フェリックス・フランクファーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェリックス・フランクファーター

フェリックス・フランクファーター(Felix Frankfurter、1882年11月15日 - 1965年2月22日[1])はウィーン出身のアメリカ法学者フェーリクス・フランクフルターとも表記される。

立法部の判断を尊重する、司法抑制の立場を取った[1]

全国戦時労働委員会、全国戦時労働政策委員会 (War Labor Policies Board)でのフランクファーターの貢献により八時間労働制の普及に一定の成果が出た[2]

経歴[編集]

オーストリアウィーンユダヤ系の家庭に生まれる[1]1894年に家族でアメリカ合衆国に移住[1]ニューヨークマンハッタンロウアー・イースト・サイドで育つ[1]

ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業後、ニュー・ヨーク市の公共賃貸住宅部門で働き、ロー・スクール進学のための学費を稼いだ[要出典]。カレッジ卒業からほどなくしてハーバード・ロー・スクールに入学[1]。ハーバード修了後、民間で短期間働いた後、ヘンリー・スティムソンのもとで assistant U.S. attorney として従事[1]

1914年からハーバード・ロー・スクール教授、フランクリン・ルーズヴェルトの任命により1939年から1962年までアメリカ合衆国最高裁判所陪席裁判官英語版[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h History of the Federal Judiciary The Rosenberg Trial
  2. ^ David R. Roediger and Philip Sheldon Foner, Our Own Time: A History of American Labor and the Working Day, 1989, p.203