ジョン・マクレーン (郵政長官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・マクレーン

ジョン・マクレーン(John McLean, 1785年3月11日 - 1861年4月4日)は、アメリカ合衆国裁判官政治家。合衆国下院議員、合衆国郵政長官、そしてオハイオ州と合衆国の最高裁判所で陪席裁判官を務めた。

生い立ちと家族[編集]

1785年3月11日、マクレーンはニュージャージー州モリス郡において、ファーガス・マクレーン (Fergus McLean, 1746-1837) とソフィア・ブラックフォード (Sophia Brackford, 1753-1845) の息子として誕生した。マクレーンは家族とともに辺境の街を次々と移り住んだ。1789年バージニア州(現ウェストバージニア州モーガンタウン1790年ケンタッキー州ニコラスヴィル1793年にケンタッキー州メイスヴィル、そして1797年オハイオ州リッジヴィルに定住した。

マクレーンは公立学校と家庭教師によって基礎教育を受けた。その後マクレーンは法律を勉強し、1807年に弁護士として認可を受けた。同年、マクレーンはオハイオ州レバノンにおいて週刊誌『西方之星』を創刊した。

初期の政治活動[編集]

マクレーンは1812年にオハイオ州から合衆国下院議員として選出され、翌1813年3月4日に着任した。マクレーンは1816年に下院議員を辞任し、同年2月17日にオハイオ州最高裁判所の陪席裁判官となった。

連邦政府での政治[編集]

1822年、マクレーンはオハイオ州最高裁判所陪席裁判官を辞任し、ジェームズ・モンロー大統領の指名により公有地管理局長官となった。その後1823年、モンロー大統領はマクレーンを郵政長官に任命した。マクレーンは続くジョン・クィンシー・アダムズ政権でも郵政長官を任され、アダムズ大統領の任期満了となる1829年3月まで郵政長官を務めた。マクレーンは新たな西部諸州に多数の郵便局を設置した。

マクレーンは1828年の大統領選挙においてアンドリュー・ジャクソンを支持した。ジャクソンは選挙で勝利すると、マクレーンに陸軍長官海軍長官のポストを提示した。だがマクレーンはそのいずれも断り、代わりに合衆国最高裁判所の陪席裁判官として任命を受けた。

合衆国最高裁判所[編集]

マクレーンは「最高裁の政治家」として知られるようになった。マクレーンは民主共和党国民共和党反メイソン党ホイッグ党自由土地党、そして共和党と、所属を次々と変えた。マクレーンは政界諸派すべての政党と提携した。1841年に大統領となったジョン・タイラーはマクレーンに陸軍長官の地位を打診したが、マクレーンはこれを断った。マクレーンは猛烈な反奴隷主義者であったが、創設間もない共和党において1856年の大統領選挙に向けての候補者の1人として挙げられた。最終的にはジョン・フリーモントが指名を獲得したが、マクレーンは続く1860年の大統領選挙でも候補者の1人として挙げられた。

晩年[編集]

1861年4月4日、マクレーンはオハイオ州シンシナティで死去した。マクレーンの遺体はシンシナティ市内のスプリング・グローヴ墓地に埋葬された。

参考文献[編集]

  • Thomas E. Carney. "The Political Judge: Justice John McLean's Pursuit of the Presidency. Ohio History. v. 111. Summer/Autumn 2002. 121+ [1]
  • Francis Phelphs Weisenberger. The Life of John McLean, A Politician On the United States Supreme Court. Columbus, Ohio: The Ohio State University Press, 1937

外部リンク[編集]

公職
先代:
リターン・ジョナサン・メグズ
アメリカ合衆国郵政長官
1823年6月26日 - 1829年3月4日
次代:
ウィリアム・テイラー・バリー
先代:
ロバート・トリンブル
アメリカ合衆国最高裁判所陪席裁判官
1830年1月11日 - 1862年4月4日
次代:
ノア・ヘインズ・スウェイン