キーガン・ブラッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg キーガン・ブラッドリー Golf pictogram.svg
Keegan Bradley
KeeganBradley.jpg
基本情報
名前 キーガン・ブラッドリー
生年月日 (1986-06-07) 1986年6月7日(32歳)
身長 188 cm (6 ft 2 in)
体重 86 kg (190 lb)
出身地 バーモント州ウッドストック
経歴
プロ転向 2008年
成績
優勝回数 PGAツアー: 3勝
2012年11月13日現在
テンプレートを表示

キーガン・ブラッドリー英語: Keegan Bradley、別表記キーガン・ブラドリー[1]など、1986年6月7日 - )は、アメリカバーモント州出身のプロゴルファー

2011年、ゴルフ4大メジャー大会のひとつ全米プロゴルフ選手権で初出場初優勝を遂げた[2]。過去メジャー大会初出場で優勝したのは、1913年フランシス・ウィメット全米オープン)、2003年ベン・カーティス全英オープン)の二人しかおらず、ブラッドリーは史上3人目の初出場初優勝者である[3]

生い立ち[編集]

1986年アメリカ合衆国バーモント州で、マーク・ブラッドリーの長男として生まれる。父親のマークは、ワイオミング州ジャクソン郊外にあるジャクソンホール・ゴルフ・アンド・テニス・クラブ所属のプロであった。高校2年のときにマサチューセッツ州ホプキンスに転居し、2004年のマサチューセッツ・インタースカラスティック・アスレチック・アソシエーション(MIAA、マサチューセッツ州インターハイ)個人部門では優勝した経験がある[4]。高校卒業後はニューヨークセント・ジョーンズ大学に進学し、2008年に卒業するまでの間に9つの大学タイトルを獲得している[5][6]

なお、キーガンの叔母パット・ブラッドリーは、LPGAツアーでメジャー6大会を含む通算31勝をあげ世界ゴルフ殿堂入りした女子プロゴルファーである[5]

プロ経歴[編集]

2008年 - 2010年シーズン[編集]

セント・ジョーンズ大学を卒業した2008年にプロ転向、NGA・フーターズ・ツアーに参戦すると、ツアーの最終戦(第5戦目)となるサザン・デューンズで初勝利した[7]

2009年のテキサス・ホーニング・オープンでフーターズ・ツアー2勝目をあげ[8]、その年のネイションワイドツアー2試合に出場しし2試合とも予選を通過した[7]。その後2010年PGAツアーに参戦するためクオリファイング・スクール(キュー・スクール)に挑戦したが、規定に2打足りず出場権獲得とはならなかった[5]

2010年はネイションワイドツアーに参戦、シーズン後半に4試合連続トップ5入りを果たすなどして最終賞金ランキングが14位となり、2011年のPGAツアー参加資格を得た[4][5]

2011年シーズン[編集]

2011年、PGAツアー初戦のソニー・オープン・イン・ハワイでは予選通過、翌週のボブ・ホープ・クラシックでは7位タイの成績を残す[4]。4月に行われたヴァレロ・テキサス・オープンでは2度目のトップ10入りをはたす[9]。5月のHPバイロン・ネルソン選手権では、サドンデス方式のプレイオフ第1ホール目でライアン・パーマーを破り、PGAツアー初勝利をあげた[10]。8月のブリヂストン招待選手権では、初日、2日目と首位であったが3日目以降スコアを落とし、最終結果は15位タイであった[11][12]

2011年全米プロゴルフ選手権[編集]

