第41回ライダーカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第41回ライダーカップ(だい41かいライダーカップ、41st Ryder Cup Matches)は、2016年9月30日から10月2日までアメリカ合衆国で開催された男子ゴルフの欧米対抗戦であるライダーカップの第41回大会である。欧州はダレン・クラークが、アメリカはデービス・ラブ3世がキャプテンとして指名した。アメリカが4大会ぶりに勝利した。

大会フォーマット[編集]

  • 初日・2日目(各日共通)午前中にフォアサム、午後にがフォアボールそれぞれ4試合ずつ、計36ホール行われる。
  • 最終日:シングルス12試合を行い、14½以上でカップ獲得チームが決定される。

会場[編集]

会場となるミネソタ州のヘイゼルタイン・ナショナル・ゴルフクラブは2002年4月22日のPGAオブ・アメリカの会議で決定された。通常営業とは異なり、フロント9は1番から4番と14番から18番、バック9は10番から13番と5番から9番に変更[1]

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In Total
Yards 442 429 633 210 352 642 402 186 475 3,771 452 606 518 248 448 405 572 176 432 3,857 7,628
Par 4 4 5 3 4 5 4 3 4 36 4 5 4 3 4 4 5 3 4 36 72

テレビ放送[編集]

アメリカ以外はすべてヨーロピアンツアー・リミテッド制作の国際映像を通じて放送され、日本国内ではゴルフネットワークで全3日間生中継された。

アメリカ国内では初日はゴルフ・チャンネル、2日目と最終日はNBCで放送され、各日とも完全生中継。解説にはジョニー・ミラー、実況にダン・ヒックスが務めた。

閉会式ではESPNからNBCスポーツに移籍したマイク・ティリコが司会。PGAオブ・アメリカのデレク・スプレーグ会長から米国のデービス・ラブ3世にライダーカップが授与された。

出場選手の選考[編集]

アメリカ[編集]

アメリカ代表の選抜は下記の通り計算し、獲得賞金1000ドルごとに1ポイントと計算し、上位8名が選抜。残り4名は主将が推薦される。

  • 2015年メジャー選手権
  • 2015年WGCイベントおよびプレーヤーズ選手権(半分)
  • 2016年メジャー選手権(2倍)
  • その他PGAツアーのイベントで2016年1月の現代トーナメントから8月のザ・バークレイズ終了時まで。ただしメジャー、裏開催は対象外。

欧州[編集]

欧州は2015年のM2Mロシアン・オープンから2016年のメイド・イン・デンマークの1年間におけるレース・トゥ・ドバイポイント上位4名と、2015年9月3日から2016年8月28日まで対象のワールドポイント上位5名が選出。残り3名は主将が推薦される。

出場選手[編集]

アメリカ合衆国の旗 Team USA
選手名 年齢 ポイントランク 世界
ランク
出場回数 W–L–H 勝率
デービス・ラブ3世 52 非プレーキャプテン
ダスティン・ジョンソン 32 1 2 2 7 4–3–0 57.14
ジョーダン・スピース 23 2 3 1 4 2–1–1 62.50
フィル・ミケルソン 46 3 13 10 41 16–19–6 46.34
パトリック・リード 26 4 9 1 4 3–0–1 87.50
ジミー・ウォーカー 37 5 19 1 5 1–1–3 50.00
ブルックス・ケプカ 26 6 18 0 初出場
ブラント・スネデカー 35 7 23 1 3 1–2–0 33.33
ザック・ジョンソン 40 8 24 4 14 6–6–2 50.00
J.B.ホームズ 34 10 21 1 3 2–0–1 83.33
リッキー・ファウラー 27 11 9 2 8 0–3–5 31.25
マット・クーチャー 38 12 17 3 11 4–5–2 45.45
ライアン・ムーア 33 20 31 0 初出場

推薦のうち3名は9月12日に、残り1名は9月25日夜に発表された。

欧州連合の旗 Team Europe
選手名 年齢 ポイントランク
(欧州)
ポイントランク
(世界)
世界
ランク
出場回数 W–L–H 勝率
北アイルランドの旗 ダレン・クラーク 48 非プレーキャプテン
北アイルランドの旗 ローリー・マキロイ 27 1 2 5 3 14 6–4–4 57.14
イングランドの旗 ダニー・ウィレット 28 2 3 11 0 初出場
スウェーデンの旗 ヘンリク・ステンソン 40 3 1 4 3 11 5–4–2 54.55
イングランドの旗 クリス・ウッド 28 4 7 28 0 初出場
スペインの旗 セルヒオ・ガルシア 36 17 4 12 7 32 18–9–5 64.06
スペインの旗 ラファエル・カブレラ=ベロ 32 7 5 27 0 初出場
イングランドの旗 ジャスティン・ローズ 36 26 6 10 3 14 9–3–2 71.43
イングランドの旗 アンディ・サリバン 29 5 8 42 0 初出場
イングランドの旗 マシュー・フィッツパトリック 22 6 9 48 0 初出場
イングランドの旗 リー・ウエストウッド 43 15 14 46 9 41 20–15–6 56.10
ドイツの旗 マルティン・カイマー 31 11 13 50 3 10 4–3–3 55.00
ベルギーの旗 トーマス・ピータース 24 9 11 41 0 初出場


