トマス・ベルッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • トマス・ベルッチ
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はコシアラリ第二姓(父方の)はベルッシです。
トマス・ベルッシ
Thomaz Bellucci
Tennis pictogram.svg
Bellucci RG15 (2) (19120594470).jpg
トマス・ベルッシ
基本情報
フルネーム Thomaz Cocchiarali Bellucci
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 同・ティエテ
居住地 同・サンパウロ
生年月日 (1987-12-30) 1987年12月30日(30歳)
身長 188cm
体重 80kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 5勝
シングルス 4勝
ダブルス 1勝
生涯獲得賞金 5,260,899 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦 (2010-12・14・16)
全仏 4回戦 (2010)
全英 3回戦 (2010)
全米 3回戦 (2015)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8 (2013)
全仏 1回戦 (2015-17)
全英 2回戦 (2015)
全米 2回戦 (2012・15)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 21位 (2010年7月26日)
ダブルス 70位 (2013年7月15日)
2017年9月2日現在

トマス・コシアラリ・ベルッシThomaz Cocchiarali Bellucci, 1987年12月30日 - )は、ブラジルサンパウロ州ティエテ出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス21位、ダブルス70位。これまでにATPツアーでシングルス4勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。「ベルッチ」の表記揺れも多い。

2011年マドリード・オープンベスト4。2013年全豪オープン男子ダブルスベスト8。

ジュニア時代[編集]

セールスマンの父イルデバンドと会社経営者の母マリア・レジーナの間に長男として生まれる(他に姉が一人いる)。ジュニア時代は国際大会への出場は限定的で、ITFジュニアサーキットとグランドスラムジュニア部門にもジュニア最後の年の2004年シーズンだけ参戦しているが、同年のバナナボウルダブルスでベスト4の成績を収める等の活躍でITFジュニアランク最高位15位を記録している[1]。2005年にプロ転向。

プロ転向後[編集]

2005年-2007年[編集]

転向後暫くは下部大会での下積みが続いたベルッシであったが、2007年から下部ツアーで結果を残すようになり、チャレンジャーツアーで2準優勝2ベスト4、フューチャーズ大会で1優勝を挙げ、シングルスランクを前シーズン年間ランクの583位[2]から年度末には199位まで急上昇させる[3]。この活躍から同年9月には19歳でデビスカップワールドグループプレーオフ、対オーストリア代表戦でブラジル代表に初選出。第一試合でユルゲン・メルツァーと対戦し、4-6, 4-6, 4-6のストレートで敗れている。

2008年[編集]

この年からツアーレベルに挑戦するようになり、シングルスでは2月のテルメクス杯予選を勝ち上がり、1回戦で当時世界ランク83位のヴェルナー・エシュアーを6-4, 6-4のストレートで下し、ツアーシングルス並びにトップ100選手から初勝利を挙げる活躍で、第4シードのフアン・イグナシオ・チェラとの2回戦まで進出。5月の全仏オープンでも予選を勝ち上がりグランドスラム大会初出場。1回戦で当時世界ランク2位、第2シードのラファエル・ナダルと対戦した。本戦からの出場となったウィンブルドン選手権では、1回戦でイーゴリ・クニツィンを7-6(5), 7-6(5), 3-6, 6-2のスコアで下しグランドスラムシングルス初勝利。2回戦ではライナー・シュットラーと対戦したが、3時間42分に及ぶ熱戦の末6-3, 3-6, 1-6, 7-6(5), 6-8のフルセットで敗れた。8月にはブラジル代表として北京オリンピック男子シングルスに出場したが、1回戦でスロバキアドミニク・フルバティに6-2, 4-6, 2-6のフルセットで敗退している。

この年はツアー下部のチャレンジャー大会でも好成績を残し、4月から5月にかけての3大会連続優勝を含む、チャレンジャーツアーシングルス最多優勝タイの4大会優勝を記録、これらの活躍により年度末ランクも前シーズン終了時の199位から90位まで急上昇させ、以降ツアーレベルに定着するようになる[4]。またこの年はダブルスでも好成績を残し、同国のマルコス・ダニエルと主催者推薦で出場した2月のブラジル・オープン1回戦で、第3シードのマルティン・ガルシア(アルゼンチン)&オリバー・マラチ(オーストリア)組を6-4, 6-2のストレートで破る活躍で第1シードのマルセロ・メロ/アンドレ・サとの準々決勝まで進出。チャレンジャーツアーでも1優勝3準優勝を記録した。

2009年[編集]

この年はベルッシにとって更なる飛躍のシーズンとなり、ノーシードで出場した2月のブラジル・オープン1回戦で、第8シードのポティート・スタラーチェを6-3, 6-4のストレートで破ると、その後も勝ち上がり自身初のツアー決勝進出を果たす。決勝では第2シード、当時世界ランク19位のトミー・ロブレドに3-6, 6-3, 4-6のフルセットで惜敗するも準優勝を果たした。5月からは前年のポイントを防衛できず一時的にトップ100から陥落したが、予選からの出場となった7月のアリアンツ・スイスオープン・グシュタードでは、2回戦で第1シードのスタニスラス・ワウリンカを6-4, 6-4のストレートで、準々決勝では第5シードのニコラス・キーファーを3-6, 1-0としたところでキーファーの途中棄権で、準決勝では第3シードのイーゴリ・アンドレエフを6-4, 7-5のストレートで次々とシード選手を下し、2度目の決勝に進出。決勝ではノーシードのアンドレアス・ベックを6-4, 7-6(2)のストレートで破り、ツアー初優勝を果たす[5][6]。ブラジル選手のツアーシングルス優勝は2004年9月のデルレイビーチ国際テニス選手権で優勝したリカルド・メロ以来、約4年11ヶ月振りの快挙であった[7]

