モーリス・ジョーンズ=ドリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg モーリス・ジョーンズ=ドリュー American football pictogram.svg
Maurice Jones-Drew
refer to caption
2011年の試合から
基本情報
ポジション ランニングバック
生年月日 (1985-03-23) 1985年3月23日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド
身長 5' 7" =約170.2cm
体重 210 lb =約95.3kg
経歴
大学 UCLA
NFLドラフト 2006年のNFLドラフト|2006年 / 2巡目全体60位
初出場年 2006年
初出場チーム ジャクソンビル・ジャガーズ
所属歴

受賞歴・記録

  • プロボウル選出3回:2009年、2010年、2011年
  • オールプロ選出3回:2009年、2010年、2011年
  • NFLシーズンラッシングリーダー:2011年
NFL 通算成績
ラン獲得ヤード 8,167ヤード
平均ラン獲得ヤード 4.4ヤード
TDラン 68
レシーブ獲得ヤード 2,944ヤード
TDレシーブ 11回
Player stats at NFL.com

モーリス・ジョーンズ=ドリューMaurice Jones-Drew , 1985年3月23日 - )は、カリフォルニア州オークランド出身の元プロアメリカンフットボール選手。ポジションはランニングバック(RB)。NFLジャクソンビル・ジャガーズオークランド・レイダーズに所属した。愛称はMJD。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

カリフォルニア州オークランド出身。産まれた時の名前は「モーリス・クリストファー・ドリュー」だった。 De La Salle High Schoolに進学し、オフェンスではランニングバック、およびリターナーとして活躍。高校時代を通じて約2000ヤード(平均約12ヤード)、26タッチダウンを挙げるかたわら、陸上でも400メートルリレーのメンバーとして州王者に輝いた。また16歳の時には100メートル走で10秒80を記録している。

奨学金を得てUCLAに進むと、2005年シーズンにはパントリターナーとしてNCAA新となる1リターン平均28.5ヤードを記録した。

プロ入り後[編集]

2006年NFLドラフト2巡でジャクソンビル・ジャガーズに指名された。

2009年、5年3100万ドルの契約を結んだ[1]フレッド・テイラーニューイングランド・ペイトリオッツに移籍した後、ジャガーズのエースRBとなり、その年1391ヤードを走った。9月27日のヒューストン・テキサンズ戦では119ヤードを走り3TDをあげて、31-24の勝利に貢献した[2]

2010年、12月5日のテネシー・タイタンズ戦で自己ベストの186ヤードを走り、5試合連続で100ヤード以上を走った[3]。前年に続いてプロボウルに選ばれたが、ひざの手術のため、出場を辞退、クリス・ジョンソンが代わりに選出された[4]

2011年1月に左膝の内視鏡手術を受けた[5]。この年、1606ヤードを走り、NFLリーディングラッシャーとなった。

2012年、オフシーズンに残り2年残した契約の見直しを求めてホールドアウトを行った[6]。10月21日のオークランド・レイダーズ戦で負傷交代[7]、その後故障者リスト入りした。

怪我から復帰した2013年は、15試合に出場したものの803ヤード、自己ワーストとなる平均3.4ヤードに終わった。

2014年3月28日、オークランド・レイダーズと3年契約を結んだ[8]。この年、43回のランで96ヤードに終わった[9]

人物[編集]

170センチ95キロという、フットボール選手としては小柄な体型だが、大柄の守備選手に当たり負けない力強いランが特徴。 また、2010年シーズンレギュラーシーズン第12週のサンディエゴ・チャージャーズ戦では、パスプレーの際にブリッツに入ったショーン・メリマンをブロックし、仰向けに転倒させたこともある。

母方の祖父母に育てられた。大学時代、UCLAの一員として出場した2005年のローズボウルの最中、試合をスタンドで観戦した祖父が心臓発作で急逝してしまう。その後、育ての親である祖父に敬意を示すため、「モーリス・ジョーンズ=ドリュー」と改名した。[10][11][12]

現在は3児の父。[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョーンズドリュー、ホールドアウト解決のめど立たず”. NFL JAPAN (2012年8月19日). 2015年5月5日閲覧。
  2. ^ RBジョーンズドリューが3TDラン、ジャガーズ今季初白星”. NFL JAPAN (2009年9月28日). 2015年5月5日閲覧。
  3. ^ RBジョーンズドリューがラン186ヤード、ジャガーズ単独首位に”. NFL JAPAN (2010年12月6日). 2015年5月5日閲覧。
  4. ^ RBジョンソン、ジョーンズドリューに代わりプロボウル選出”. NFL JAPAN (2011年1月15日). 2015年5月5日閲覧。
  5. ^ RBジョーンズドリュー、左ひざは順調に回復”. NFL JAPAN (2011年4月7日). 2015年5月5日閲覧。
  6. ^ MJDがオーナー発言に反発、トレード要求か”. NFL JAPAN (2012年8月22日). 2015年5月5日閲覧。
  7. ^ RBジョーンズドリュー、手術回避も長期離脱は必至”. NFL JAPAN (2012年10月24日). 2015年5月5日閲覧。
  8. ^ レイダースまた補強、RBジョーンズドリューと3年契約”. MFL JAPAN (2014年3月29日). 2015年5月5日閲覧。
  9. ^ RBジョーンズドリュー、レイダースで現役続行を希望”. NFL JAPAN (2015年1月8日). 2015年5月5日閲覧。
  10. ^ Peters, Ken (2005年10月29日). “Maurice Drew's No. 1 fan is always with him at UCLA”. Tuscaloosa News. Associated Press: p. 4F. http://news.google.com/newspapers?id=58oyAAAAIBAJ&sjid=wqcEAAAAIBAJ&pg=6696%2C4562943 
  11. ^ Curtis, Jake (2005年10月28日). “Running with a spirit - Bruins star's biggest fan was his late grandfather”. Sfgate.com. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2005/10/28/SPGTMFFHH91.DTL&hw=Maurice+Jones&sn=002&sc=538 2011年12月27日閲覧。 
  12. ^ Late grandfather has lasting impact on Drew”. MSNBC (2005年10月26日). 2011年12月27日閲覧。
  13. ^ Maurice Jones-Drew talks football, family” (2012年1月10日). 2012年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月30日閲覧。