アメリカ合衆国外務長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国外務長官(アメリカがっしゅうこくがいむちょうかん、United States Secretary of Foreign Affairs)は、1781年から1789年までアメリカ合衆国に存在した役職。

連合規約によると、大陸会議は「合衆国の総務に関する運営に必要とされる委員会および公務員」を設置することが可能であった。この規約に基づき、大陸会議は1781年1月10日に外務省および外務長官の設置決議を行い、7ヵ月後の1781年10月20日ニューヨーク植民地代表のロバート・リヴィングストンを初代外務長官として指名した。リヴィングストンは同年10月20日に外務長官に着任し、1783年6月4日まで同職を務めた。その後リヴィングストンの後任としてジョン・ジェイ1784年3月7日に外務長官に着任した。そして1789年3月3日、連合規約下の政府から合衆国憲法下の政府へと移行し、それに伴い外務長官職も廃止された。

1789年7月27日、外務長官および外務省は、ジョージ・ワシントンにより承認された法律によって復活した。その後追加立法によって、1789年9月15日に省の名称が外務省から国務省へ、また長官職の名称が外務長官から国務長官へと変更された。いくつかの内国的任務も追加された。

歴代外務長官[編集]

# 氏名 着任 離任
1 ロバート・リヴィングストン 1781年10月20日 1783年6月4日
2 ジョン・ジェイ 1784年3月7日 1789年3月3日