第40回ライダーカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第40回ライダーカップ(だい40かいライダーカップ、40th Ryder Cup)は、2014年9月にスコットランドで開催された男子ゴルフの欧米対抗戦であるライダーカップの第40回大会である。欧州はポール・マッギンリー[1]、アメリカは史上最年長でトム・ワトソンがキャプテンとして指名した[2]。ヨーロッパが16½対11½でアメリカを下し2010年2012年に続き3連勝した。

概要[編集]

本大会の運営はヨーロピアンツアー・リミテッドで、会場はエディンバラから車で1時間にあるグレンイーグルスPGAセンテナリーコースで9月26日から28日にかけて開催された。スコットランドでの開催はミュアフィールドで行われた1973年第20回以来20大会振りである。

グレンイーグルス・PGAセンテナリーコースはジャック・ニクラスが設計したコースで、毎年ジョニー・ウォーカー選手権が開催されている。

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In Total
Yards 426 516 431 239 461 201 468 419 564 3,725 208 350 445 481 320 463 543 194 533 3,537 7,262
Par 4 5 4 3 4 3 4 4 5 36 3 4 4 4 4 4 5 3 5 36 72

大会フォーマット[編集]

  • 初日・2日目(各日共通)午前中にフォアボール、午後にフォアサムがそれぞれ4試合ずつ、計36ホール行われる。
  • 最終日:シングルス12試合を行い、14½以上でカップ獲得チームが決定される。

テレビ放送[編集]

アメリカ以外はすべてヨーロピアンツアー・リミテッド制作の国際映像を通じて放送され、Sky Sportsがホストブロードキャスターで世界各国で放送。BBCではハイライトも放送された。日本国内ではゴルフネットワークで全3日間生中継された。

アメリカ国内では初日はゴルフ・チャンネル、2日目と最終日はNBCで放送され、初日2日目は東部時間で午前2時から午後1時まで、最終日は午前6時から午後1時まで中継。解説にはジョニー・ミラー、実況にダン・ヒックスが務めた。

出場選手[編集]

アメリカ[編集]

アメリカの出場選抜は2013年と14年のメジャー大会の獲得賞金を半分とし、加えて2014シーズン全米プロまでのPGAツアーの賞金上位9名が選抜され、残り3名は主将推薦で決定された[3]。なお、タイガー・ウッズは怪我の影響で出場辞退すると発表された[4]

欧州[編集]

欧州の出場選抜は2013年のISPSハンダ・ウェールズオープンから14年のイタリアン・オープンまでの獲得賞金1ユーロを1ポイントとして計算し、上位4もしく5名とライダーカップワールドポイント5もしくは4名が選抜。さらに主将推薦の3名によって決定された[5][6][7]

初日[編集]

フォアボール[編集]

アメリカ合衆国の旗 結果 欧州連合の旗
B・ワトソン / シンプソン 欧州連合の旗 5 & 4 ステンソン / ローズ
ファウラー / ウォーカー 引き分け カイマー / ビヨン
スピース / リード アメリカ合衆国の旗 5 & 4 ポールター / ギャラハー
ミケルソン / ブラッドリー アメリカ合衆国の旗 1 up マキロイ / ガルシア
得点
合計

フォアサム[編集]

アメリカ合衆国の旗 結果 欧州連合の旗
フューリク / クーチャー 欧州連合の旗 2 up ドナルドソン / ウエストウッド
メイハン / ジョンソン 欧州連合の旗 2 & 1 ローズ / ステンソン
ウォーカー / ファウラー 引き分け マキロイ / ガルシア
ミケルソン / ブラッドリー 欧州連合の旗 3 & 2 デュビッソン / マクドウェル
½ 得点
3 合計 5

2日目[編集]

フォアボール[編集]

アメリカ合衆国の旗 結果 欧州連合の旗
B・ワトソン / クーチャー 欧州連合の旗 3 & 2 ローズ / ステンソン
フューリク / メイハン アメリカ合衆国の旗 4 & 3 ドナルドソン / ウエストウッド
リード / スピース アメリカ合衆国の旗 5 & 3 ビヨン / カイマー
ウォーカー / ファウラー 引き分け マキロイ / ポールター
得点
合計

フォアサム[編集]

アメリカ合衆国の旗 結果 欧州連合の旗
ジョンソン / クーチャー 欧州連合の旗 2 & 1 ドナルドソン / ウエストウッド
フューリク / メイハン 欧州連合の旗 3 & 2 ガルシア / マキロイ
スピース / リード 引き分け カイマー / ローズ
ウォーカー / ファウラー 欧州連合の旗 5 & 4 デュビッソン / マクドウェル
½ 得点
6 合計 10

最終日シングルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 結果 欧州連合の旗 得点経過[8]
ジョーダン・スピース 欧州連合の旗 2 & 1 グレーム・マクドウェル 2nd: 6 – 12
パトリック・リード アメリカ合衆国の旗 1 up ヘンリク・ステンソン 3rd: 7 – 12
リッキー・ファウラー 欧州連合の旗 5 & 4 ローリー・マキロイ 1st: 6 – 11
ハンター・メイハン 引き分け ジャスティン・ローズ 7th: 9½ – 13½
フィル・ミケルソン アメリカ合衆国の旗 3 & 1 スティーブン・ギャラハー 6th: 9 – 13
バッバ・ワトソン 欧州連合の旗 4 & 2 マーティン・カイマー 4th: 7 – 13
マット・クーチャー アメリカ合衆国の旗 4 & 3 トーマス・ビヨン 5th: 8 – 13
ジム・フューリク 欧州連合の旗 1 up セルヒオ・ガルシア 9th: 9½ – 15½
ウェブ・シンプソン 引き分け イアン・ポールター 10th: 10 – 16
キーガン・ブラッドリー 欧州連合の旗 5 & 3 ジェイミー・ドナルドソン 8th: 9½ – 14½
ジミー・ウォーカー アメリカ合衆国の旗 3 & 2 リー・ウエストウッド 11th: 11 – 16
ザック・ジョンソン 引き分け ビクトル・デュビッソン 12th: 11½ – 16½
得点
11½ 最終結果 16½

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ryder Cup: Paul McGinley handed Europe captaincy”. BBC. 2013年1月15日閲覧。
  2. ^ Ryder Cup 2014: Tom Watson named US captain”. BBC. 2012年12月13日閲覧。
  3. ^ 2014 Ryder Cup Team USA – Watson to pick three”. Ryder Cup. 2013年3月20日閲覧。
  4. ^ DiMeglio, Steve (2014年8月13日). “Tiger Woods pulls out of Ryder Cup consideration”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/sports/golf/2014/08/13/tiger-woods-ryder-cup-injury/14030273/ 
  5. ^ “Europe increase wildcards picks to three”. BBC Sport. (2013年5月21日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/golf/22605868 
  6. ^ Ryder Cup Captain McGinley to have three wild Card Picks”. Ryder Cup. 2013年5月21日閲覧。
  7. ^ European Ryder Cup Qualification Criteria”. Ryder Cup. 2013年8月30日閲覧。
  8. ^ "Ryder Cup 2014: how Europe clinched victory at Gleneagles" www.bbc.co.uk. September 28, 2014. Retrieved September 28, 2014.

外部リンク[編集]