ビジェイ・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ビジェイ・シン Golf pictogram.svg
Vijay Singh
Vijay Singh.jpg
基本情報
名前 ビジェイ・シン
ニックネーム The Big Fijian
生年月日 (1963-02-22) 1963年2月22日(54歳)
国籍 フィジーの旗 フィジー
出身地 フィジー・ラウトカ
経歴
メジャー選手権最高成績
マスターズ 優勝: 2000
全米オープン T3: 1999
全英オープン T2: 2003
PGA選手権 優勝: 1998, 2004
成績
優勝回数 メジャー大会:3勝(マスターズ:2000年
全米プロゴルフ:1998年・2004年)
米国男子:34勝
初優勝 マレーシアPGA選手権(1984年)
USPGA:ビュイック・クラシック
(1993年)
賞金王 2003年・2004年・2008年
世界ランク最高位 1位
賞金ランク最高位 1位(2004年)
殿堂表彰者
選出年 2006年
選出部門 PGAツアー
2012年11月18日現在
テンプレートを表示

ビジェイ・シンVijay Singh, 1963年2月22日 - )は、フィジーラウトカ出身のインドプロゴルファーである。

メジャー大会で3勝を挙げた実力者であり、世界ランキング1位の座にもついた。生涯獲得賞金ランキング歴代3位。

経歴・人物[編集]

シンは1982年にプロ転向した後、世界各地のツアーを回りながら長期間の下積み生活を経てきた選手である。彼にはオーストラリアPGAツアーとアジアンゴルフサーキット(現アジアンツアー)から追放処分を受けた経歴もあった。

1993年からアメリカPGAツアーのメンバーになり、同年6月の「ビュイック・クラシック」で米国ツアー初優勝を挙げた。1995年から1998年までの間に、彼はPGAツアーで「53大会」連続予選通過記録を樹立したが、1998年マスターズ・トーナメントでの予選落ちで止まった。それから4か月後の全米プロゴルフ選手権で、シンは35歳にしてメジャー大会初優勝を果たす。

2000年マスターズ・トーナメントで、シンは最終ラウンドを最終組で一緒に回ったデビッド・デュバルを振り切り、メジャー2勝目を挙げた。それからしばらく不調が続き、2001年シーズンはPGAツアーで優勝できなかったが、2002年3月の「シェル・ヒューストン・オープン」で2年ぶりのツアー優勝を果たす。2004年全米プロゴルフ選手権で、シンはクリス・ディマルコジャスティン・レナードの3人によるプレーオフを制し、この大会で6年ぶり2度目の優勝を遂げた。1か月後の9月、彼は5年以上連続でトップの座を守ってきたタイガー・ウッズを抜いて世界ランキング1位となった。2005年世界ゴルフ殿堂入りを果たす。

2007年1月7日、シンはツアー開幕戦の「メルセデス・ベンツ選手権」で優勝し、40代での18勝目を挙げた。この優勝により、彼はサム・スニードの17勝を抜くツアー新記録を樹立した。

メジャー大会優勝[編集]

略歴[編集]

  • 1963年 フィジー・ラウトカに生まれる。
  • 1984年 「マレーシアPGA選手権」でプロ初優勝。
  • 1993年 PGAツアーにフル参戦を開始。「ビュイック・クラシック」で米国ツアー初優勝。
  • 1995年-1998年 PGAツアーで「53大会」連続予選通過を果たす。
  • 1998年 全米プロゴルフ選手権でメジャー大会初優勝。
  • 2000年 マスターズで初優勝。メジャー2冠王になる。
  • 2003年 初の賞金王。年間4勝を挙げる。
  • 2004年 全米プロゴルフ選手権で6年ぶり2度目の優勝(メジャー大会3勝目)。9月7日にタイガー・ウッズから世界ランキング1位の座を奪取する。2年連続の賞金王。年間獲得賞金額で1000万ドルを突破した最初の選手になる。年間9勝は2000年のウッズと並ぶ快挙。PGAツアーの「年間最優秀選手」にも初めて選出された。
  • 2005年 11月に世界ゴルフ殿堂入り。(世界ランキング1位のポジション保持記録は通算「32週」となった。)
  • 2007年 1月7日に「メルセデス・ベンツ選手権」でツアー30勝目、ツアー新記録となる40代での18勝目をあげる。
  • 2008年 フェデックスカップ第2代王者となる。3度目の賞金王。

外部リンク[編集]