ブレット・カバノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレット・カバノー
Brett Kavanaugh
Official portrait of Supreme Court Justice Brett Kavanaugh
2018年の公式ポートレイト
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
就任
2018年10月6日
ノミネート者ドナルド・トランプ
前任者アンソニー・ケネディ
コロンビア特別区巡回区控訴裁判所英語版判事
任期
2006年5月30日 – 2018年10月6日
ノミネート者ジョージ・W・ブッシュ
前任者ローレンス・シルバーマン英語版
後任者ネオミ・ラオ英語版
ホワイトハウス事務局長英語版
任期
2003年6月6日 – 2006年5月30日
大統領ジョージ・W・ブッシュ
前任者ハリエット・ミアーズ英語版
後任者ラウル・ヤネス
個人情報
生誕Brett Michael Kavanaugh
(1965-02-12) 1965年2月12日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントンD.C.
政党共和党[1]
配偶者
子供2人
教育イェール大学 (BAJD)
署名

ブレット・カバノー: Brett Kavanaugh1965年2月12日 - )とは、アメリカ合衆国法律家裁判官2018年7月9日ドナルド・トランプ大統領から連邦最高裁判所陪席判事に指名された。保守派として知られ、アイルランド系で、宗教はカトリック[2]

経歴[編集]

イェール大学ロースクールを卒業後、ジョージ・H・W・ブッシュ政権下でアンソニー・ケネディ最高裁判事の助手を務める。その後、ケネス・スター独立検察官の助手としてビル・クリントン大統領の不倫疑惑を調査。2006年ジョージ・W・ブッシュ大統領から連邦控訴裁判所判事に指名され、首都ワシントンで活動してきた。2018年6月、アンソニー・ケネディ最高裁判事が引退を発表すると、ドナルド・トランプ大統領は後任候補6人を直接面接し、2018年7月9日、ブレット・カバノーを指名[3][4]。しかしその後、カバノーに高校生時代の性的暴行疑惑が持ち上がり野党・民主党が追及。就任に過半数の賛成が必要な上院では与野党の議席数が拮抗していたため承認が危ぶまれる事態となり、調査のため採決を1週間遅らせることを余儀なくされたが、10月7日に「賛成50、反対48」の賛成多数で承認され就任した[5]

脚注[編集]

  1. ^ Confirmation Hearing on the Nomination of Brett Kavanaugh to be Circuit Judge for The District of Columbia Circuit. U.S. Government Printing Office Washington : 2006. (2006). ISBN 978-0-16-076615-2. オリジナルのFebruary 14, 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210214231429/https://books.google.com/books?id=eOg3AAAAIAAJ&q=Brett+Kavanaugh+%22registered+republican%22&pg=PA33 2022年2月27日閲覧。 
  2. ^ “トランプ米大統領が新最高裁判事にブレット・カバノー氏を指名 「保守傾向の高まり」に懸念の声”. (2018年7月10日). https://www.christiantoday.co.jp/articles/25783/20180710/trump-nominated-brett-kavanaugh-associate-justice-scus.htm 2020年8月12日閲覧。 
  3. ^ トランプ米大統領、最高裁判事にカバノー氏指名”. CNN (2018年7月10日). 2018年7月15日閲覧。
  4. ^ 米最高裁判事に保守派カバノー氏 トランプ氏自ら面接”. 朝日新聞デジタル (2018年7月10日). 2018年7月15日閲覧。
  5. ^ “ブレット・カバノー氏、最高裁判事に就任 上院が承認”. CNN.co.jp. CNN. (2018年10月7日). https://www.cnn.co.jp/usa/35126660.html 2018年10月7日閲覧。 

関連項目[編集]