マイケル・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg マイケル・キャンベル Golf pictogram.svg
Michael Campbell
Michael Campbell holding U.S. Open Trophy.jpg
基本情報
名前 マイケル・キャンベル
生年月日 1969年2月23日(47歳)
身長 178 cm (5 ft 10 in)
体重 86 kg (190 lb)
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
出身地 ニュージーランド・ハウェラ
経歴
プロ転向 1993年
成績
優勝回数 欧州8・オーストラリア7
メジャー:2005年全米オープン
賞金ランク最高位 2位(欧州・2005年)
テンプレートを表示

マイケル・キャンベルMichael CampbellCNZM1969年2月23日 - )は、ニュージーランド・ハウェラ出身の元プロゴルファーである。2005年全米オープン優勝者で、当地のプロゴルファーとして史上2人目のメジャー大会優勝者となった。

キャンベルは1992年の全豪アマチュア選手権アイゼンハワートロフィーのニュージーランド優勝に貢献し、1993年にプロ入り。1995年全英オープンセント・アンドルーズR&Aゴルフクラブ)で初日首位に立ち、最終順位で3位に入った。この年は日本ダンロップ・フェニックス選手権にも招待を受け、初来日する。しかし、その後は長期間のスランプに悩んだ。

2001年に日本の静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」に誘致されたEMCワールドカップニュージーランド代表として出場し、デビッド・スメイルとコンビを組んで優勝争いを演じた。この大会は4ヶ国によるプレーオフにもつれこみ、ニュージーランド・チームはプレーオフに進んだが、そこで南アフリカチームに敗れ、ワールドカップ優勝はならなかった。

2005年全米オープン(パインハースト・リゾート・ゴルフクラブ, コースNo.2, パー70)にて、後続で追っていたタイガー・ウッズを2打差で振り切り、イーブンパー(E, 280ストローク)で初優勝。ニュージーランド人のプロゴルファーとして、1963年全英オープン優勝者ボブ・チャールズ以来のメジャー大会優勝者に輝いた。全米優勝の5か月後、ダンロップ・フェニックス選手権にも10年ぶり2度目の出場をした。

2015年、現役を引退した[1]

プロ優勝 (15)[編集]

ヨーロピアンツアー優勝 (8)[編集]

Legend
Major Championships (1)
Other European Tour (7)
No. 年月日 トーナメント スコア 打差 2位(タイ)
1 11 Nov 1999 ジョニー・ウォーカー・クラシック −12 (66-71-69-70=276) 1打差 オーストラリアの旗 ジェフ・オギルビー
2 30 Jan 2000 ハイネケン・クラシック −20 (68-69-65-66=268) 6打差 デンマークの旗 トーマス・ビヨン
3 1 Oct 2000 ジャーマン・マスターズ −19 (68-64-65=197) 1打差 アルゼンチンの旗 ホセ・コセレス
4 4 Feb 2001 ハイネケン・クラシック −18 (69-70-67-64=270) 5打差 ニュージーランドの旗 デビッド・スメイル
5 7 Jul 2002 ヨーロピアン・オープン −6 (68-71-70-73=282) 1打差 ウェールズの旗 ブラッドリー・ドレッジ, 南アフリカ共和国の旗 レティーフ・グーセン,
アイルランドの旗 パドレイグ・ハリントン, スコットランドの旗 ポール・ローリー
6 27 Jul 2003 ニッサン・アイリッシュ・オープン −11 (66-69-71-71=277) Playoff デンマークの旗 トーマス・ビヨン, スウェーデンの旗 ピーター・ヘッドブロム
7 19 Jun 2005 全米オープン E (71-69-71-69=280) 2打差 アメリカ合衆国の旗 タイガー・ウッズ
8 18 Sep 2005 世界マッチプレー選手権 2&1 アイルランドの旗 ポール・マッギンリー

オーストラレーシアPGAツアー (7)[編集]

チャレンジツアー (3)[編集]

  • 1994 (3) Memorial Olivier Barras, Bank Austria Open, Audi Quattro Trophy

外部リンク[編集]

  1. ^ Campbell announces retirement from golf”. PGA European Tour (2015年5月5日). 2015年5月16日閲覧。