ジョン・ジェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・ジェイJohn Jay, 1745年12月12日 - 1829年5月15日)は、アメリカ合衆国の政治家。連邦最高裁判所の初代長官、ニューヨーク州知事などを務めた。「アメリカ合衆国建国の父」(ファウンディング・ファーザーズ)の一人とみなされる。

ジョン・ジェイ
John Jay
Gilbert Stuart, John Jay, 1794, NGA 75023.jpg
Flag of the United States (1777-1795).svg アメリカ合衆国初代最高裁判所長官
任期
1789年10月19日 – 1795年6月25日
ノミネート者ジョージ・ワシントン
後任者ジョン・ラトリッジ
Flag of New York (1778-1901).svg第2代ニューヨーク州知事
任期
1795年7月1日 – 1801年6月30日
副知事スティーヴン・ヴァン・レンセラー
前任者ジョージ・クリントン
後任者ジョージ・クリントン
Flag of the United States (1777-1795).svg アメリカ合衆国国務長官代行
任期
1789年9月15日 – 1790年3月22日
大統領ジョージ・ワシントン
後任者トーマス・ジェファーソン
Flag of the United States (1777-1795).svg アメリカ合衆国外務長官
任期
1784年5月7日 – 1789年9月15日
大統領ジョージ・ワシントン
前任者ロバート・リビングストン
第6代大陸会議議長
任期
1778年12月10日 – 1779年9月28日
前任者ヘンリー・ローレンス
後任者サミュエル・ハンティントン
個人情報
生誕 (1745-12-12) 1745年12月12日
Flag of the United States (1776-1777).svg 13植民地 ニューヨーク植民地ニューヨーク
死没1829年5月27日(83歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of New York (1778-1901).svg ニューヨーク州 ウエストチェスター郡
政党Federalist Cockade.svg 連邦党
配偶者サラ・リビングストン・ジェイ
子供ウィリアム・ジェイ
ピーター・オーガスタス・ジェイ
サラ・ルイーザ・ジェイを含む6人
出身校コロンビア大学
署名

生涯[編集]

ニューヨークで豊かな商人の家庭に生まれた。キングズ・カレッジ(後のコロンビア大学)に学ぶ。アメリカ独立への機運が高まる中で開催された大陸会議に参加し、一時は議長も務めた。アメリカ独立戦争においては外交官として活躍し、1783年に締結された講和条約であるパリ条約の草案作成に尽力した。政治的にはフェデラリスト(連邦主義、合衆国政府の権限強化を支持)の立場をとった。ジェームズ・マディソンアレクサンダー・ハミルトンとともに、ザ・フェデラリスト論文の執筆者となる。独立後、初代大統領のジョージ・ワシントンは、イギリスとの関係改善を図り、ジェイを特別使節としてイギリスへと派遣した。ここで成立したのがジェイ条約(1794年)であったが、イギリスに対して有利な条約であるとの批判もみられた。1795年にニューヨーク州知事に就任し、1801年までその職にあった。1829年5月15日、ジェイは自宅で息を引き取った。

外部リンク[編集]

  • John Jay at MetaLibri
  • United States Congress. "ジョン・ジェイ (id: J000065)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).
  • Columbia University's Jay Papers Project
  • Today in History: December 12 on the Library of Congress's American Memory website.
公職
先代:
ヘンリー・ローレンス
大陸会議議長
1778年12月10日 - 1779年9月27日
次代:
サミュエル・ハンチントン
先代:
ロバート・リヴィングストン
アメリカ合衆国外務長官
1784年3月7日 - 1789年3月3日
次代:
トーマス・ジェファーソン
アメリカ合衆国国務長官
先代:
-
アメリカ合衆国最高裁判所長官
1789年10月19日 - 1795年6月29日
次代:
ジョン・ラトリッジ
先代:
ジョージ・クリントン
ニューヨーク州知事
1795年 - 1801年
次代:
ジョージ・クリントン