2011年8月、ブリヂストン招待選手権の翌週開催されたメジャー大会全米プロゴルフ選手権で、ブラッドリーは2日目に64をマークし首位につけるなど好調な出足であった。首位と1打差の3位でスタートした最終日、15番でトリプルボギーを叩き、3ホール残して暫定首位のジェイソン・ダフナーに5打差をつけられてしまったが、ブラッドリーは16番17番と連続バーディーを奪い、結局後半3連続ボギーとスコアを落としたダフナーと通算8アンダーで並んで72ホールを終え、勝敗をプレーオフに持ち込んだ。3ホール制の1ホール目(16番)では両者ともバーディーチャンスであったが、ダフナーは外しブラッドリーはパットを沈めた。残りホールもこの1打の優位を守ったフラッドリーがメジャー初優勝を決めた[3]。メジャー初挑戦で優勝したのは2003年のベン・カーティス(全英オープン)以来で、米国内のメジャー大会に限ると1913年のフランシス・ウィメット以来の快挙となる。なおゴルフ4大メジャー大会では2010年マスターズフィル・ミケルソンが優勝した後、2010年全米オープンでグレアム・マクドウェルが優勝して以降初優勝者が連続しており、ブラッドリーは連続7人目の初優勝者である。またブラッドリーのワールドゴルフランキング順位は、全米プロでの勝利後108位から29位にまで急上昇した[13]。なお中尺パターを使ってメジャー制覇したのはブラッドリーが初めてである[14]

この全米プロゴルフ選手権の勝利に加え、HPバイロンネルソン選手権での優勝やトップ10フィニッシュ4回といった成績を収めたブラッドリーは、2011年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した[15]

2012年シーズン[編集]

2012年2月のノーザン・トラスト・オープンで、ブラッドリーは最終ホールフィル・ミケルソンと共にロング・バーディパットを決め、ビル・ハースとの3者プレーオフに進出したが、プレーオフ第2ホールで13.5メートルのバーディパットを決めたハースが今大会の優勝を決めた[16]。この最終ラウンド中、ブラッドリーはコース上で何度も唾を吐き、後に反射的にやってしまっていたとして謝罪した[17]。世界ゴルフ選手権第2戦となるWGCキャデラック選手権では2位に2打差の首位で最終ラウンドを迎えたが、18番でダブルボギーをたたくなど終盤の4ホールでスコアを崩し、結果8位タイに終わった[18]。2012年シーズンは開幕から9試合連続25位以内と安定した成績を残し、USAトゥディ誌のPGAツアー・トップ20では11位に選ばれている[19]。6月には欧州ツアーに初参加、ロイヤルポートラッシュでのアイリッシュ・オープンに出場したが、予選落ちに終わっている[20]

WGCブリヂストン招待選手権[編集]

2012年ブリヂストン招待選手権ではジム・フューリクスティーブ・ストリッカーを1打差で下しツアー3勝目を挙げた。最終日、首位のジム・フューリクに4打差をつけられてスタートしたブラッドリーは最終18番ホールまでに差を1打差にまで詰め寄っていた。最終ホール、ブラッドリーは4.5メートルのパーパットを沈めたが、フューリクはダブルボギーとスコアを崩し、結果1打差をつけてブラッドリーが逆転優勝した。ゴルフ4大メジャー大会と世界ゴルフ選手権の両方で優勝したのは史上11人目である[21]。この勝利で世界ランキングは15位となった[22]。また同じ8月の全米プロゴルフ選手権で3位タイの成績を収め、世界ランキングは自己最高の12位まで上昇した[23]

同年9月のライダーカップにも初めて選出され、フィル・ミケルソンとのペアで初日欧州のローリー・マキロイグレアム・マクドウェル組を破るなどの活躍を見せた[24][25]

通算成績(12勝)[編集]

PGAツアー(4勝)[編集]

No. 日付 トーナメント名 スコア 打差数 準優勝者
1 2011年5月29日 HPバイロン・ネルソン選手権 -3 (66-71-72-68=277) プレーオフ アメリカ合衆国の旗 ライアン・パーマー
2 2011年8月14日 全米プロゴルフ選手権 -8 (71-64-69-68=272) プレーオフ アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ダフナー
3 2012年8月5日 WGCブリヂストン招待 –13 (67-69–67-64=267) 1打差 アメリカ合衆国の旗 ジム・フューリク, アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ストリッカー
4 Sep 10, 2018 BMW選手権 −20 (66-64-66-64=260) Playoff イングランドの旗 ジャスティン・ローズ