この年は10月のストックホルム・オープンでも1回戦で第7シードのアルベルト・モンタニェスを破る活躍でノーシードから準決勝まで進出、チャレンジャーツアーでも2優勝を挙げる活躍で、年度末ランクも36位と、1年でトップ40に躍進した[8]

2010年[編集]

全豪オープンは2回戦アンディ・ロディックに敗れたが、2月のチリ・オープンで決勝に進出しフアン・モナコを6–2, 0–6, 6–4で破りツアー2勝目を挙げる[9]。第24シードに選ばれた全仏オープンでは3回戦で第14シードのイワン・リュビチッチに7-6(4), 6-2, 6-4で勝利し初めて4大大会の4回戦に進出した。4回戦では優勝したラファエル・ナダルに2-6, 5-7, 4-6で敗れた。2010年7月26日付けのランキングで自己最高の21位を記録した。

2011年[編集]

前年優勝のチリ・オープンでは準々決勝でファビオ・フォニーニに敗退した。ブラジル・オープンではベスト8、アビエルト・メキシコ・テルセルではベスト4に進出している。4月末からのマドリード・オープンでは4回戦で当時世界ランキング4位のアンディ・マリーを6-4, 6-2で、準々決勝で7位のトマーシュ・ベルディハを7-6(2), 6-3で破り初めてマスターズ1000でベスト4に進出した。準決勝は優勝したノバク・ジョコビッチに6-4, 4-6, 1-6の逆転で敗れた。

2012年[編集]

地元のブラジル・オープンでベスト4に進出した。3月のBNPパリバ・オープンでは4回戦で優勝したロジャー・フェデラーに6-3, 3-6, 4-6の逆転で敗れた。7月のスイス・オープン・グシュタードでは、2年半ぶりにツアー決勝に進出しヤンコ・ティプサレビッチを6–7(8), 6–4, 6–2で破りツアー3勝目を挙げた[10]ロンドン五輪にも出場したが、シングルスでは1回戦でフランスジョー=ウィルフリード・ツォンガに7–6(5), 4–6, 4–6で、アンドレ・サと組んだダブルスでも1回戦でアメリカブライアン兄弟に6–7(5), 7–6(5), 3-6で敗れた。9月のデビスカップ2012プレーオフではロシアを相手にシングルスで2勝を挙げブラジルの10年ぶりワールドグループ復帰に貢献した[11]

2013年-[編集]

2015年5月、ジュネーヴ・オープンでATPツアー3年ぶりの優勝。

2016年は地元開催のリオ五輪シングルスでは3回戦で第8シードのダビド・ゴファンを7-6(10), 6-4で勝利し、ベスト8に進出。準々決勝でラファエル・ナダルに6-2, 4-6, 2-6で敗れた。ダブルスではアンドレ・サと組み、1回戦で第2シードのアンディ/ジェイミーのマリー兄弟に7-6(6), 7-6(14)で勝利した。2回戦でフォニーニ/セッピ組に敗れた。

ベルッシは2018年1月、ドーピング違反となり、2017年9月から2018年1月末までの5ヶ月間資格停止処分を受けている[12]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 8回 (4勝4敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (4-4)
サーフェス別タイトル
ハード (0-1)
クレー (4-3)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
サーフェス別タイトル
屋外 (4-3)
室内 (0-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2009年2月14日 ブラジルの旗 コスタ・ド・サイペ クレー スペインの旗 トミー・ロブレド 3–6, 6–3, 4–6
優勝 1. 2009年8月2日 スイスの旗 グシュタード クレー ドイツの旗 アンドレアス・ベック 6–4, 7–6(7-2)
優勝 2. 2010年2月7日 チリの旗 サンティアゴ クレー アルゼンチンの旗 フアン・モナコ 6–2, 0–6, 6–4
優勝 3. 2012年7月22日 スイスの旗 グシュタード クレー セルビアの旗 ヤンコ・ティプサレビッチ 6–7(8-10), 6–4, 6–2
準優勝 2. 2012年10月21日 ロシアの旗 モスクワ ハード (室内) イタリアの旗 アンドレアス・セッピ 6–3, 6–7(3–7), 3–6
優勝 4. 2015年5月23日 スイスの旗 ジュネーヴ クレー ポルトガルの旗 ジョアン・ソウザ 7–6(7–4), 6–4
準優勝 3. 2016年2月7日 エクアドルの旗 キト クレー ドミニカ共和国の旗 ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス 6–4, 6–7(5–7), 2–6
準優勝 4. 2017年4月16日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ジョンソン 4–6, 6–4, 6–7(5–7)

