8月1日にブロンコスとファルコンズの対戦でNBCで放送。
  • 開幕戦:今季の開幕はNFL100年のシーズンであるため、リーグ創設2年目からのライバル関係であるパッカーズVSベアーズの試合で9月5日にシカゴで開幕を迎えた。なお、前年王者のペイトリオッツはホームにスティーラーズを迎えて8日に2019年最初のサンデーナイトで開幕した[3]
  • インターナショナルシリーズ
    • ロンドンゲームズ:10月6日にベアーズVSレイダース、同13日にパンサーズVSバッカニアーズ、同27日にベンガルズVSラムズ、11月3日にはテキサンズVSジャガーズの4試合で、前者2試合はウェンブリー・スタジアム、後者2試合はトッテナム・ホットスパースタジアムで行われた(すべての試合で右側のチームがホーム扱いとなる)。
    • メキシコゲーム:11月18日にマンデーナイトでチーフスVSチャージャーズ(ホーム扱い)の試合がアステカスタジアムで開催された。
  • サンクスギビングデー:11月28日にカウボーイズ(ビルズ戦)、ライオンズ(ベアーズ戦)のホームゲームに加えてサンクスギビングナイトとしてセインツVSファルコンズがアトランタで開催された。
  • サタデーゲーム:12月21日に3試合が開催された。(タンパベイでテキサンズVSバッカニアーズ、フォックスボロでビルズVSペイトリオッツ、サンタクララでラムズVS49ers)
  • クリスマスデー: 12月25日は水曜日のため前日のクリスマスイブを含めて試合は開催されなかった。
  • プレーオフ:レギュラーシーズンは12月29日に終了し(サンデーナイトはNFC西地区優勝決定戦となるシアトルの49ers対シーホークス)、2020年1月4日からプレーオフに突入した。カンファレンスチャンピオンシップはAFC(カンザスシティでタイタンズVSチーフス)が1月19日午後3時(ET)にCBSで、NFC(サンタクララでパッカーズVS49ers)が午後6時30分(ET)にFOXで放送された。第54回スーパーボウルは2月3日午後6時30分(ET)より、49ersとチーフスの対戦でフロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムで開催され、全米ではFOXによって生中継された。

対戦カード決定方法[編集]

各チームの16試合の対戦相手はNFLの規則に基づき、前年度の成績や地区ごとのローテーションで自動的に決定される。

  • 同地区(ホーム&アウェイ、6試合)
  • カンファレンス内他の1地区総当り(4試合)
  • カンファレンス内上記除く他地区の前年同順位(2試合)
  • 他カンファレンスの1地区総当り(4試合)

2019年シーズンの地区外との対戦ルールは以下のようである。

   カンファレンス内
AFC北地区 vs. AFC東地区
AFC南地区 vs. AFC西地区
NFC東地区 vs. NFC北地区
NFC南地区 vs. NFC西地区

   カンファレンス外
AFC東地区 vs. NFC東地区
AFC西地区 vs. NFC北地区
AFC北地区 vs. NFC西地区
AFC南地区 vs. NFC南地区

(例)当年王者チーフスの対戦相手
AFC NFC
前年 西地区 南地区 北地区 東地区 西地区 南地区 北地区 東地区
1位 チーフス テキサンズ レイブンズ ペイトリオッツ ラムズ セインツ ベアーズ カウボーイズ
2位 チャージャーズ コルツ スティーラーズ ドルフィンズ シーホークス ファルコンズ バイキングス イーグルス
3位 ブロンコス タイタンズ ブラウンズ ビルズ 49ers パンサーズ パッカーズ レッドスキンズ
4位 レイダース ジャガーズ ベンガルズ ジェッツ カージナルス バッカニアーズ ライオンズ ジャイアンツ

    :1度対戦     :2度対戦

レギュラーシーズン順位表[編集]

AFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(3)ニューイングランド・ペイトリオッツ 12 4 0 .750 420 225
(5)バッファロー・ビルズ 10 6 0 .625 314 259
ニューヨーク・ジェッツ 7 9 0 .438 276 359
マイアミ・ドルフィンズ 5 11 0 .313 306 494
AFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(1)ボルチモア・レイブンズ 14 2 0 .875 531 282
ピッツバーグ・スティーラーズ 8 8 0 .500 289 303
クリーブランド・ブラウンズ 6 10 0 .375 335 393
シンシナティ・ベンガルズ 2 14 0 .125 279 420
AFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(4)ヒューストン・テキサンズ 10 6 0 .625 378 385
(6)テネシー・タイタンズ 9 7 0 .563 402 331
インディアナポリス・コルツ 7 9 0 .438 361 373
ジャクソンビル・ジャガーズ 6 10 0 .375 300 397
AFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(2)カンザスシティ・チーフス 12 4 0 .750 451 308
デンバー・ブロンコス 7 9 0 .438 282 316
ラスベガス・レイダース 7 9 0 .438 313 419
ロサンゼルス・チャージャーズ 5 11 0 .313 337 345
NFC東地区
チーム 勝率 得点 失点
(4)フィラデルフィア・イーグルス 9 7 0 .563 385 354
ダラス・カウボーイズ 8 8 0 .500 434 321
ニューヨーク・ジャイアンツ 4 12 0 .250 341 451
ワシントン・レッドスキンズ 3 13 0 .188 266 435
NFC北地区
チーム 勝率 得点 失点
(3)グリーンベイ・パッカーズ 13 3 0 .813 376 313
(6)ミネソタ・バイキングス 10 6 0 .625 407 303
シカゴ・ベアーズ 8 8 0 .500 280 298
デトロイト・ライオンズ 3 12 1 .219 341 423
NFC南地区
チーム 勝率 得点 失点
(2)ニューオーリンズ・セインツ 13 3 0 .813 458 341
アトランタ・ファルコンズ 7 9 0 .438 381 399
タンパベイ・バッカニアーズ 7 9 0 .438 458 449
カロライナ・パンサーズ 5 11 0 .313 340 470
NFC西地区
チーム 勝率 得点 失点
(1)サンフランシスコ・49ers 13 3 0 .813 479 310
(5)シアトル・シーホークス 11 5 0 .688 405 398
ロサンゼルス・ラムズ 9 7 0 .563 394 364
アリゾナ・カージナルス 5 10 1 .344 361 442


AFC
順位 チーム 地区 勝率 対地区 対AFC 対戦
相手
勝率
勝利
相手
勝率
地区優勝
1 レイブンズ 14 2 0 .875 5-1 10-2 .494 .484
2[注 1] チーフス 西 12 4 0 .750 6-0 9-3 .510 .477
3[注 1] ペイトリオッツ 12 4 0 .750 5-1 8-4 .469 .411
4 テキサンズ 10 6 0 .625 4-2 8-4 .520 .488
ワイルドカード
5 ビルズ 10 6 0 .625 3-3 7-5 .461 .363
6 タイタンズ 9 7 0 .563 3-3 7-5 .488 .465
レギュラーシーズン敗退
7 スティーラーズ 8 8 0 .500 3-3 6-6 .502 .324
8[注 2][注 3] ブロンコス 西 7 9 0 .438 3-3 6-6 .510 .406
9[注 2][注 4][注 5] レイダース 西 7 9 0 .438 3-3 5-7 .482 .335
10[注 3][注 4][注 5] コルツ 7 9 0 .438 3-3 5-7 .492 .500
11[注 3][注 4] ジェッツ 7 9 0 .438 2-4 4-8 .473 .402
12[注 6] ジャガーズ 6 10 0 .375 2-4 6-6 .484 .406
13[注 6] ブラウンズ 6 10 0 .375 3-3 6-6 .533 .479
14[注 7] チャージャーズ 西 5 11 0 .313 0-6 3-9 .514 .488
15[注 7] ドルフィンズ 5 11 0 .313 2-4 4-8 .484 .463
16 ベンガルズ 2 14 0 .125 1-5 2-10 .553 .406
タイブレーク
  1. ^ a b チーフスがペイトリオッツとの直接対決(第14週)で勝利
  2. ^ a b 対カンファレンス勝率でブロンコスがレイダーズを上回るので、ブロンコスの西地区2位が確定し、ブロンコス、コルツ、ジェッツでまず比較
  3. ^ a b c 対カンファレンス勝率でブロンコスが他の2チームを上回るので、8位確定
  4. ^ a b c 確定したブロンコスに替わり、レイダーズと他の2チームを比較。対カンファレンス勝率でジェッツが他の2チームを下回るので、ジェッツの11位が確定
  5. ^ a b レイダーズがコルツとの直接対決(第4週)で勝利
  6. ^ a b 共通の相手(タイタンズ、ベンガルズ、ジェッツ、ブロンコス)との成績でジャガーズが上回る(ジャガーズ:4勝1敗、ブラウンズ:2勝3敗)
  7. ^ a b チャージャーズがドルフィンズとの直接対決(第4週)で勝利
NFC
順位 チーム 地区 勝率 対地区 対NFC 対戦
相手
勝率
勝利
相手
勝率
地区優勝
1[注 1] 49ers 西 13 3 0 .813 5-1 10-2 .504 .466
2[注 1][注 2] パッカーズ 13 3 0 .813 6-0 10-2 .453 .428
3[注 1][注 2] セインツ 13 3 0 .813 5-1 9-3 .486 .459
4 イーグルス 9 7 0 .563 5-1 7-5 .455 .417
ワイルドカード
5 シーホークス 西 11 5 0 .688 3-3 8-4 .531 .463
6 バイキングス 10 6 0 .625 2-4 7-5 .477 .356
レギュラーシーズン敗退
7 ラムズ 西 9 7 0 .563 3-3 7-5 .535 .438
8[注 3] ベアーズ 8 8 0 .500 4-2 7-5 .508 .383
9[注 3] カウボーイズ 8 8 0 .500 5-1 7-5 .479 .316
10[注 4] ファルコンズ 7 9 0 .438 4-2 6-6 .545 .518
11[注 4] バッカニアーズ 7 9 0 .438 2-4 5-7 .500 .384
12 カージナルス 西 5 10 1 .344 1-5 3-8-1 .529 .375
13 パンサーズ 5 11 0 .313 1-5 2-10 .549 .469
14 ジャイアンツ 4 12 0 .250 2-4 3-9 .473 .281
15 ライオンズ 3 12 1 .219 0-6 2-9-1 .506 .375
16 レッドスキンズ 3 13 0 .188 0-6 2-10 .502 .281
タイブレーク
  1. ^ a b c 49ERsが直接対決でパッカーズ(第12週)とセインツ(第14週)に勝利
  2. ^ a b 対カンファレンス勝率でパッカーズがセインツを上回る
  3. ^ a b ベアーズがカウボーイズとの直接対決(第14週)で勝利
  4. ^ a b 対地区勝率でファルコンズがバッカニアーズを上回る

