ジョーダン・スピース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ジョーダン・スピース Golf pictogram.svg
Jordan Spieth
Jordan Spieth February 2015.jpg
基本情報
名前 ジョーダン・スピース
生年月日 (1993-07-27) 1993年7月27日(24歳)
身長 185 cm (6 ft 1 in)
体重 84 kg (185 lb)
出身地 テキサス州ダラス
経歴
プロ転向 2012年
メジャー選手権最高成績
マスターズ 優勝: 2015
全米オープン 優勝: 2015
全英オープン 優勝: 2017
PGA選手権 2位: 2015
受賞
PGA新人賞 2013
PGA最優秀選手賞 2015
PGAツアー最優秀選手賞 2015
PGAツアー賞金王 2015
フェデックスカップ優勝 2015
ヴァードントロフィー 2015
バイロン・ネルソン賞 2015
成績
優勝回数 PGAツアー: 11勝 など
世界ランク最高位 1位(2015年8月17日付)
テンプレートを表示

ジョーダン・スピースJordan Spieth , 1993年7月27日 - )は、アメリカテキサス州ダラス出身のプロゴルファーである。身長185cm、体重84kg。

アマチュア時代[編集]

全米ジュニア・アマチュア選手権で2009年と2011年に優勝[1]。全米ジュニア・アマチュア選手権で複数回優勝したのはタイガー・ウッズに続き二人目[2]

2012年、テキサス大学の一員として、NCAA選手権で優勝[3]、オールアメリカンにも選ばれた[4]全米オープンではローアマチュア(出場アマチュア選手最上位)を獲得した。

プロ経歴[編集]

2013年7月のジョンディア・クラシックでは、ザック・ジョンソンデビッド・ハーンとのプレーオフを制してPGAツアー初勝利をあげた[5]。PGAツアーで10代で優勝したのは82年ぶり。2013年のPGAツアーの新人賞(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。またキャプテン推薦でプレジデンツカップにも出場した。2014年には第40回ライダーカップダンロップフェニックスにも出場。豪PGAツアーのエミレーツ・オーストラリアン・オープンでプロ2勝目を挙げた。

2015年には前年2位となったマスターズタイガー・ウッズの記録に並ぶ270ストローク、史上2番目の若さで優勝を果たし、グリーンジャケットを獲得した。続く6月の全米オープンでは最終日最終組の1組前でプレーし、トップで最終組を待った。その後ダスティンが18番パー5のグリーンで3パットを喫してしまったことで全米オープン初優勝を果たし、メジャー選手権連勝を果たした。8月に全米プロでは2位となり、ローリー・マキロイが保持していた世界ランク1位を獲得した。しかし2週間後のプレーオフ第1戦のザ・バークレイズで予選落ちし、世界ランク1位をマキロイに明け渡した。その後ツアー最終戦のツアー選手権で優勝し、フェデックスカップ初優勝となり、世界ランクも1位に返り咲いた。

2016年は初戦のヒュンダイ選手権で優勝。しかし4月のマスターズでは3日間首位を守りながらも最終日アーメンコーナーの12番パー3で2度の池に入られこのホールを「7」とし、優勝をダニー・ウィレットに奪われてしまった。

通算成績(14勝)[編集]

PGAツアー(11勝)[編集]

No. 日付 トーナメント名 スコア パー 打差数 準優勝者
1 2013年7月14日 ジョンディア・クラシック 70-65-65-65=265 −19 プレーオフ アメリカ合衆国の旗 ザック・ジョンソンカナダの旗 デビッド・ハーン
2 2015年3月15日 バルスパー選手権 70-67-68-69=274 −10 プレーオフ アメリカ合衆国の旗 ショーン・オヘア, アメリカ合衆国の旗 パトリック・リード
3 2015年4月12日 マスターズ・トーナメント 64-66-70-70=270 −18 4打差 アメリカ合衆国の旗 フィル・ミケルソン, イングランドの旗 ジャスティン・ローズ
4 2015年6月21日 全米オープン 68-67-71-69=275 −5 1打差 アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ジョンソン, 南アフリカ共和国の旗 ルイ・ウェストヘーゼン
5 2015年7月12日 ジョンディア・クラシック 71-64-61-68=264 −20 プレーオフ アメリカ合衆国の旗 トム・ギリス
6 2015年9月27日 ザ・ツアーチャンピオンシップ 68-66-68-69=271 −9 4打差 ニュージーランドの旗 ダニー・リー, イングランドの旗 ジャスティン・ローズ,
スウェーデンの旗 ヘンリク・ステンソン
7 2016年1月10日 ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 66-64-65-67=262 −30 8打差 アメリカ合衆国の旗 パトリック・リード
8 2016年5月29日 ディーン・アンド・デルーカ・インビテーショナル 67-66-65-65=263 −17 3打差 アメリカ合衆国の旗 ハリス・イングリッシュ
9 Feb 12, 2017 AT&Tペブルビーチプロアマ 68-65-65-70=268 −19 4打差 アメリカ合衆国の旗 ケリー・クラフト
10 Jun 25, 2017 トラベラーズ選手権 63-69-66-70=268 −12 Playoff アメリカ合衆国の旗 ダニエル・バーガー
11 Jul 23, 2017 全英オープン 65-69-65-69=268 −12 3打差 アメリカ合衆国の旗 マット・クーチャー

