クラレンス・トーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラレンス・トーマス
Clarence Thomas
生年月日 (1948-06-23) 1948年6月23日(69歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国·ジョージア州ピンポイント市
出身校 イェール大学
署名 Clarence Thomas' signature.svg
宗教 キリスト教カトリック教会

任期 1991年10月23日 -
任命者 ジョージ・H・W・ブッシュ
前任者 サーグッド・マーシャル
テンプレートを表示

クラレンス・トーマス(Clarence Thomas、1948年6月23日 - )は合衆国最高裁判所の陪席判事であり、1991年10月23日に就任した[1]。最高裁判所でのトーマスは、アフリカ系の祖先を持つ判事としては2人目であり、保守的な判断傾向を持っている[2][3][4]。トーマスの判決は、権利章典 (アメリカ)の修正第2条と修正第10条を重視しているため、銃規制には消極的な傾向がある。

1991年6月にサーグッド・マーシャル判事が退官を発表したことに伴い、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領が後任として当時43歳のトーマスを同職に指名した。しかし、トーマスの指名に際して、トーマスの元部下で弁護士でもあったアニータ・ヒルという女性がトーマスからセクシャルハラスメントを受けたと訴え出た[5]。その結果、この人事案の採決は歴史的な僅差で決まることになったが、最終的には1991年10月のアメリカ合衆国上院の本会議において52対48の採決で承認を受け、トーマスは宣誓を経て就任した[6][7][8]

法廷内でほとんど話さないことで知られる[9]

脚注[編集]