レン・ドーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg  レン・ドーソン American football pictogram.svg
Len Dawson
refer to caption
パデュー大学時代のドーソン
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1935-06-20) 1935年6月20日(83歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州アライアンス
身長 6' 0" =約182.9cm
体重 190 lb =約86.2kg
経歴
大学 パデュー大学
NFLドラフト 1957年 / 1巡目全体5位
初出場年 1957年
初出場チーム ピッツバーグ・スティーラーズ
所属歴

受賞歴・記録

  • AFLオールスター選出6回:(1962年、1964年、1966年-1969年)
  • プロボウル選出1回:(1971年)
  • AP通信オールAFLファーストチーム選出2回:(1962年、1966年)
  • AP通信オールAFLセカンドチーム選出2回(1964年、1968年)
  • UPI通信オールAFCセカンドチーム選出1回(1971年)
  • AFLオールスターゲームMVP(1968年)
  • AFLチャンピオン3回:1962年、1966年、1969年
  • スーパーボウル制覇1回:(第4回
  • スーパーボウルMVP1回:第4回
  • NFLマン・オブ・ザ・イヤー(1973年)
  • AFLオールタイムセカンドチーム
  • シーズンMVP(1966年)
  • プロフットボール殿堂
  • カンザスシティ・チーフス永久欠番
NFL 通算成績
TD/INT 239/183
パス獲得ヤード 28,711ヤード
パス成功率 57.1%
QBレイティング 82.6
ラン獲得ヤード 1,293ヤード
TDラン 9回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

レン・ドーソン(Len Dawson、1935年6月20日 - )は、オハイオ州アライアンス出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック。背番号16はチーフスの永久欠番カンザスシティ・チーフスを1962年、1966年、1969年と3回AFLチャンピオンに導き、第4回スーパーボウルではMVPに選ばれた[1]

経歴[編集]

大学に進学する際、オハイオ州立大学とパデュー大学からリクルーティングを受けたが、ウッディ・ヘイズオハイオ州立大学ヘッドコーチのスプリットTオフェンスではなく、ハンク・ストラムアシスタントコーチのいるパデュー大学を選んだ。大学では3シーズンに渡りビッグ・テン・カンファレンストップとなる3,000ヤード以上を投げた。ディフェンスやキッカーとしてもプレーした。

1957年のNFLドラフト1巡全体5位でピッツバーグ・スティーラーズに指名された。彼は目立った活躍をすることはできず、チームは後に殿堂入りするボビー・レーンを獲得した。1959年12月31日、クリーブランド・ブラウンズにトレードされた。

ブラウンズではミルト・プラムと先発QBの座を争ったが、1961年シーズン終了後、解雇された[2]。2チームでの5シーズンでわずか21回のパス成功、204ヤード獲得、2TDパス成功にとどまった。

1962年6月30日、AFLダラス・テキサンズ(後にカンザスシティ・チーフス)と契約を結んだ。この年TDパスとパス試投1回あたりの獲得ヤードでAFLトップの成績を残し、AFLのMVPに選ばれた。2年連続AFLチャンピオンとなっているヒューストン・オイラーズにダブルオーバータイムの末、20-17で勝利したAFLチャンピオンシップゲームではハーフバックのアブナー・ヘインズに28ヤードのTDパスを決めている。ダブルオーバータイムの決勝FGで彼はホルダーを務めた[3]

1963年にチームはカンザスシティに移転してチーフスと名称を変えた。

機動性のある彼は、ストラムのムービングポケットオフェンスで活躍、AFLのパスタイトルを4回獲得、リーグのオールスターに6回選ばれた[1]。10年で幕を閉じたAFLで歴代最高のQBレイティングを残している。1962年から1969年まで彼は182TDパスをあげたが、これは同期間のAFL、NFLのQB中最多であった。

1966年、チームは11勝2敗1分で、AFLチャンピオンシップゲームでバッファロー・ビルズを31-7で破り、AFLチャンピオンとNFLチャンピオン同士の試合となる、第1回スーパーボウル出場を果たした。この試合でチーフスは10-35でグリーンベイ・パッカーズに敗れたが、ドーソンはパス27回中16回成功、210ヤード、1TD、1INTとまずまずの成績を残した。