PGAツアーでのプレーオフ記録(3勝1敗)

No. トーナメント名 相手選手 結果
1 2011年 HPバイロン・ネルソン選手権 アメリカ合衆国の旗 ライアン・パーマー 1ホール目、パーマーがボギーを叩き、パーで優勝
2 2011年 全米プロゴルフ選手権 アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ダフナー 3ホール制プレーオフでダフナーに勝利
(3-3-4=10 to 4-4-3=11)
3 2012年 ノーザン・トラスト・オープン アメリカ合衆国の旗 ビル・ハース, アメリカ合衆国の旗 フィル・ミケルソン 2ホール目ハースがバーディー。ハースの優勝。
4 2018 BMW選手権 イングランドの旗 ジャスティン・ローズ 1ホール目、ローズがボギーを叩き、パーで優勝

NGA フーターズ・ツアー(2勝)[編集]

  • 2008年 サザン・デューンズ(Southern Dunes)
  • 2009年 テキサス・ホーニング・オープン(Texas Honing Open)

その他(4勝)[編集]

  • 2011 PGA Grand Slam of Golf, Franklin Templeton Shootout (with Brendan Steele)
  • 2015 CVS Health Charity Classic (with Jon Curran)
  • 2016 CVS Health Charity Classic (with Jon Curran)

4大メジャートーナメントの成績[編集]

トーナメント 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
マスターズ DNP T27 T54 CUT T22 T52 DNP
全米オープン DNP T68 CUT T4 T27 CUT T60
全英オープン DNP T34 T15 T19 CUT T18 DNP
全米プロゴルフ選手権 1 T3 T19 CUT T61 T43 T33

