ラレミー・タンシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg ラレミー・タンシル American football pictogram.svg
Laremy Tunsil
refer to caption
2020年のプロボウルでのタンシル
ヒューストン・テキサンズ #78
ポジション オフェンシブタックル
生年月日 (1994-08-02) 1994年8月2日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ハーベイ英語版
身長: 6 ft 5 in (196 cm)
体重: 313 lb (142 kg)
経歴
高校 コロンビア高校
大学 ミシシッピ大学
NFLドラフト 2016年 / 1巡目全体13位
所属歴
2016 - 2018 マイアミ・ドルフィンズ
2019 - 現在 ヒューストン・テキサンズ
受賞歴・記録
プロボウル選出(3回)
2019, 2020, 2022
その他受賞・記録
PFWAオール・ルーキーチーム
NFL 通算成績
(2022年終了時点)
出場数 87
先発出場数 87
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ラレミー・アレクサンダー・タンシル1994年8月2日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピ州ハービー出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはオフェンシブタックル(OT)。NFLヒューストン・テキサンズに所属している。

カレッジフットボールミシシッピ大学でプレーをした。

大学時代[編集]

1年生[編集]

2013年にミシシッピ大学に入学したのち、1年目から全ての試合に出場した[1]。また、アーカンソー大学に勝利した後、SEC週間最優秀オフェンシブラインマン賞に選ばれた[2]。シーズン終了後には、SECオールフレッシュマン賞を獲得し、スポーティングニュースのオールアメリカンのフレッシュマン第1チームに選ばれた[3][4]

2年生[編集]

2年目の2014年には、上腕二頭筋の断裂のため、1試合を欠場したのみで、それ以外の11試合には全て出場した[5]。その後、ピーチボウルに先発出場したものの、前半に腓骨を骨折した[6]。シーズン終了後には、AP通信によって、オールSECチームに選ばれた[7]

3年生[編集]

3年目シーズンが始まる前の2015年6月に、タンシルはスポーツエージェントから不適切な報酬を受け取ったとして告発された。ミシシッピ大学のヒュー・フリーズコーチは、予防措置として、9月5日のテネシー大学マーティン校との対戦ではタンシルを出場させないことを決めた[8]NCAA側もタンシルに7試合の出場停止を命じた[9]。復帰直後のテキサスA&M大学戦では[10]、8.5サックを記録していたディフェンシブエンドマイルズ・ギャレットとのマッチアップがあり、タンシルはギャレットのサックを0回に抑え込んだ[11]

プロキャリア[編集]

ドラフト前の出来事[編集]

ボウルゲームの直後、タンシルは4年生シーズンはプレーせず、2016年のNFLドラフトにアーリーエントリーすることを表明した[12][13]。ドラフト前のモックドラフトでは全体1位指名も予想された[14][15]NFLスカウティングコンバインでも優れたパフォーマンスを見せて引き続きドラフト全体1位指名の有力候補であった[16]

ドラフトが始まる10分前に、タンシルのTwitterアカウント上に、ガスマスクを着用し、ボンから物質を吸っているタンシル本人の動画が公開された[17][18]。タンシルのエージェントはすぐにアカウントが乗っ取られたことを発表したが、数チームはタンシルの指名を見送り[19]、最終的にマイアミ・ドルフィンズが1巡目全体13位で指名した[18]

プレドラフト測定結果
身長 体重 腕の長さ 手の大きさ 垂直跳び 立ち幅跳び ベンチ
プレス
6 ft 5 in
(196 cm)
310 lb
(141 kg)
34+14 in
(87 cm)
10 in
(25 cm)
28+12 in
(72 cm)
9 ft 3 in
(2.82 m)
34 回
NFLコンバインでの測定値[20]。 Broad, Vertical and Bench from Ole Miss Pro Day.[21]

マイアミ・ドルフィンズ時代[編集]

2016年4月28日、マイアミ・ドルフィンズは2016年のNFLドラフトで13位でタンシルを指名し[22]、同年5月6日に1,240万ドルのルーキー契約を結んだことが発表された[23]

ルーキーイヤーの2016年シーズンには、14試合に出場し、そのうち13試合は左ガードとしてプレーし、リーグ9位のランオフェンスに貢献した。2016年シーズン終了後、ベテラン左タックルのブランデン・アルバートがジャクソンビル・ジャガーズにトレードされたため、2017年シーズンは左タックルにポジションを変更した[24]

ヒューストン・テキサンズ時代[編集]

2019年8月31日、タンシル含む、ケニー・スティルス、4巡目指名権とともにヒューストン・テキサンズにトレードされた[25]。移籍後の2019年は左タックルで14試合を先発出場し、キャリア初のプロボウル入りを果たした[26]

2020年4月24日、タンシルはテキサンズと5,780万ドルの保証額を含む3年6,600万ドルの契約延長にサインし、最も年俸の高いオフェンシブラインとなった[27]2020年シーズンも14試合に先発出場し、2年連続でプロボウル入りを果たした[28]

2021年シーズンは、親指の怪我の為、負傷者リストに入れられていたため、5試合の先発出場に留まった[29]

