ブライアン・ムーアマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ムーアマン

Brian Moorman
バッファロー・ビルズ No. 8

Brian Moorman.JPG
パンター
生年月日:1976年2月5日(38歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カンザス州ウィチタ
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:172 lb =約78kg
NFLデビュー
2001年バッファロー・ビルズ
経歴
大学ピッツバーグ州立大学
ドラフト外(2001年
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
回数     979回
ヤード     42,867ヤード
平均     43.8ヤード
最長     66ヤード
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出2回:(2005年、2006年)
  • オールプロ選出2回:(2005年、2006年)
  • NFL2000年代オールディケイドチーム
  • バッファロー・ビルズ50周年記念チーム

ブライアン・ムーアマン(Brian Moorman 1976年2月5日- )はカンザス州ウィチタ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLバッファロー・ビルズに所属している。ポジションはパンター。NFL2000年代オールディケイドチームに選ばれている[1]

経歴[編集]

高校時代はアメリカンフットボールの他に陸上競技バスケットボールを行った。ハードル走では3回州のチャンピオンになっている。

ピッツバーグ州立大学に進学した彼は大学史上初めて4年連続でオールアメリカンに選ばれた。現在でも彼は大学記録となる平均43.97ヤードの大学記録を残している。2003年には大学の100周年記念チームにも選ばれた。陸上競技ではNCAA選手権(2部校)の400メートルハードルで3年連続優勝、それ以外に8つの大会で優勝している。110メートルハードルで13秒81の大学記録、400メートルハードルで49秒77の大学歴代2位の記録を残した。2009年に大学のスポーツ名誉の殿堂に選ばれている[2]

1999年4月24日にシアトル・シーホークスとドラフト外フリーエージェントで契約したがその年、2000年それぞれ開幕ロースターに残ることはできず、NFLヨーロッパに派遣されベルリン・サンダーで2000年、2001年とプレー、共にリーグのトップの成績を残した[3]

2001年7月20日にフリーエージェントでバッファロー・ビルズと契約、2002年には平均43.1ヤード、12月24日のグリーンベイ・パッカーズ戦では最長84ヤードのパントを蹴った[4]2004年ジャクソンビル・ジャガーズとの開幕戦で80ヤードのパントを蹴っている[5]

2005年2006年にはプロボウルとオールプロにそれぞれ選ばれた。

2006年のプロボウルではフェイクパントを試み、ボールを持った彼はランでファーストダウンを狙ったが残り3ヤードのところでショーン・テイラーに止められた。

2007年7月2日、ビルズと5年間1000万ドルの契約延長を果たした。これはパンターとしては当時シェーン・レックラーに次ぐ史上2位の高額契約であった。

2008年シアトル・シーホークスとの開幕戦でライアン・リンデルのFGと見せかけて、ディフェンシブエンドのライアン・デニーに19ヤードのタッチダウンパスを通した[4][6]

パントを蹴るムーアマン(2009年)

2009年、シーズン開幕前、バッファロー・ビルズ50周年記念チームに選ばれた[4]。この年、自己ベストの平均46.6ヤード、4,192ヤードを蹴った。第7週のカロライナ・パンサーズ戦では8回のパントで平均45.0ヤード、うち4回を敵陣20ヤード以内に蹴りこみAFCスペシャルチーム部門の週間MVPに選ばれた[7]


2012年、第3週終了後の9月25日、ビルズから解雇された[8]。9月26日にクリス・ジョーンズがその週のタンパベイ・バッカニアーズ戦で負傷したダラス・カウボーイズと契約を結んだ[9]鼠径部を痛めたため、10月14日のボルチモア・レイブンズ戦は欠場し、ジョーンズが正パンターに返り咲いたが、10月24日にジョーンズは故障者リスト入りしたため[10]、シーズン終了までパンターを務めた。

2013年4月30日にピッツバーグ・スティーラーズと契約したが[11]、シーズン開幕前に解雇された。10月6日、ショーン・パウエルの代役としてバッファロー・ビルズに復帰した[12]。2014年1月10日、ビルズと1年の契約延長を果たした[13]

基金[編集]

2004年に妻と共にニューヨーク州西部の難病に苦しむ子どものための基金を設立した[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2000年代のオールスター発表、マニングら選出”. NFL JAPAN (2010年2月1日). 2011年9月19日閲覧。
  2. ^ Seven Inductees Selected for PSU Athletics Hall of Fame”. ピッツバーグ州立大学 (2009年6月17日). 2011年9月19日閲覧。
  3. ^ #8 Brian Moorman”. throwback.buffalobills.com. 2011年9月19日閲覧。
  4. ^ a b c Top 50 All-Time Bills, No. 36: P Brian Moorman”. buffalorumblings.com (2009年7月2日). 2011年9月19日閲覧。
  5. ^ JAGUARS NOTEBOOK: Impressive debut for Scobee”. jacksonville.com (2004年9月13日). 2011年9月19日閲覧。
  6. ^ ビルズのジャーロンHCが週間最優秀コーチ”. NFL JAPAN (2008年9月13日). 2011年9月19日閲覧。
  7. ^ スペシャルチームの週間MVPにパントリターンTDのクレイトンら”. NFL JAPAN (2009年10月29日). 2011年9月19日閲覧。
  8. ^ Mark Gaughan (2012年9月25日). “Moorman being released by Bills”. ESPN. 2013年1月4日閲覧。
  9. ^ Source: Brian Moorman to Cowboys”. ESPN (2012年9月26日). 2013年1月4日閲覧。
  10. ^ Source: Punter Chris Jones headed to IR”. ESPN (2012年10月24日). 2013年1月4日閲覧。
  11. ^ Mike Wilkening (2013年4月30日). “Report: Steelers adding punter Brian Moorman”. NBCスポーツ. 2014年1月22日閲覧。
  12. ^ Bills reunite with Brian Moorman”. バッファロー・ビルズ (2013年10月6日). 2014年1月22日閲覧。
  13. ^ Chris Brown (2014年1月10日). “P Brian Moorman signs extension with Bills”. バッファロー・ビルズ. 2014年2月2日閲覧。
  14. ^ OUR MISSION”. Brian Moorman's PUNT Foundation. 2011年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]