世界ゴルフ殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界ゴルフ殿堂(せかいゴルフでんどう、World Golf Hall of Fame)は、ゴルフにおいて顕著な活躍をした選手、あるいはゴルフの発展に大きく寄与した人物に対して、その功績を称えるために創設された組織である。1998年まではアメリカノースカロライナ州の名門ゴルフコースのパインハースト・クラブ内にあったが、アメリカ・フロリダ州セントオーガスティンに移転した。1998年の移転までは部門を細分化せずに単に殿堂入りという形で表彰していたが、移転後はPGAツアー・LPGA・国際投票・ベテラン・特別功労の部門別に表彰する形となった。2015年の選考分からは、PGAツアー・LPGA・国際投票部門を廃止し、アメリカ国外のツアーでの競技成績も選考基準とした男女の競技者部門を創設した。これにより現在は、男性競技者・女性競技者・ベテラン・特別功労の4部門で表彰されている。

選考過程[編集]

選考方法[編集]

  • 選考方法
    • すべての殿堂入りメンバーにコメントを求めた上で、選定副委員会がファイナリスト(男女競技者部門は各5名、ベテラン・特別功労部門は各3名)を選定し、ファイナリストの一覧を選定委員会に提出。
    • 選定委員会で議論後、投票を行い、75%以上の得票を得た者が殿堂表彰者となる。
  • 各委員会の構成メンバー
    • 選定副委員会は20人で構成され、20人には6人の殿堂入りメンバーが含まれている。
    • 選定委員会は16人で構成され、4人の殿堂入りメンバーが共同議長を務めている。

各部門の選考対象者[編集]

男性競技者部門[編集]

下記の条件を両方とも満たした者が選考対象者となる。

女性競技者部門[編集]

下記の条件を両方とも満たした者が選考対象者となる。

ベテラン部門[編集]

  • 最低勝利といった制限はなく、1980年以前にキャリアの大半をプレーしたプロ・アマチュアの選手。

特別功労部門[編集]

  • 競技以外でゴルフに貢献があった人物。

殿堂入りリスト[編集]

