コンテンツにスキップ

ケタンジ・ブラウン・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケタンジ・ブラウン・ジャクソン
Ketanji Brown Jackson
Photograph of circuit judge Ketanji Brown Jackson
(2022年)
アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事
就任
2022年6月30日
任命者ジョー・バイデン
前任者スティーブン・ブライヤー
コロンビア特別区連邦控訴裁判所判事
任期
2021年6月17日 – 2022年6月30
任命者ジョー・バイデン
前任者メリック・ガーランド
コロンビア特別区合衆国地方裁判所判事
任期
2013年3月26日 – 2021年6月17日
任命者バラク・オバマ
前任者ヘンリー・H・ケネディJr.
後任者フローレンス・Y・パン
合衆国量刑委員会副議長
任期
2010年2月12日 – 2014年12月
任命者バラク・オバマ
前任者マイケル・E・ホロウィッツ
後任者チャールズ・ブレイヤー
個人情報
生誕Ketanji Onyika Brown
(1970-09-14) 1970年9月14日(53歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
配偶者パトリック・ジャクソン (1996年 - )
子供2人
教育ハーバード大学 (BA, JD)
署名Cursive signature in ink

ケタンジ・ブラウン・ジャクソン(Ketanji Brown Jackson [kəˈtɑːndʒi]1970年9月14日 - )は、アメリカ合衆国法律家。2022年4月7日、同国で黒人女性初の最高裁判事[1]

来歴

[編集]

ワシントンD.C.に生まれフロリダ州マイアミで育つ。ハーバード大学を優秀な成績で卒業(magna cum laude)。1992-1993年にTIME誌に勤め、その後、ハーバード大学ロースクールを優秀な成績で修了(cum laude[2]。2022年現在、ワシントンD.Cの連邦控訴裁判所の判事を務める[3]。2022年2月25日、ジョー・バイデン大統領は退任予定のスティーブン・ブライヤー連邦最高裁判所判事の後任としてジャクソンを指名し、3月21日より上院司法委員会で行われた公聴会では共和党議員より左派的な政治思層を持っているという懸念や特定の犯罪に甘いのではという指摘を受けた[4]。4月7日に上院本会議にて人事案が賛成53、反対47票で承認され、初の黒人女性最高裁判事に就任することとなった[1]。バイデンは大統領期間中に黒人女性を最高裁判事に指名することを公約しており、それが果たされる結果となった[5]

脚注

[編集]