ヘンリー・ブロックホルスト・リビングストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Henry Brockholst Livingston
Henry Brockholst Livingston.jpg
合衆国最高裁判所判事
任期
1807年 – 1823年
ノミネート者 トーマス・ジェファーソン
前任者 ウィリアム・パターソン
後任者 スミス・トンプソン
個人情報
宗教 長老派教会

ヘンリー・ブロックホルスト・リビングストン(Henry Brockholst Livingston、1757年11月25日 - 1823年3月18日)は、アメリカ合衆国軍人、法律家。

スザンナ・フレンチとウィリアム・リビングストン[1]の息子としてニューヨークで生まれ、1774年、ニュージャージー大学(現プリンストン大学)で文学士を取得した。リバティホール(現キーン大学)を相続し、1798年までそれを保持していた。アメリカ独立戦争では、New York Line中佐として、1775年から1777年までフィリップ・スカイラー将軍の幕僚、サラトガの戦いではベネディクト・アーノルド少将の副官を務めた。後にジョン・ジェイの私設秘書も務めた。1782年に短期間ながらニューヨークでイギリス軍によって投獄された。戦後の1783年、法律研究のため、弁護士事務所に入り、1783年から1802年にかけて、ニューヨークで個人開業していた。

1802年から1807年まで、ニューヨーク州高位裁判所裁判官を務め、 Pierson v. Post Legal citation  (1805)の有名な反対意見を執筆した。1806年11月10日、 トーマス・ジェファーソンから休会任命を利用し、ウィリアム・パターソンの死により空席のアメリカ合衆国最高裁判所陪席判事に任じられた。1806年12月15日に正式指名され、1806年12月17日にアメリカ合衆国上院の承認を得た。最高裁には、1807年1月16日から1823年に亡くなるまで務めた。在職中、投票や意見は、殆どアメリカ合衆国最高裁判所長官ジョン・マーシャルに従った。当時の慣例で、ニューヨーク州巡回裁判所判事も兼ねた。

ワシントンD.C.で死亡し、ニューヨーク州ブルックリン区グリーンウッド墓地に埋葬された。[2]

参考文献[編集]

関連文献[編集]