氏名 英語表記 選出年 選出部門
パッティー・バーグ英語版 Patty Berg アメリカ 1951年 パインハースト
ベティー・ジェームソン英語版 Betty Jameson アメリカ 1951年 パインハースト
ルイーズ・サグス英語版 Louise Suggs アメリカ 1951年 パインハースト
ベーブ・ディドリクソン=ザハリアス Babe Didrikson Zaharias アメリカ 1951年 パインハースト
ベッツィー・ロールズ英語版 Betsy Rawls アメリカ 1960年 パインハースト
ミッキー・ライト英語版 Mickey Wright アメリカ 1964年 パインハースト
ウォルター・ヘーゲン Walter Hagen アメリカ 1974年 パインハースト
ベン・ホーガン Ben Hogan アメリカ 1974年 パインハースト
ボビー・ジョーンズ Bobby Jones アメリカ 1974年 パインハースト
バイロン・ネルソン Byron Nelson アメリカ 1974年 パインハースト
ジャック・ニクラス Jack Nicklaus アメリカ 1974年 パインハースト
フランシス・ウイメット英語版 Francis Ouimet アメリカ 1974年 パインハースト
アーノルド・パーマー Arnold Palmer アメリカ 1974年 パインハースト
ゲーリー・プレーヤー Gary Player 南アフリカ 1974年 パインハースト
ジーン・サラゼン Gene Sarazen アメリカ 1974年 パインハースト
サム・スニード Sam Snead アメリカ 1974年 パインハースト
ハリー・バードン英語版 Harry Vardon イギリス 1974年 パインハースト
ウィリー・アンダーソン英語版 Willie Anderson イギリス 1975年 パインハースト
フレッド・コーコラン英語版 Fred Corcoran アメリカ 1975年 パインハースト
ジョゼフ・デイ英語版 Joseph Dey アメリカ 1975年 パインハースト
チック・エバンス英語版 Chick Evans アメリカ 1975年 パインハースト
トム・モリス・ジュニア英語版 Tom Morris Jr イギリス 1975年 パインハースト
ジョン・ヘンリー・テイラー英語版 John Henry Taylor イギリス 1975年 パインハースト
グレンナ・コレット・ベア英語版 Glenna Collett-Vare アメリカ 1975年 パインハースト
ジョイス・ウェザーレッド英語版 Joyce Wethered イギリス 1975年 パインハースト
キャシー・ウィットワース Kathy Whitworth アメリカ 1975年 パインハースト
トミー・アーマー英語版 Tommy Armour イギリス 1976年 パインハースト
ジェームス・ブレイド英語版 James Braid イギリス 1976年 パインハースト
トム・モリス・シニア英語版 Tom Morris Sr. イギリス 1976年 パインハースト
ジェローム・トラバーズ英語版 Jerome Travers アメリカ 1976年 パインハースト
ジョン・ボール英語版 John Ball イギリス 1977年 パインハースト
ハーブ・グラフィス英語版 Herb Graffis アメリカ 1977年 パインハースト
サンドラ・ヘイニー英語版 Sandra Haynie アメリカ 1977年 パインハースト
ボビー・ロック英語版 Bobby Locke 南アフリカ 1977年 パインハースト
キャロル・マン英語版 Carol Mann アメリカ 1977年 パインハースト
ドナルド・ロス英語版 Donald Ross イギリス 1977年 パインハースト
ドロシー・キャンベル英語版 Dorothy Campbell イギリス 1978年 パインハースト
ビリー・キャスパー Billy Casper アメリカ 1978年 パインハースト
ビング・クロスビー Bing Crosby アメリカ 1978年 パインハースト
ハロルド・ヒルトン英語版 Harold Hilton イギリス 1978年 パインハースト
クリフォード・ロバーツ英語版 Clifford Roberts アメリカ 1978年 パインハースト
ウォルター・トラビス英語版 Walter Travis オーストラリア 1979年 パインハースト
ヘンリー・コットン英語版 Henry Cotton イギリス 1980年 パインハースト
ローソン・リトル英語版 Lawson Little アメリカ 1980年 パインハースト
ラルフ・ガルダール英語版 Ralph Guldahl アメリカ 1981年 パインハースト
リー・トレビノ Lee Trevino アメリカ 1981年 パインハースト
ジュリアス・ボロス英語版 Julius Boros アメリカ 1982年 パインハースト
ジョアン・カーナー JoAnne Carner アメリカ 1982年 パインハースト
ジミー・デマレット英語版 Jimmy Demaret アメリカ 1983年 パインハースト
ボブ・ホープ Bob Hope アメリカ 1983年 パインハースト
ケリー・ミドルコフ Cary Middlecoff アメリカ 1986年 パインハースト
ロバート・トレント・ジョーンズ英語版 Robert Trent Jones イギリス 1987年 パインハースト
ナンシー・ロペス Nancy Lopez アメリカ 1987年 パインハースト
ボブ・ハーロー英語版 Bob Harlow アメリカ 1988年 パインハースト
ピーター・トムソン Peter Thomson オーストラリア 1988年 パインハースト
トム・ワトソン Tom Watson アメリカ 1988年 パインハースト
ジム・バーンズ英語版 Jim Barnes イギリス 1989年 パインハースト
ロベルト・デ・ビセンゾ英語版 Roberto De Vicenzo アルゼンチン 1989年 パインハースト
レイモンド・フロイド英語版 Raymond Floyd アメリカ 1989年 パインハースト
ウィリアム・カマック・キャンベル William C. Campbell アメリカ 1990年 パインハースト
ジーン・リトラー英語版 Gene Littler アメリカ 1990年 パインハースト
ポール・ラニアン Paul Runyan アメリカ 1990年 パインハースト
ホートン・スミス Horton Smith アメリカ 1990年 パインハースト
パット・ブラッドリー Pat Bradley アメリカ 1991年 パインハースト
ハリー・クーパー英語版 Harry Cooper イギリス 1992年 パインハースト
ヘール・アーウィン Hale S Irwin アメリカ 1992年 パインハースト
チチ・ロドリゲス英語版 Chi-Chi Rodriguez アメリカ 1992年 パインハースト
リチャード・タフト英語版 Richard Tufts アメリカ 1992年 パインハースト
パティ・シーハン Patty Sheehan アメリカ 1993年 パインハースト
ダイナ・ショア Dinah Shore アメリカ 1994年 パインハースト
ベッツィ・キング Betsy King アメリカ 1995年 パインハースト
ニック・ファルド Nick Faldo イギリス 1998年 国際投票
ジョニー・ミラー John Laurence Miller アメリカ 1998年 PGAツアー