DNP(Did Not Played) = 不出場
T = タイ
背景黄色 = 10位内入賞
背景緑色 = 優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゴルフ=全米プロでのブラドリーの優勝、戦国時代到来を象徴”. ロイター  (2011年8月16日). 2011年8月16日閲覧。
  2. ^ 全米プロゴルフ選手権 スコア結果”. TBSテレビ. 2011年8月16日閲覧。
  3. ^ a b 新たなアメリカンスターの誕生 <キーガン・ブラッドリー>”. ゴルフダイジェストオンライン (2011年8月15日). 2011年8月16日閲覧。
  4. ^ a b c Pave, Marvin (2011年1月30日). “PGA rookie Bradley celebrates Hope finish”. The Boston Globe. http://articles.boston.com/2011-01-30/news/29340857_1_jhonattan-vegas-money-list-hooters-tour/2 2011年4月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d Dorman, Larry (2011年2月11日). “Game, Like the Name, May Soon Ring a Bell”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/02/13/sports/golf/13pga.html 2011年4月17日閲覧。 
  6. ^ キーガン・ブラッドリー プロフィール 選手情報”. ゴルフダイジェストオンライン. 2018年2月10日閲覧。
  7. ^ a b Miles, David (2010年11月24日). “Woodstock Native Keegan Bradley Heating Up Nationwide Tour”. The Vermont Standard. http://www.thevermontstandard.com/2010/11/woodstock-native-keegan-bradley-heating-up-nationwide-tour/ 2011年4月17日閲覧。 
  8. ^ “Keegan Bradley wins Hooters Tour event”. USA Today. Associated Press. (2009年8月9日). http://www.usatoday.com/sports/golf/2009-08-09-3738831115_x.htm 2011年4月17日閲覧。 
  9. ^ Szeker, Anne (2011年4月20日). “Sleeper Picks: The Heritage”. PGATour.com. 2011年8月15日閲覧。
  10. ^ Hawkins, Stephen (2011年5月30日). “Keegan Bradley Wins Nelson in Playoff Over Palmer”. ABC News. 2011年8月15日閲覧。
  11. ^ Dorman, Larry (2011年8月5日). “Woods Sputters in Second Round, Can’t Threaten Leaders”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/08/06/sports/golf/woods-stumbles-a-bit-in-second-round-scott-holds-lead.html 2011年8月15日閲覧。 
  12. ^ Elling, Steve (2011年8月10日). “Lefty Teaches Economics to Boost Young Americans' Cred Rating”. CBS Sports. 2011年8月15日閲覧。
  13. ^ Ferguson, Doug (2011年8月14日). “Bradley Wins PGA in Playoff After Rousing Comeback”. The Atlanta Journal-Constitution. http://www.ajc.com/sports/bradley-wins-pga-in-1108575.html?cxntlid=brkng_nws_bnr 2011年8月15日閲覧。 
  14. ^ 初出場Vは8年ぶり快挙!中尺パター駆使は初 ”. スポニチアネックス (2011年8月16日). 2011年8月16日閲覧。
  15. ^ “キーガン・ブラドリー選手が「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞!”. クリーブランドゴルフ. (2011年12月19日). http://www.clevelandgolf.co.jp/news/img/news/2011/20111219_Keegan_Bradley.html 2012年11月14日閲覧。 
  16. ^ Pucin, Diane (2012年2月19日). “All's Quiet on Phil Front as Bill Haas Wins in Playoff at Riviera”. Los Angeles Times. 2012年3月11日閲覧。
  17. ^ DiMeglio, Steve (2012年2月21日). “Keegan Bradley apologizes for on-course, on-air spitting”. USA Today. 2012年4月10日閲覧。
  18. ^ Ferguson, Doug (2012年3月11日). “Rose Rallies to Win World Golf Championship”. Associated Press. ABC News. http://abcnews.go.com/Sports/wireStory/rose-rallies-win-world-golf-championship-15899068?page=2#.T105eHmwWv8 2012年3月11日閲覧。 
  19. ^ “News and notes on the PGA Tour's top 20”. USA Today. (2012年7月24日). http://www.usatoday.com/sports/golf/pga/story/top-20-rankings/52337574/1 2012年8月6日閲覧。 
  20. ^ Major winner Keegan Bradley bows out of Irish Open at Portrush after failing to make the cut”. Irish Independent (2012年6月29日). 2012年8月6日閲覧。
  21. ^ Ferguson, Doug (2012-08-05). “Bradley wins first WGC in a stunning finish”. U.S. News & World Report. http://www.usnews.com/news/sports/articles/2012/08/05/bradley-wins-in-a-stunning-turnaround 2012年8月6日閲覧。. 
  22. ^ Bradley up to 15th in world rankings”. FOXニュース (2012年8月6日). 2012年8月13日閲覧。
  23. ^ “McIlroy back to No. 1 in world rankings”. Miami Herald. (2012年8月13日). http://www.miamiherald.com/2012/08/13/2949853/ryu-up-to-12th-in-womens-rankings.html 2012年8月13日閲覧。 
  24. ^ “Love adds Scott Verplank, Jeff Sluman as Ryder Cup assistants, now waits on 4 picks”. The Washington Post. Associated Press. (2012年8月13日). http://www.washingtonpost.com/sports/love-adds-scott-verplank-jeff-sluman-as-ryder-cup-assistants-now-waits-on-4-picks/2012/08/13/e9c541a6-e554-11e1-9739-eef99c5fb285_story.html 2012年8月13日閲覧。 
  25. ^ “米国選抜が5勝し欧州選抜から2ポイントリード”. GDOニュース. (2012年9月30日). http://news.golfdigest.co.jp/tournament/tournews/eupg/photo/tk60000062237000003668403.html 2012年11月14日閲覧。 

外部リンク[編集]