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2013年6月14日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー アルゼンチンの旗 ファクンド・バグニス ポーランドの旗 トマシュ・ベドナレク
ポーランドの旗 マテウシュ・コヴァルチク
2–6, 6–4, [11–9]
準優勝 1. 2016年2月6日 エクアドルの旗 キト クレー ブラジルの旗 マルセロ・デモリネル スペインの旗 パブロ・カレーニョ・ブスタ
アルゼンチンの旗 ギリェルモ・ドゥラン
5–7, 4–6

チャレンジャーツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 14回 (9勝5敗)[編集]

大会グレード
ATPチャレンジャーツアー (9-5)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年7月15日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー エクアドルの旗 カルロス・サラマンカ 6–4, 3–6, 2–6
準優勝 2. 2007年7月22日 エクアドルの旗 クエンカ クレー アルゼンチンの旗 レオナルド・マイエル 3–6, 2–6
優勝 1. 2008年3月2日 チリの旗 サンティアゴ クレー アルゼンチンの旗 エドゥアルド・シュワンク 6–4, 7–6(3)
優勝 2. 2008年4月14日 ブラジルの旗 フロリアノーポリス クレー ブラジルの旗 フランコ・フェレイロ 4–6, 6–4, 6–2
優勝 3. 2008年5月4日 チュニジアの旗 チュニス クレー セルビアの旗 ドゥシャン・ベミッチ 6–2, 6–4
優勝 4. 2008年5月11日 モロッコの旗 ラバト クレー アルゼンチンの旗 マルティン・バサージョ=アルグエージョ 6–2, 6–2
優勝 5. 2009年7月19日 イタリアの旗 リミニ クレー アルゼンチンの旗 フアン・パブロ・ブジェジツキ 3–6, 6–3, 6–1
優勝 6. 2009年11月1日 ブラジルの旗 サンパウロ クレー エクアドルの旗 ニコラス・ラペンティ 6–4, 6–4
準優勝 3. 2010年10月30日 ブラジルの旗 サンパウロ クレー ブラジルの旗 マルコス・ダニエル 1–6, 6–3, 3–6
優勝 7. 2012年7月7日 ドイツの旗 ブラウンシュヴァイク クレー ドイツの旗 トビアス・カムケ 7–6(4), 6–3
優勝 8. 2013年11月3日 ウルグアイの旗 モンテビデオ クレー アルゼンチンの旗 ディエゴ・シュワルツマン 6–4, 6–4
準優勝 4. 2013年11月10日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー ドミニカ共和国の旗 ビクトル・エストレーリャ・ブルゴス 2–6, 0–3 途中棄権
準優勝 5. 2014年9月28日 フランスの旗 オルレアン ハード (室内) ウクライナの旗 セルジー・スタホフスキー 2–6, 5–7
優勝 9. 2016年7月10日 ドイツの旗 ブラウンシュヴァイク クレー スペインの旗 イニゴ・セルバンテス 6–1, 1–6, 6-3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A A 1R 2R 2R 2R 1R 2R 1R 2R 1R A 5–9
全仏オープン A 1R 1R 4R 3R 1R A 2R 2R 1R 2R 1R 8–10
ウィンブルドン A 2R A 3R 1R 1R A Q1 1R 2R 1R 4–7
全米オープン LQ 2R 2R 2R 1R 1R 1R 2R 3R 1R 1R 6–10

脚注[編集]

  1. ^ ITF. “ITF Tennis - Juniors - Player Biography”. 2010年10月5日閲覧。
  2. ^ ATP (2006年12月18日). “ATP Rankings - Singles”. 2010年10月5日閲覧。
  3. ^ ATP (2007年11月19日). “South African Airways ATP Rankings - Singles”. 2010年10月5日閲覧。
  4. ^ ATP (2008年11月17日). “South African Airways ATP Rankings - Singles”. 2010年10月5日閲覧。
  5. ^ フランス通信社 (2009年8月3日). “ベルッチ ベックを下しツアー初優勝、アリアンツ・スイス・オープン”. 2010年10月5日閲覧。
  6. ^ BBC (2009年8月2日). “Bellucci claims Swiss Open title”. 2010年10月5日閲覧。
  7. ^ tennis365.net (2009年8月2日). “予選勝者のベルッチが優勝◇スイス・オープン”. 2010年10月5日閲覧。
  8. ^ ATP (2009年12月7日). “South African Airways ATP Rankings - Singles”. 2010年10月5日閲覧。
  9. ^ tennis365.net (2010年2月8日). “22歳ベルッチが通算2勝目◇モビスター・オープン”. 2010年10月5日閲覧。
  10. ^ tennis365.net (2012年7月23日). “ベルッチがティプサレビッチ破り優勝◇クレディ・アグリコル・スイス・OP”. 2012年7月23日閲覧。
  11. ^ Davis Cup - Tie details - 2012 - Brazil v Russia
  12. ^ 日刊スポーツ (2018年1月5日). “トマス・ベルッシ、ドーピング違反で資格停止5カ月”. 2018年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]