プレーオフ記録 (4-3) ※太字はメジャー大会

No. トーナメント名 相手選手 結果
1 2013年 ジョンディア・クラシック アメリカ合衆国の旗 ザック・ジョンソンカナダの旗 デビッド・ハーン プレーオフ4ホール目、パーで優勝
2 2013年 ウィンダム選手権 アメリカ合衆国の旗 パトリック・リード プレーオフ2ホール目、リードがバーディー、リードが優勝。
3 2015 バルスパー選手権 アメリカ合衆国の旗 ショーン・オヘア, アメリカ合衆国の旗 パトリック・リード プレーオフ3ホール目、バーディーで優勝。
4 2015 シェル・ヒューストン・オープン アメリカ合衆国の旗 J.B.ホームズ, アメリカ合衆国の旗 ジョンソン・ワグナー ホームズが2ホール目でパーを決め優勝。
スピースは1ホール目でパーで脱落。
5 2015年 ジョンディア・クラシック アメリカ合衆国の旗 トム・ギリス プレーオフ2ホール目、パーで優勝
6 2017 トラベラーズ選手権 アメリカ合衆国の旗 ダニエル・バーガー プレーオフ1ホール目、バーディーで優勝。
7 2017 ザ・ノーザントラスト アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ジョンソン ジョンソンが1ホール目でバーディーを決め優勝

豪PGAツアー(2勝)[編集]

No. 日付 トーナメント名 スコア アンダーパー 打差数 準優勝者(タイ)
1 2014年11月30日 エミレーツ・オーストラリアン・オープン 67-72-69-63=271 −13 6打差 オーストラリアの旗 ロッド・パンプリング
2 Nov 20, 2016 エミレーツ・オーストラリアン・オープン (2) 69-70-68-69=276 −12 Playoff オーストラリアの旗 アシュリー・ホール, オーストラリアの旗 キャメロン・スミス

その他(1勝)[編集]

No. 日付 トーナメント名 スコア 打差数 準優勝者
1 2014年12月7日 ヒーロー・ワールドチャレンジ -26 (66-67-63-66=262) 10打差 スウェーデンの旗 ヘンリク・ステンソン

メジャー選手権の成績[編集]

トーナメント 2012 2013 2014 2015 2016
マスターズ DNP DNP T2 1 T2
全米オープン T21LA CUT T17 1 T37
全英オープン DNP T44 T36 T4 T30
全米プロゴルフ選手権 DNP CUT CUT 2 T13

LA = ローアマチュア
DNP = 不参加
CUT = 予選落ち
"T" タイ
背景黄色は10位内入賞

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョーダン・スピースもPGAツアー初エースを記録”. ゴルフダイジェストオンライン (2013年3月10日). 2013年10月27日閲覧。
  2. ^ 米ゴルフウィーク誌記者 ジム・マッケイブ (2013年9月4日). “20歳の新星・スピース、米ツアー年間王者も視野に”. 日本経済新聞. 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ Men's Golf freshman All-American Jordan Spieth to appear in first major at U.S. Open”. date=2012-06-12. 2013年10月27日閲覧。
  4. ^ Division I PING First-Team All-Americans Announced”. collegiategolf.com (2012年5月31日). 2013年10月27日閲覧。
  5. ^ 19歳の新星 J.スピースが三つ巴のプレーオフを制し初勝利!石川遼は33位タイ”. ゴルフダイジェスト (2013年7月15日). 2013年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]