1962年から7シーズン連続でパス2000ヤード以上を獲得した彼は、1969年第2週にひざを負傷した。当初はシーズン絶望も心配されるような状況であった。2年目の控えQBマイク・リビングストンが代役として6試合で先発出場、プレーオフでドーソンは先発QBに復帰し、ディフェンディングチャンピオンのニューヨーク・ジェッツ、AFLチャンピオンシップゲームでオークランド・レイダーズをロードゲームで破り、第4回スーパーボウル出場を果たした。前年の第3回スーパーボウルで圧倒的不利と予想されていたAFLのニューヨーク・ジェッツがNFLのボルチモア・コルツを破る番狂わせを演じたものの、戦前の予想はNFL代表のミネソタ・バイキングスが有利であった。この試合でドーソンはショートパスを多用するゲームプランでパープル・ピープル・イーターズと呼ばれたバイキングスの強力ディフェンスを攻略、第2Qまでに16-0とリード[2]オーティス・テイラーへの46ヤードのパスなど、パス17回中12回成功、142ヤード、1TD、1INTの成績をあげて、チームは23-7で勝利、彼はMVPに選ばれた。チーフスのこの勝利でAFLとNFLの統合を前にした対戦成績は2勝2敗のタイとなった[1]。チームがスーパーボウルの開催地、ニューオーリンズに到着後の1970年1月6日に、ドナルド・ドーソン(レン・ドーソンとは無関係)という人物が賭博容疑で逮捕され、彼に対するスポーツ賭博疑惑が突如起きたがこれを否定[4]スチュアート・サイミントン上院議員もその疑惑を根も葉もないものと否定した。

1970年にAFLとNFLが統合した後、彼はオールタイムAFLのセカンドチームに選ばれた。この年の11月1日、オークランド・レイダーズ戦では17-14とリードした第4Qにベン・デビッドソンにヘルメットからヒットされ、グラウンドに横たわった。このプレーにチーフスのWRオーティス・テイラーは激怒してデビッドソンにつかみかかった。ベンチが空になる乱闘が行われた後、反則は相殺され、チーフスはパントを蹴ることとなり、残り8秒にジョージ・ブランダが同点となるFGを成功させた。この試合はレイダーズが勝利し、8勝4敗2分でAFC西地区で優勝、チーフスは7勝5敗2分でプレーオフを逃した[5]

1971年にはプロボウルに選出された[1]

1975年にパス3741回中2136回成功、28,711ヤード、239TD、181INT、QBレイティング82.6、ランでも1,293ヤード、9TDの成績を残して現役を引退した[1]

1966年の現役時代からKMBC-TVのスポーツディレクターを務めている[6]

1977年から2001年までケーブルテレビ局HBOのインサイド・ザ・NFLのホストを務めた。また1977年から1982年までNBCAFCのアナリストを務めている[7]

1985年からはチーフスラジオネットワークで解説者を務めている。

1987年にプロフットボール殿堂入りを果たした[1]

2006年にNFLネットワークのドキュメンタリー、アメリカズゲーム 〜スーパーボウルチャンピオンズ〜で1969年のチーフスについてのインタビューを受けた。

第14回スーパーボウルではヴィンス・ロンバルディ・トロフィーのプレゼンターを務めた[8]第44回スーパーボウルでもパデュー大学の後輩となるニューオーリンズ・セインツのQBドリュー・ブリーズへのヴィンス・ロンバルディ・トロフィーのプレゼンターとなった。

2012年、長年のラジオ解説の功績から、ピート・ロゼール・ラジオテレビ・アウォードを受賞した[7]

人物[編集]

1953年に結婚したが、1978年に妻に先立たれた[9]。その後再婚している。1991年に前立腺がんと診断された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f BIOGRAPHY”. プロフットボール殿堂. 2014年1月27日閲覧。
  2. ^ a b Joe Belock (2013年12月20日). “Super Bowl IV: Len Dawson gets revenge leading Kansas City Chiefs to 23-7 victory over Minnesota Vikings”. デイリーニューズ_(ニューヨーク). 2014年1月27日閲覧。
  3. ^ John Eisenberg (2012年12月15日). “A Football Interloper’s First Gust of Success”. ニューヨーク・タイムズ. 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ Super Bowl 4: The Survival of Len Dawson”. スポーティングニュース (2008年1月15日). 2014年1月27日閲覧。
  5. ^ Former Raider Ben Davidson dies”. ESPN (2012年7月3日). 2014年1月27日閲覧。
  6. ^ Len Dawson”. KMBC-TV (2011年9月17日). 2014年1月27日閲覧。
  7. ^ a b Len Dawson named Rozelle Award Winner”. プロフットボール殿堂 (2012年6月28日). 2014年1月27日閲覧。
  8. ^ Filmography”. IMDB. 2014年1月27日閲覧。
  9. ^ Len Dawson's wife dies”. Lwanrence Journal-World (1978年12月7日). 2014年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]