コリー・ペイビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg コリー・ペイビン Golf pictogram.svg
Corey Pavin
Corey Pavin.jpg
基本情報
名前 コリー・ペイビン
生年月日 (1959-11-16) 1959年11月16日(58歳)
身長 5 ft 9 in (1.75 m)
体重 155 lb (70 kg; 11.1 st)
出身地 カリフォルニア州オックスナード
経歴
プロ転向 1982年
成績
優勝回数 28勝
初優勝 1983年ルフトハンザ・ジャーマンオープン
テンプレートを表示

コーリー・ペイビン(Corey Pavin、1959年11月16日 - )は、米国プロゴルファー。「全米オープン」のメジャー1勝含めPGAツアーでは通算15勝を挙げている。小柄でドライバーの飛距離は出ないが、フェアウェイウッドと(第2打以降の)小技で、大柄な飛ばし屋に挑むことから、大学時代よりニックネームはブルドッグ。「ゴルフとは、アートとサイエンスの融合である」が持論。

プロフィール[編集]

カリフォルニア州オックスナード出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業後の1982年にプロデビューする。1991年にPGAツアー賞金王となる。1994年に「東海クラシック」で日本ツアー勝利、翌1995年には初開催から100年後の「第95回全米オープン」でメジャー初優勝を果たした。この全米オープンが開催されたシネコックヒルズゴルフクラブは、全米オープンに初挑戦したアマチュアのタイガー・ウッズが手首を故障して途中棄権に至るほど深いラフ(フェスキュー)とブッシュがセッティングされ、グリーンも固く高速であった。最終日ペイビンは首位と3打差の5位タイスタート、15番ホールで最終組のグレグ・ノーマントム・レーマンを逆転して首位に立ち、1打リードした状態で最終ホール(450ヤードの長いパー4、2打目から打ち上げ)に臨み、強烈なプレッシャーと強風の中で、残り228ヤードの第2打を4番ウッドで低いドローボールを打つとボールはピンそば約1.5mに寄り、2パットで逃げ切って優勝した。この大会ではブレード型パターを使用したが、キャッシュイン型のパターも愛用している。

2006年の「USバンク・オブ・チャンピオンシップ」ではPGAツアー8年ぶりに勝利した。

外部リンク[編集]