脚注[編集]

  1. ^ Ole Miss OL Laremy Tunsil makes early impact”. Clarion Ledger (2013年11月11日). 2023年1月25日閲覧。
  2. ^ Ole Miss tackle Laremy Tunsil honored by SEC”. The Mississippi Press (2013年11月11日). 2022年12月4日閲覧。
  3. ^ Hayes (2013年12月13日). “Freshman All-Americans: Jameis Winston, Myles Jack lead the way”. Sporting News. 2022年12月4日閲覧。
  4. ^ Barely in his 20s, Mississippi OT Laremy Tunsil is already a star”. FOX News (2014年8月8日). 2023年1月22日閲覧。
  5. ^ Kellenberger (2014年10月28日). “Rebels return three of its stars to practice”. The Clarion-Ledger. 2022年12月4日閲覧。
  6. ^ Kellenberger (2014年12月31日). “Ole Miss' Laremy Tunsil breaks leg in Peach Bowl” (英語). The Clarion-Ledger. 2022年12月4日閲覧。
  7. ^ 2014 Associated Press All-SEC football team” (英語). AP NEWS (2014年12月8日). 2022年12月4日閲覧。
  8. ^ Kellenberger (2015年9月5日). “Ole Miss benching Laremy Tunsil because of NCAA process”. Clarion Ledger. 2022年12月4日閲覧。
  9. ^ Gray (2015年10月12日). “7-game suspension announced for Tunsil” (英語). Red Cup Rebellion. 2022年12月4日閲覧。
  10. ^ Laremy Tunsil's return to help Rebels vs. Texas A&M”. Clarion-Ledger (2015年10月22日). 2022年12月4日閲覧。
  11. ^ Thompson (2015年10月25日). “BACK IN THE SADDLE: Tunsil's return gives boost to Rebel offense” (英語). The Oxford Eagle. 2022年12月4日閲覧。
  12. ^ Schad (2016年1月4日). “Ole Miss Rebels OT Laremy Tunsil will enter the NFL draft”. ESPN.com. 2022年6月1日閲覧。
  13. ^ Kalland (2016年1月4日). “Ole Miss star LT Laremy Tunsil declares for the 2016 NFL Draft”. CBSSports.com. 2022年6月1日閲覧。
  14. ^ Nate Davis (2016年2月8日). “Mock draft 2.0: First-round outlook after Super Bowl”. USAトゥデイ. 2023年1月25日閲覧。
  15. ^ Chris Burke (2016年2月10日). “2016 NFL Mock Draft: Projecting first two rounds”. スポーツ・イラストレイテッド. 2023年1月25日閲覧。
  16. ^ Column: The Times’ NFL mock draft: Offensive tackle Laremy Tunsil goes first”. ロサンゼルス・タイムズ (2016年3月6日). 2023年1月25日閲覧。
  17. ^ Mather, Victor (2016年4月29日). “Laremy Tunsil Falls in N.F.L. Draft After Apparent Drug Video Surfaces”. New York Times. 2022年12月4日閲覧。
  18. ^ a b Seifert (2016年4月28日). “Laremy Tunsil slides to Dolphins at No. 13 after gas mask tweet”. ESPN.com. 2022年12月4日閲覧。
  19. ^ Hensley (2016年4月30日). “Sources: Video kept Ravens from drafting Laremy Tunsil with No. 6 overall pick”. ESPN.com. 2022年12月4日閲覧。
  20. ^ Laremy Tunsil Draft and Combine Prospect Profile” (英語). NFL.com. 2022年12月4日閲覧。
  21. ^ *Laremy Tunsil - OT - Mississippi - 2016 Draft Scout/NCAA College Football”. draftscout.com. 2022年12月4日閲覧。
  22. ^ Kellenberger (2016年4月28日). “Laremy Tunsil falls to Dolphins after bong video”. Clarion Ledger. 2016年4月28日閲覧。
  23. ^ Tunsil signs $12.45 million, 4-year contract with Dolphins”. AP News (2016年5月6日). 2016年8月21日閲覧。
  24. ^ Daniels (2017年3月9日). “Branden Albert Traded to Jacksonville Jaguars for 2018 NFL Draft Pick” (英語). Bleacher Report. 2022年6月1日閲覧。
  25. ^ Gantt (2019年8月31日). “Dolphins fire sale sends Laremy Tunsil, Kenny Stills to Texans”. ProFootballTalk.NBCSports.com. 2019年8月31日閲覧。
  26. ^ Patra (2019年12月18日). “Fitzpatrick, Tunsil named to Pro Bowl; Fins shut out” (英語). NFL.com. 2022年6月1日閲覧。
  27. ^ Maya (2020年4月24日). “Texans' Laremy Tunsil signs 3-year, $66M extension”. NFL.com. 2022年6月1日閲覧。
  28. ^ Starr (2019年12月17日). “Texans Laremy Tunsil Selected to the 2020 Pro Bowl” (英語). Sports Illustrated. 2022年6月1日閲覧。
  29. ^ Laremy Tunsil 2021 Game Log” (英語). Pro-Football-Reference.com. 2022年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]