ダレン・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ダレン・クラーク Golf pictogram.svg
Darren Clarke
DarrenClarke.jpg
基本情報
名前 ダレン・クラーク
生年月日 1968年8月14日(48歳)
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 北アイルランドの旗 北アイルランド・ティロン州
ダンガノン
経歴
成績
優勝回数 欧州14・米国3・日本3・アフリカ1・世界選手権2
初優勝 1993年ベルギー・オープン
世界ランク最高位 8位
賞金ランク最高位 2位(欧州・2000年)
2012年11月28日現在
テンプレートを表示

ダレン・クラークDarren Clarke, 1968年8月14日 - )は、北アイルランドティロン州ダンガノン出身のプロゴルファーである。

プロフィール[編集]

2011年全英オープンゴルフ優勝者。世界ゴルフ選手権シリーズで2勝を挙げている選手で2000年の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」と2003年の「NEC招待選手権」で優勝した。主にヨーロッパツアーで活躍している。世界ランキング自己最高位は8位。

1990年にプロ入り。1993年に「アルフレッド・ダンヒル・オープン」でヨーロッパツアー初優勝。1997年アメリカ代表チームとヨーロッパ選抜チームによる団体戦「ライダーカップ」で、ヨーロッパ代表選手に初めて選出される。以後1999年2002年2004年と4度連続でライダーカップに出場。2000年の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」決勝戦でタイガー・ウッズを 4 アンド 3 の大差で破って初優勝を飾る。この快挙により、クラークは世界的な知名度を獲得した。この年はヨーロッパツアーで賞金ランキング2位になり、賞金王争いでリー・ウエストウッドイギリス)に僅差で競り負ける。2003年の「NEC招待選手権」で世界ゴルフ選手権シリーズに2勝目を挙げた。

2006年8月13日、クラークは夫人を乳癌で亡くした。その不幸を乗り越えて、2008年度のヨーロッパツアーで「BMWアジアン・オープン」(4月末)と「KLMオープン」(8月末)の2大会に優勝した。彼のゴルフツアー優勝は、2005年三井住友VISA太平洋マスターズ以来3年ぶりで、欧州ツアーでは2003年9月の「北アイルランド・マスターズ」以来5年ぶりとなる。

クラークはプロゴルフ界の中でも、奔放なキャラクターの選手として人気が高い。また、日本が大好きな選手としてもよく知られる。初来日は1997年であったが、2001年の「中日クラウンズ」で日本ツアー初優勝を飾り、2004年2005年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で大会2連覇を達成した。

2016年に開催される第41回ライダーカップの欧州キャプテンとして任命した[1][2]

ツアー優勝歴[編集]

欧州PGAツアー[編集]

  • 1993年:ベルギー・オープン
  • 1996年:ジャーマン・マスターズ
  • 1998年:ベンソン&ヘッジス・インターナショナル・オープン、ボルボ・マスターズ
  • 1999年:イングリッシュ・オープン
  • 2000年:WGCマッチプレー、イングリッシュ・オープン
  • 2001年:ヨーロピアン・オープン
  • 2002年:イングリッシュ・オープン
  • 2003年:NEC招待
  • 2008年:BMWアジアンオープン、KLMオープン
  • 2011年:イベルドローラ・オープン、全英オープン

日本ツアー[編集]

  • 中日クラウンズ(2001年)
  • 三井住友VISA太平洋マスターズ(2004年、2005年)

サンシャインツアー[編集]

  • 2001年:ディメンションデータ・プロアマ

脚注[編集]

外部リンク[編集]