ワールドゴルフランキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オフィシャルワールドゴルフランキング(世界ゴルフランキング, Official World Golf Rankings)は、1985年から制度化されている世界ゴルフランキングのことである。PGAツアー国際連盟に加盟されている5つの主要ツアーは:

また下記のツアーもポイントの対象となる:

概説[編集]

最初に世界ランキング1位になった選手は、ベルンハルト・ランガー(当時西ドイツ)であった。最初は各地の賞金ランキングの“お飾り”のような位置づけで、ほとんど効力を持っていなかった。しかし、1999年からメジャー大会世界ゴルフ選手権などの出場資格を決定するに際して、「世界ゴルフランキング50位以内」が加えられるようになった。これ以後、ゴルフ世界ランキングは大きな位置づけを持つようになる。

ゴルフの世界ランキングは、過去「2年間」にトーナメントで獲得したポイントを、出場試合数(ただし、40試合以下の場合は「40」、56試合以上の場合は「56」)で割り算する平均点方式を取っている。メジャー大会のポイントはもちろん大きい(優勝で100pt)が、各トーナメントの大会規模だけでなく、地域ツアーによっても獲得できるポイントが大きく異なる。基本的にはアメリカPGAツアー → 欧州ツアー → 日本ツアーなどの順に、獲得ポイントが少なくなっていく。

Tour 最高ポイント 旗艦大会 最高ポイント
PGAツアー 24 ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ 80
ヨーロピアンツアー 24 BMW PGA選手権 64
日本ゴルフツアー機構 16 日本オープンゴルフ選手権競技 32
オーストラレーシアPGAツアー 16 (6) オーストラリアン・オープン 32
サンシャインツアー 14 (6/4) 南アフリカオープン 32
アジアンツアー 14 タイ・ゴルフ選手権[5] 20
ウェブドットコムツアー 14 ウェブドットコムツアー選手権 20
チャレンジツアー 12 チャレンジツアー・グランドファイナル 16
PGAツアー・カナダ 6 n/a n/a
ワンアジアツアー 6 n/a n/a
PGAツアー・ラティーノアメリカ 6 n/a n/a
韓国プロゴルフツアー 6 n/a n/a
アジアンデベロップメントツアー 6 n/a n/a
PGAツアー・チャイナ 6 n/a n/a
アルプスツアー 4/6 n/a n/a
ノルディックゴルフリーグ 4/6 n/a n/a
PGAユーロプロツアー 4/6 n/a n/a
プロゴルフツアー 4/6 n/a n/a

現在の世界ランキング[編集]

  • 2016年7月17日付ランキング[6]
順位 変動 選手 国・地域 平均点
1 増減なし デイ, ジェイソンジェイソン・デイ オーストラリアの旗 オーストラリア 13.24
2 増減なし ジョンソン, ダスティンダスティン・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 11.29
3 増減なし スピース, ジョーダンジョーダン・スピース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 10.86
4 増減なし マキロイ, ローリーローリー・マキロイ 北アイルランドの旗 北アイルランド 9.39
5 増加1 ステンソン, ヘンリクヘンリク・ステンソン スウェーデンの旗 スウェーデン 8.88
6 減少1 ワトソン, バッババッバ・ワトソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 7.10
7 増減なし ファウラー, リッキーリッキー・ファウラー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 6.56
8 増減なし スコット, アダムアダム・スコット オーストラリアの旗 オーストラリア 6.40
9 増減なし ウィレット, ダニーダニー・ウィレット イングランドの旗 イングランド 6.23
10 増加2 ガルシア, セルヒオセルヒオ・ガルシア スペインの旗 スペイン 5.58

ランキングの記録[編集]

かつて世界ランキング1位を保持した生涯最長記録は、グレグ・ノーマンオーストラリア)の「331週」であった。これをタイガー・ウッズが塗り替えた。(2016年現在で通算683週)。

連続世界1位保持の最長記録は、タイガー・ウッズの「281週」(2005年6月12日~2010年10月30日)である。タイガー・ウッズが初めて世界ランキング1位になったのは、1997年6月16日(当年の全米オープンの大会終了後)であった。ウッズとノーマンの両選手が抜きん出ているが、その下にニック・ファルドイングランド)の「97週」、ローリー・マキロイ北アイルランド)の「95週」と続く。