トーナメント表[編集]

                                   
2020年1月5日
リンカーン・フィナンシャル・フィールド
  1月12日
ランボー・フィールド
         
 5  シーホークス  17
 5  シーホークス  23
 4  イーグルス  9     1月19日
リーバイス・スタジアム
 2  パッカーズ  28  
NFC
2020年1月5日
メルセデス・ベンツ・スーパードーム
 2  パッカーズ  20
1月11日
リーバイス・スタジアム
   1  49ers  37  
 6  バイキングス  26* NFC チャンピオンシップ
 6  バイキングス  10
 3  セインツ  20   2月2日
ハードロック・スタジアム
 1  49ers  27  
ワイルドカード・プレーオフ  
ディビジョナル・プレーオフ
2020年1月4日
ジレット・スタジアム
 N1  49ers  20
1月11日
M&Tバンク・スタジアム
   A2  チーフス  31
 6  タイタンズ  20 第54回スーパーボウル
 6  タイタンズ  28
 3  ペイトリオッツ  13     1月19日
アローヘッド・スタジアム
 1  レイブンズ  12  
AFC
2020年1月4日
NRGスタジアム
 6  タイタンズ  24
1月12日
アローヘッド・スタジアム
   2  チーフス  35  
 5  ビルズ  19 AFC チャンピオンシップ
 4  テキサンズ  31
 4  テキサンズ  22*  
 2  チーフス  51  
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレーオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレーオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2019年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着
  • 日付はアメリカ東部時間

受賞[編集]

AP通信MVP ラマー・ジャクソン QB ボルチモア・レイブンズ
AP通信最優秀攻撃選手賞 マイケル・トーマス WR ニューオーリンズ・セインツ
AP通信最優秀守備選手賞 ステフォン・ギルモア CB ニューイングランド・ペイトリオッツ
AP通信最優秀コーチ賞 ジョン・ハーボー英語版 HC ボルチモア・レイブンズ
AP通信最優秀アシスタントコーチ賞 グレッグ・ローマン英語版 OC ボルチモア・レイブンズ
AP通信最優秀新人攻撃選手賞 カイラー・マレー QB アリゾナ・カージナルス
AP通信最優秀新人守備選手賞 ニック・ボサ英語版 DE サンフランシスコ・49ers
AP通信カムバック賞 ライアン・タネヒル QB テネシー・タイタンズ
ペプシ最優秀新人賞 ニック・ボサ DE サンフランシスコ・49ers
ウォルター・ペイトン賞 カライス・キャンベル英語版 DE ジャクソンビル・ジャガーズ
フットボール記者連盟賞 ジョン・リンチ英語版 GM サンフランシスコ・49ers
スーパーボウルMVP パトリック・マホームズ QB カンザスシティ・チーフス

できごと[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本円は当時のレートによる
  2. ^ Approved 2019 Playing Rules”. NFL.com (2019年3月26日). 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ Capaccio, Sal (2019年3月25日). “Packers at Bears to kick off NFL season on Thursday Night”. WGR. 2019年3月25日閲覧。
  4. ^ By the numbers: Jared Goff’s rare (and poor) 500-yard game vs. Bucs”. Rams Wire (2019年9月29日). 2020年4月5日閲覧。
  5. ^ ペイトリオッツ、17季連続10勝以上でNFL記録更新”. サンケイスポーツ (2019年11月25日). 2020年4月5日閲覧。