レイ・パーキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイ・パーキンス
Walter Ray Perkins
生年月日 (1941-12-06) 1941年12月6日(76歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシシッピ州マウントオリーブ
ポジション ワイドレシーバー
大学 アラバマ大学
NFLドラフト 1966年/第7巡(全体110位)
主な経歴
レギュラーシーズン: 42勝75敗
ポストシーズン:       1勝1敗
キャリアレコード:     43勝76敗
選手成績 Pro Football Reference
選手成績 DatabaseFootball
コーチ成績 Pro Football Reference
コーチ成績 DatabaseFootball
所属チーム(選手)
1967-1971 ボルチモア・コルツ
所属チーム(コーチ/管理職)
1973

1974-1977

1978

1979-1982

1983-1986

1987-1990

1992

1993-1996

1997

1999-2000
ミシシッピ州立大学
(アシスタント)
ニューイングランド・ペイトリオッツ
(アシスタント)
サンディエゴ・チャージャーズ
(オフェンスコーディネーター)
ニューヨーク・ジャイアンツ
(ヘッドコーチ)
アラバマ大学
(ヘッドコーチ)
タンパベイ・バッカニアーズ
(ヘッドコーチ)
アーカンソー州立大学
(ヘッドコーチ)
ニューイングランド・ペイトリオッツ
(オフェンスコーディネーター)
オークランド・レイダーズ
(オフェンスコーディネーター)
クリーブランド・ブラウンズ
(タイトエンド)

レイ・パーキンス(Walter Ray Perkins 1941年12月6日 - )は、ミシシッピ州マウントオリーブ出身の元アメリカンフットボール選手、アメリカンフットボールコーチ。NFLカレッジフットボールそれぞれで選手、コーチ経験がある。

選手歴[編集]

1964年から1966年までアラバマ大学の名将だったベア・ブライアントの下でプロフットボール殿堂入りを果たしたジョー・ネイマスらと共にプレイした。1964年、1965年、1966年とアラバマ大学はサウスイースタン・カンファレンスのチャンピオンとなっただけでなく、1964年、1965年には全米チャンピオンとなった。4年次に彼はチームキャプテンを任されオールアメリカンにも選ばれた。卒業後NFLのボルチモア・コルツ入りし、1970年オークランド・レイダーズとのAFCチャンピオンシップゲームではジョニー・ユナイタスからの68ヤードタッチダウンパスをレシーブする活躍を見せて、チームは第5回スーパーボウルに出場し、スーパーボウルでは優勝を果たしている。

指導者歴[編集]

現役引退後、ニューイングランド・ペイトリオッツのアシスタントコーチ(1974年-1977年)、サンディエゴ・チャージャーズのオフェンスコーディネーター(1978年)を経て1979年から1982年にはニューヨーク・ジャイアンツのヘッドコーチを務めた。この時彼の元にいたアシスタントコーチには後にスーパーボウルを制覇するビル・パーセルズビル・ベリチックや2005年からクリーブランド・ブラウンズのヘッドコーチとなったロメオ・クレネルがいる。

1983年に母校アラバマ大学のヘッドコーチに就任、1985年12月には3年間の契約延長を果たした[1]。1986年シーズン終了後、タンパベイ・バッカニアーズからのヘッドコーチのオファーを受けた彼は母校を後に2回目のNFLヘッドコーチ就任を果たした[2]

1987年から1990年の4年間、彼はタンパベイ・バッカニアーズのヘッドコーチを務めたがその際、アラバマ大学時代の教え子であるマイク・シュラーカート・ジャービスキース・マッカンツらも起用した。1990年シーズンの12月3日に解任され[3]、後任にはリチャード・ウィリアムソンが就任した。ジャイアンツ時代とあわせたNFLヘッドコーチとしての通算成績は42勝75敗であった。

1991年12月、アーカンソー州立大学のヘッドコーチに就任した[4]。1993年から1996年までニューイングランド・ペイトリオッツのオフェンスコーディネーターとしてビル・パーセルの下でアシスタントコーチを務め、1997年にはオークランド・レイダーズのオフェンスコーディネーターに、1999年から[5]2000年にはクリーブランド・ブラウンズタイトエンドコーチを務めた。

引退後[編集]

2012年、旧友で66歳のトム・コフリンについて、あと15年から20年は現役でコーチを続けることができると語った[6]

受賞歴[編集]

  • 1966年サウスイースタンカンファレンス年間最優秀選手
  • 1966年オールアメリカンファーストチーム、ワイドレシーバー部門
  • 1990年アラバマ州スポーツ殿堂入り
  • 2005年シニアボウル殿堂入り

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Names in the News”. ロサンゼルス・タイムズ (1985年12月8日). 2013年5月2日閲覧。
  2. ^ Schnellenberger: No Contact Made”. サン・センティネル (1987年1月2日). 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ Rich Cimini (1990年12月29日). “Testaverde Says Future Brighter Without Perkins”. サン・センティネル. 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ Perkins Takes Arkansas State Coaching Job”. ロサンゼルス・タイムズ (1991年12月29日). 2013年5月2日閲覧。
  5. ^ Browns add Ray Perkins to staff”. スポーツ・イラストレイテッド (1999年2月9日). 2013年5月2日閲覧。
  6. ^ 「コフリンHCはあと20年はできる」、旧友の元HCが太鼓判”. NFL JAPAN (2012年7月5日). 2012年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ジョン・マクベイ
ニューヨーク・ジャイアンツヘッドコーチ
1979–1982
次代:
ビル・パーセルズ
先代:
ベアー・ブライアント
アラバマ大学ヘッドコーチ
1983–1986
次代:
ビル・カリー
先代:
リーマン・ベネット
タンパベイ・バッカニアーズヘッドコーチ
1987–1990
次代:
リチャード・ウィリアムソン
先代:
アル・キンケイド
アーカンソー州立大学ヘッドコーチ
1992
次代:
ジョン・ボボ