日本人選手では、松山英樹が最高12位、丸山茂樹が19位になったことがある。初期の世界ランキングで中嶋常幸が4位に入ったことがあり、尾崎将司の自己最高ランキングは8位であった。

歴代世界ランキング1位[編集]

選手 国・地域 到達日 合計週数
1 ベルンハルト・ランガー 西ドイツの旗 西ドイツ 1986年4月6日 3
2 セベ・バレステロス スペインの旗 スペイン 1986年4月27日 61
3 グレグ・ノーマン オーストラリアの旗 オーストラリア 1986年9月14日 331
4 ニック・ファルド イングランドの旗 イングランド 1990年9月2日 97
5 イアン・ウーズナム ウェールズの旗 ウェールズ 1991年4月7日 50
6 フレッド・カプルス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1992年3月22日 16
7 ニック・プライス ジンバブエの旗 ジンバブエ 1994年8月14日 44
8 トム・レーマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1997年4月20日 1
9 タイガー・ウッズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1997年6月15日 683
10 アーニー・エルス 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 1997年6月22日 9
11 デビッド・デュバル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1999年3月28日 15
12 ビジェイ・シン フィジーの旗 フィジー 2004年9月5日 32
13 リー・ウエストウッド イングランドの旗 イングランド 2010年10月31日 22
14 マルティン・カイマー ドイツの旗 ドイツ 2011年2月27日 8
15 ルーク・ドナルド イングランドの旗 イングランド 2011年5月29日 56
16 ローリー・マキロイ 北アイルランドの旗 北アイルランド 2012年3月4日 95
17 アダム・スコット オーストラリアの旗 オーストラリア 2014年5月18日 11
18 ジョーダン・スピース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2015年8月16日 26
19 ジェイソン・デイ オーストラリアの旗 オーストラリア 2015年9月20日 21

2016年7月17日付

女子ゴルフ世界ランキング[編集]

2006年シーズンから、女子ゴルフにも世界ランキングが導入された。現在はスポンサーつきの名称で「ロレックス女子ゴルフ世界ランキング」(Rolex Women's World Golf Rankings)と呼ばれている。2006年2月20日に第1回の女子ゴルフランキングが発表されたが、半年後の8月8日付でシステムに一部変更が加えられ、出場試合数の少ない選手でも「35」で割り算する平均点方式になった。女子も過去2年間に獲得したポイントが対象となる。2010年6月21日付けでのランキングで、宮里藍選手が日本人初の世界ランク1位となった[7]

歴代世界ランキング1位[編集]

選手 国・地域 到達日 合計週数
1 アニカ・ソレンスタム スウェーデンの旗 スウェーデン 2006年2月21日 60
2 ロレーナ・オチョア メキシコの旗 メキシコ 2007年4月23日 158
3 申智愛 韓国の旗 韓国 2010年5月3日 25
4 宮里藍 日本の旗 日本 2010年6月21日 12
5 クリスティ・カー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2010年6月28日 5
6 ヤニ・ツェン 中華民国の旗 中華民国 2011年2月14日 109
7 ステイシー・ルイス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2013年3月18日 25
8 朴仁妃 韓国の旗 韓国 2013年4月15日 92
9 リディア・コ ニュージーランドの旗 ニュージーランド 2015年2月2日 58

2016年7月18日付

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ranking Points Incentive For Asian Development Tour Hopefuls” (2013年1月29日). 2013年2月4日閲覧。
  2. ^ OWGR – Press Release” (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  3. ^ a b c d OWGR Board Announce Inclusion of New Tours”. OWGR (2015年7月15日). 2015年7月18日閲覧。
  4. ^ OWGR Board Announcement”. OWGR (2016年4月15日). 2016年6月21日閲覧。
  5. ^ Thailand Golf Championship 2011
  6. ^ Official World Golf Ranking in the World
  7. ^ Ai Miyazato new No. 1 in Rolex Rankings