エイミー・オルコット Amy Alcott アメリカ 1999年 LPGA
セベ・バレステロス Seve Ballesteros スペイン 1999年 国際投票
ロイド・マングラム英語版 Lloyd Mangrum アメリカ 1999年 PGAツアー
ディーン・ビーマン英語版 Deane Beman アメリカ 2000年 特別功労
マイケル・ボナラック英語版 Michael Bonallack イギリス 2000年 特別功労
ジャック・バーク・ジュニア英語版 Jack Burke, Jr. アメリカ 2000年 ベテラン
ニール・コールズ英語版 Neil Coles イギリス 2000年 特別功労
ベス・ダニエル Beth Daniel アメリカ 2000年 LPGA
ジュリ・インクスター Juli Inkster アメリカ 2000年 LPGA
ジョン・ジェイコブス英語版 John Jacobs イギリス 2000年 特別功労
ジュディー・ランキン英語版 Judy Rankin アメリカ 2000年 ベテラン
ジュディー・ベル英語版 Judy Bell アメリカ 2001年 特別功労
ドナ・カポニ Donna Caponi アメリカ 2001年 ベテラン
グレグ・ノーマン Greg Norman オーストラリア 2001年 PGAツアー
アラン・ロバートソン英語版 Allan Robertson イギリス 2001年 ベテラン
カーステン・ソルハイム英語版 Karsten Solheim ノルウェー 2001年 特別功労
ペイン・スチュワート Payne Stewart アメリカ 2001年 PGAツアー
トミー・ボルト Tommy Bolt アメリカ 2002年 ベテラン
ベン・クレンシャー英語版 Ben Crenshaw アメリカ 2002年 PGAツアー
マレーネ・ハゲ英語版 Marlene Hagge アメリカ 2002年 ベテラン
トニー・ジャックリン英語版 Tony Jacklin アメリカ 2002年 国際投票
ベルンハルト・ランガー Bernhard Langer ドイツ 2002年 国際投票
ハーベイ・ペニック英語版 Harvey Penick アメリカ 2002年 特別功労
レオ・ディエゲル英語版 Leo Diegel アメリカ 2003年 ベテラン
樋口久子 Hisako Higuchi 日本 2003年 特別功労
ニック・プライス Nick Price ジンバブエ 2003年 PGAツアー
アニカ・ソレンスタム Annika Sorenstam スウェーデン 2003年 LPGA
青木功 Isao Aoki 日本 2004年 国際投票
トム・カイト英語版 Tom Kite アメリカ 2004年 PGAツアー
チャーリー・シフォード英語版 Charlie Sifford アメリカ 2004年 特別功労
マーリン・ストレート英語版 Marlene Streit カナダ 2004年 ベテラン
バーナード・ダーウィン英語版 Bernard Darwin イギリス 2005年 特別功労
アリスター・マッケンジー Alister MacKenzie イギリス 2005年 特別功労
岡本綾子 Ayako Okamoto 日本 2005年 国際投票
ウィリー・パーク・シニア英語版 Willie Park, Sr. イギリス 2005年 ベテラン
カリー・ウェブ Karrie Webb オーストラリア 2005年 LPGA
マーク・マコーマック英語版 Mark McCormack アメリカ 2006年 特別功労
ラリー・ネルソン Larry Nelson アメリカ 2006年 PGAツアー
ヘンリー・ピカード英語版 Henry Picard アメリカ 2006年 ベテラン
ビジェイ・シン Vijay Singh フィジー 2006年 PGAツアー
マリリン・スミス英語版 Marilynn Smith アメリカ 2006年 特別功労
ジョー・カー英語版 Joe Carr アイルランド 2007年 特別功労
ヒューバート・グリーン Hubert Green アメリカ 2007年 ベテラン
チャールズ・B・マクドナルド英語版 Charles B. Macdonald カナダ 2007年 特別功労
ケル・ナグル英語版 Kel Nagle オーストラリア 2007年 ベテラン
朴セリ Se-ri Pak 韓国 2007年 LPGA
カーティス・ストレンジ英語版 Curtis Strange アメリカ 2007年 PGAツアー
ボブ・チャールズ Bob Charles ニュージーランド 2008年 ベテラン
ピート・ダイ英語版 Pete Dye アメリカ 2008年 特別功労
キャロル・センプル英語版 Carol Semple アメリカ 2008年 特別功労
デニー・シュート英語版 Denny Shute アメリカ 2008年 ベテラン
ハーバート・ワーレン・ウィンド英語版 Herbert Warren Wind アメリカ 2008年 特別功労
クレイグ・ウッド英語版 Craig Wood アメリカ 2008年 PGAツアー
ドワイト・D・アイゼンハワー Dwight David Eisenhower アメリカ 2009年 特別功労
クリスティ・オコナー・シニア英語版 Christy O'Connor Snr アイルランド 2009年 ベテラン
ホセ・マリア・オラサバル Jose Maria Olazabal スペイン 2009年 国際投票
ラニー・ワドキンス Lanny Wadkins アメリカ 2009年 PGAツアー
ジョージ・H・W・ブッシュ George Herbert Walker Bush アメリカ 2011年 特別功労
フランク・チャーキニアン英語版 Frank Chirkinian アメリカ 2011年 特別功労
アーニー・エルス Ernie Els 南アフリカ 2011年 PGAツアー
ダグ・フォード英語版 Doug Ford アメリカ 2011年 ベテラン
ジョック・ハッチソン英語版 Jock Hutchison イギリス 2011年 ベテラン
尾崎将司 Masashi Ozaki 日本 2011年 国際投票
ピーター・アリス英語版 Peter Alliss イギリス 2012年 特別功労
ダン・ジェンキンス英語版 Dan Jenkins アメリカ 2012年 特別功労
サンディ・ライル Sandy Lyle イギリス 2012年 国際投票
フィル・ミケルソン Phil Mickelson アメリカ 2012年 PGAツアー
ホリス・ステーシー Hollis Stacy アメリカ 2012年 ベテラン
フレッド・カプルス Fred Couples アメリカ 2013年 PGAツアー
コリン・モンゴメリー Colin Montgomerie イギリス 2013年 国際投票
ウィリー・パークス・ジュニア英語版 Willie Park, Jr. イギリス 2013年 ベテラン
ケン・スコフィールド英語版 Ken Schofield イギリス 2013年 特別功労
ケン・ベンチュリ英語版 Ken Venturi アメリカ 2013年 特別功労
ローラ・デービース Laura Davies イギリス 2015年 女性競技者
デビッド・グラハム英語版 David Graham オーストラリア 2015年 男性競技者
マーク・オメーラ Mark O'Meara アメリカ 2015年 男性競技者
A.W.ティリンガースト英語版 A. W. Tillinghast アメリカ 2015年 特別功労