初日[編集]

フォアサム[編集]

欧州連合の旗 結果 アメリカ合衆国の旗
ステンソン/ローズ アメリカ合衆国の旗 3 & 2 スピース/リード
マキロイ/サリバン アメリカ合衆国の旗 1 up ミケルソン/ファウラー
ガルシア/カイマー アメリカ合衆国の旗 4 & 2 ウォーカー/Z・ジョンソン
ウエストウッド/ピータース アメリカ合衆国の旗 5 & 4 D・ジョンソン/クーチャー
0 Session 4
0 Overall 4

フォアボール[編集]

欧州連合の旗 結果 アメリカ合衆国の旗
ステンソン/ローズ 欧州連合の旗 5 & 4 スピース/リード
ガルシア/カブレラ=ベロ 欧州連合の旗 3 & 2 ホームズ/ムーア
カイマー/ウィレット アメリカ合衆国の旗 5 & 4 スネデカー/ケプカ
マキロイ/ピータース 欧州連合の旗 3 & 2 D・ジョンソン/クーチャー
3 Session 1
3 Overall 5

2日目[編集]

フォアサム[編集]

欧州連合の旗 結果 アメリカ合衆国の旗
マキロイ/ピータース 欧州連合の旗 4 & 2 ファウラー/ミケルソン
ステンソン/フィッツパトリック アメリカ合衆国の旗 3 & 2 スネデカー/ケプカ
ローズ/ウッド 欧州連合の旗 1 up ウォーカー/Z・ジョンソン
ガルシア/カブレラ=ベロ 引き分け リード/スピース
Session
Overall

フォアボール[編集]

欧州連合の旗 結果 アメリカ合衆国の旗
マキロイ/ピータース 欧州連合の旗 3 & 1 ケプカ/D・ジョンソン
ウィレット/ウエストウッド アメリカ合衆国の旗 1 up ホームズ/ムーア
カイマー/ガルシア アメリカ合衆国の旗 2 & 1 ミケルソン/クーチャー
ローズ/ステンソン アメリカ合衆国の旗 2 & 1 リード/スピース
1 Session 3
Overall

最終日シングルス[編集]

欧州連合の旗 結果 アメリカ合衆国の旗 得点経過
ローリー・マキロイ アメリカ合衆国の旗 1 up パトリック・リード 2nd: 7½–10½
ヘンリク・ステンソン 欧州連合の旗 3 & 2 ジョーダン・スピース 1st: –9½
トーマス・ピータース 欧州連合の旗 3 & 2 J.B.ホームズ 3rd: –10½
ジャスティン・ローズ アメリカ合衆国の旗 1 up リッキー・ファウラー 5th: 9½–11½
ラファエル・カブレラ=ベロ 欧州連合の旗 3 & 2 ジミー・ウォーカー 4th: –10½
セルヒオ・ガルシア halved フィル・ミケルソン 7th: 10–13
リー・ウエストウッド アメリカ合衆国の旗 1 up ライアン・ムーア 9th: 10–15
アンディ・サリバン アメリカ合衆国の旗 3 & 1 ブラント・スネデカー 8th: 10–14
クリス・ウッド アメリカ合衆国の旗 1 up ダスティン・ジョンソン 11th: 10–17
ダニー・ウィレット アメリカ合衆国の旗 5 & 4 ブルックス・ケプカ 6th: 9½–12½
マルティン・カイマー 欧州連合の旗 1 up マット・クーチャー 12th: 11–17
マシュー・フィッツパトリック アメリカ合衆国の旗 4 & 3 ザック・ジョンソン 10th: 10–16
Session
11 最終結果 17

脚注[編集]

  1. ^ Hazeltine National gets rerouted for Ryder Cup”. Ryder Cup (2014年10月17日). 2014年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯44度49分57.14秒 西経93度35分08.84秒 / 北緯44.8325389度 西経93.5857889度 / 44.8325389; -93.5857889