ジャスティン・レナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ジャスティン・レナード Golf pictogram.svg
Justin Leonard
Justin Leonard 2008.jpg
基本情報
名前 ジャスティン・レナード
生年月日 (1972-06-15) 1972年6月15日(47歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ・テキサス州ダラス
経歴
成績
優勝回数 米国ツアー・12勝
メジャー:1997年全英オープン
初優勝 1996年ビュイック・オープン
賞金ランク最高位 5位(1997年)
テンプレートを表示

ジャスティン・レナードJustin Leonard, 1972年6月15日 - )は、アメリカテキサス州ダラス出身のプロゴルファー1997年全英オープンゴルフ優勝者である。テキサス大学卒業。これまでにアメリカPGAツアーで12勝を挙げている。身長175cm、体重77kg。

レナードはアマチュア選手時代、1992年全米アマチュア選手権など多数のタイトルを獲得した。テキサス大学卒業後、1994年からプロゴルファーになり、プロ入り3戦目の「アンハイザー・ブッシュ・ゴルフ・クラシック」3位入賞により、1995年からPGAツアーのシード権を取得した。1996年8月の「ビュイック・オープン」でツアー初優勝。1997年全英オープンゴルフは、1878年に創設された名門「ロイヤル・トルーン・ゴルフクラブ」の「オールド・コース」(パー71)で開かれた。レナードは4日間通算 12 アンダーパー(-12, 69+66+72+65=272ストローク)で回り、最終ラウンドで6打スコアを伸ばして、イェスパー・パーネビクスウェーデン)、ダレン・クラーク北アイルランド)、フレッド・カプルス(アメリカ)の3人を逆転した。これは彼にとって、PGAツアーの3勝目であった。全英オープン優勝の年、彼は米国と欧州の代表選手による団体戦「ライダーカップ」のアメリカ代表選手に選ばれた。

全英オープン初優勝から2年後の1999年、レナードはカーヌスティ・ゴルフリンクスの全英オープンで3人の選手によるプレーオフに敗れ、2度目の全英優勝を逃した。全英オープンの歴史に残る悪天候の大会で、3人が通算 6 オーバーパー(290ストローク)で並び、ジャン・バンデベルデフランス)、ポール・ローリースコットランド)とレナードの3人でプレーオフを争い、ローリーが初優勝を決めた。5年後の2004年、レナードは全米プロゴルフ選手権のプレーオフでビジェイ・シンに敗れた。これで彼は2度、ゴルフメジャー大会のプレーオフに敗れたことになる。その他は1997年マスターズ7位(全英優勝前)がある。

その後もレナードはツアーで優勝を積み重ね、安定したゴルフ成績を維持している。彼はライダーカップのアメリカ代表選手としても、1997年1999年2008年の3度出場歴があり、2008年に4大会ぶり3度目の米国代表選手を務めた。夫人がマラソン愛好家であることから、レナード自身も2001年の「ホワイトロック・マラソン」(彼の故郷・ダラスで開催)に挑戦したことがある。

ツアー優勝歴[編集]

PGAツアー優勝 (12)[編集]

No. Date トーナメント 優勝スコア 2位との差 2位(タイ)
1 1996年8月4日 ビュイック・オープン −22 (65-64-69-68=266) 5打差 アメリカ合衆国の旗 チップ・ベック
2 1997年6月8日 ケンパー・オープン −10 (69-69-69-67=274) 1打差 アメリカ合衆国の旗 マーク・ウィビー
3 1997年7月20日 全英オープン −12 (69-66-72-65=272) 3打差 北アイルランドの旗 ダレン・クラーク, スウェーデンの旗 イェスパー・パーネビック
4 1998年3月29日 ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ −10 (72-69-70-67=278) 2打差 アメリカ合衆国の旗 グレン・デイ, アメリカ合衆国の旗 トム・レーマン
5 2000年9月24日 Westin Texas Open at LaCantera −19 (64-68-65-64=261) 5打差 アメリカ合衆国の旗 マーク・ウィビー
6 2001年9月30日 Texas Open at LaCantera −14 (65-64-68-69=266) 2打差 アメリカ合衆国の旗 J.J.ヘンリー, アメリカ合衆国の旗 マット・クーチャー
7 2002年4月21日 WorldCom Classic - The Heritage of Golf −14 (67-64-66-73=270) 1打差 アメリカ合衆国の旗 ヒース・スローカム
8 2003年3月16日 ザ・ホンダ・クラシック −24 (63-70-64-67=264) 1打差 アメリカ合衆国の旗 チャド・キャンベル, アメリカ合衆国の旗 デービス・ラブ3世
9 2005年1月30日 ボブ・ホープ・クライスラー・クラシック −28 (66-67-68-64-67=332) 3打差 南アフリカ共和国の旗 ティム・クラーク, アメリカ合衆国の旗 ジョー・オギルビー
10 2005年5月29日 フェデックス・セントジュード・クラシック −14 (62-65-66-73=266) 1打差 アメリカ合衆国の旗 デビッド・トムズ
11 2007年10月7日 バレロ・テキサス・オープン −19 (65-67-64-65=261) Playoff スウェーデンの旗 イェスパー・パーネビック
12 2008年6月8日 スタンフォード・セントジュード選手権 −4 (68-73-67-68=276) Playoff オーストラリアの旗 ロバート・アレンビー, 南アフリカ共和国の旗 トレバー・イメルマン

その他の優勝[編集]

外部リンク[編集]