※選出部門のパインハーストは、部門細分化前の選出を示す。

2014年までの選考基準[編集]

PGAツアー部門[編集]

チャンピオンズツアーも含めたPGAツアーで好成績を挙げた人物を対象とした部門である。

  • 必須条件
  1. 40歳以上
  2. 65%以上の得票率
  • 次の条件のうちいずれかを満たす
  1.  
  2.  

ベテラン部門[編集]

1974年以前にキャリアの大半をプレーしたプロ・アマチュアの選手で、上記の基準を満たせない選手に対して、毎年世界ゴルフ殿堂の諮問委員会(世界の26のゴルフ組織の代表からなる)によって指名され、世界ゴルフ殿堂理事会により選出される。

LPGA部門[編集]

現役選手[編集]

(1999年2月以降は以下の規準をすべて満たす必要がある)

  • ツアー参加10年(参加していない期間は含まず)
  • LPGAメジャー大会で1勝あるいはベアトロフィー(年間最少打数賞)またはロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得
  • 世界ゴルフ殿堂が以下に定めるポイントで27ポイント以上を獲得
    • 2ポイント LPGAメジャー大会1勝
    • 1ポイント LPGAツアー1勝、ベアトロフィー、ロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー

引退選手[編集]

以下の基準を満たし、諮問委員会で2/3以上の得票を得て指名され、LPGAツアー選手の75%以上の得票を得なければならない。

  • ツアー参加10年(参加していない期間は含まず)
  • 引退して5年以上経過
  • LPGAメジャー大会で1勝あるいはベアトロフィー(年間最少打数賞)またはロレックス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得
  • LPGAツアーの発展に対して顕著な貢献があった者

国際投票部門[編集]

  • 65%以上の得票率
  • 40歳以上
  • 男性の場合PGAツアー・チャンピオンズツアー部門、女性の場合LPGA部門の基準を満たしていない
  • 世界ゴルフ殿堂が以下に定めるポイントで50ポイント以上を獲得

特別功労部門[編集]

国際投票により指名を行い、理事会で選出する。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]