ジョン・ヘイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ヘイ
John Hay
John Hay, bw photo portrait, 1897.jpg
生年月日 1838年10月8日
出生地 インディアナ州セーレム
没年月日 1905年7月1日
死没地 ニューハンプシャー州ニューバリー
出身校 ブラウン大学
所属政党 共和党

アメリカ合衆国の旗 第37代国務長官
任期 1898年9月30日 - 1905年7月1日
大統領 ウィリアム・マッキンリー
セオドア・ルーズベルト
テンプレートを表示

ジョン・ミルトン・ヘイ(John Milton Hay, 1838年10月8日 - 1905年7月1日)は、アメリカ合衆国政治家外交官作家ジャーナリスト1898年から1905年まで、ウィリアム・マッキンリーセオドア・ルーズベルト大統領の下で第37代アメリカ合衆国国務長官を務めた(在職死)。中国に関する「門戸開放宣言」を発表して、帝国主義政策を推進した。

生い立ちと経歴[編集]

ヘイはインディアナ州セーレムに生まれる。1858年にブラウン大学を卒業した後、エイブラハム・リンカーン秘書としてその経歴が始まった。彼の日記および南北戦争中に著した書籍は歴史の基礎的資料である。彼はリンカーンによるビクスビー未亡人(南北戦争で息子たちを亡くした)への手紙の本当の作者として考えられている。リンカーンがフォード劇場で狙撃されたとき、ヘイはその場に居合わせた。ヘイは同僚の秘書、ジョン・G・ニコレイと共に10巻に及ぶリンカーンの伝記(1890年、出版)を著した。1897年に友人であったウィリアム・マッキンリーが大統領に就任すると、ヘイは駐イギリス大使に任命される。1898年8月には国務長官に任命され、米西戦争の講和条約であるパリ条約(1898年)の締結に尽力した。

門戸開放宣言[編集]

日清戦争で日本に敗れた清朝は、その弱体化を世界に暴露することとなってしまった。すると欧州列強は、早速中国分割に乗り出した。

そんな中、広大な領土を持つアメリカはその内部の統治のために列強の分割競争に乗り遅れ、1899年、アメリカ国務長官ジョン・ヘイが中国に関して、門戸開放・機会均等・領土保全の三原則(ジョン・ヘイの三原則)を中国に進出しているヨーロッパ列強に対して示した。

貿易活動において、中国市場に割り込むことが目的だった。

晩年[編集]

1904年にヘイはアメリカ芸術文学アカデミーの最初の会員7名のうちの一人となる。1905年に彼は死去し、遺体はオハイオ州クリーブランドレイクビュー墓地に埋葬された。

ヘイはセオドア・ルーズヴェルト大統領に宛てた手紙で米西戦争を「素晴らしい小さな戦争」と評したことで有名である。彼はまたゴア・ヴァイダルの歴史小説『Lincoln』『Empire』に現れる。

ブラウン大学のジョン・ヘイ図書館はジョン・ロックフェラー2世によって1964年に建造され、1910年から集められたコレクションが収蔵された。1971年に物理化学書がニュー・サイエンス図書館へ移され、ジョン・ヘイ図書館はもっぱら特別コレクションのための収蔵所となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
フレデリック・ウィリアム・スワード
アメリカ合衆国国務次官補
1879年11月1日 - 1881年5月3日
次代:
ロバート・ヒット
先代:
ウィリアム・デイ
アメリカ合衆国国務長官
1898年9月30日 - 1905年7月1日
次代:
エリフ・ルート
外交職
先代:
トマス・ベイヤード
在イギリスアメリカ合衆国特命全権大使
1897年5月3日 - 1898年9月12日
次代:
ジョセフ・チョート