コンテンツにスキップ

バイロン・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイロン・ホワイト
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
任期
1962年4月12日 – 1993年6月28日
ノミネート者ジョン・F・ケネディ
前任者チャールズ・ウィテカー英語版
後任者ルース・ベイダー・ギンズバーグ
第6代アメリカ合衆国司法長官代行英語版
任期
1961年1月20日 – 1962年4月16日
大統領ジョン・F・ケネディ
前任者ローレンス・ウォルシュ英語版
後任者ニコラス・カッツェンバック
個人情報
生誕バイロン・レイモンド・ホワイト
(1917-06-08) 1917年6月8日
コロラド州フォートコリンズ
死没 (2002-04-15) 2002年4月15日(84歳没)
コロラド州デンバー
政党民主党
配偶者
マリオン・スターンズ (m. 1946)
子供2人
教育コロラド大学ボルダー校 (教養学士)
オックスフォード大学ハートフォード・カレッジ
イェール大学 (法学士)
兵役経験
所属国アメリカ合衆国の旗 アメリカ
部隊ミリタリー・インテリジェンス
戦闘第二次世界大戦
受賞 ブロンズスターメダル

バイロン・レイモンド・"ウィーザー"・ホワイト(Byron Raymond "Whizzer" White、1917年6月8日 – 2002年4月15日)は、1962年から1993年の間に、アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事を務めたアメリカ合衆国の法律家、プロフットボーラー[1][2]

経歴

[編集]

1937年12月に開かれたNFLドラフトの1巡全体4位でピッツバーグ・パイレーツに指名された。

1938年、新人の彼はリーグのリーディングラッシャーとなった。

1939年にイングランドに渡ったが、第二次世界大戦の勃発により、アメリカに帰国した。同年末にイェール・ロー・スクールに入学した。

1940年にはデトロイト・ライオンズに所属し、またもNFLのリーディングラッシャーとなった。3シーズンで33試合に出場した彼は、当時としては破格の1500ドル(2018年の27万ドルと同等)を受け取っており、彼はそのお金をロースクールの学費に費やした。

第二次大戦中は、アメリカ海兵隊を志望していたが、色覚異常のため、アメリカ海軍ミリタリー・インテリジェンスを務めた。ジョン・F・ケネディPTボートが沈没した件のレポートを書いている。

大戦終了後、イェール・ロースクールに復帰、1946年に卒業した。

フレデリック・ヴィンソンの助手を務めた後、コロラド州に戻った。

1960年アメリカ合衆国大統領選挙ではコロラド州でケネディの当選に向けて活動した。

ケネディ大統領時代、ロバート・ケネディの下で、アメリカ合衆国司法省次官を務めた。

ホワイトはコーカー対ジョージア州事件などで多数意見を書き、ミランダ対アリゾナ州事件ロー対ウェイド事件などの著名な事件で少数意見を書いた。

参考文献

[編集]
  1. ^ Members of the Supreme Court of the United States”. Supreme Court of the United States. 2019年6月29日閲覧。
  2. ^ Hutchinson, Dennis J. (1993年). “The Man Who Once was Whizzer White”. Chicago Unbound. University of Chicago Law School 103: p. 43 

外部リンク

[編集]
司法職
先代
チャールズ・ウィテカー英語版
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
1962年–1993年
次代
ルース・ベイダー・ギンズバーグ