アントニン・スカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アントニン・スカリア
Antonin Scalia
生年月日 1936年3月11日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州トレントン
没年月日 2016年2月12日/2月13日
出身校 ジョージタウン大学ハーバード・ロー・スクール
宗教 キリスト教

任期 1986年9月26日 - 2016年2月12日/2月13日
任命者 ロナルド・レーガン
テンプレートを表示

アントニン・スカリア(Antonin Gregory Scalia、1936年3月11日 - 2016年2月12日/2月13日)は、アメリカ合衆国の判事。ロナルド・レーガン合衆国最高裁判所の陪席判事として任命し、1986年から死去する2016年まで務めた[1]イタリア系アメリカ人として初めて合衆国最高裁判所の判事に就任したことでも有名である。学位はジョージタウン大学でのB.A. in History summa cum laudeと、ハーバード・ロー・スクールでの Juris Doctor magna cum laudeである。

判決の傾向[編集]

保守的判決を下すことが多く、「原意主義」(合衆国憲法の意味は時代にともない変化することはないという法哲学)で知られた[2]

出典[編集]