アレクサンダー・ズベレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・ズベレフ Tennis pictogram.svg
アレキサンダーズベレフ.jpg
アレクサンダー・ズベレフ
基本情報
ラテン文字名 Alexander Zverev
愛称 サーシャ(Sascha)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ハンブルク
生年月日 (1997-04-20) 1997年4月20日(19歳)
身長 198cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2013年
ツアー通算 3勝
シングルス 2勝
ダブルス 1勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2017)
全仏 3回戦(2016)
全英 3回戦(2016)
全米 2回戦(2016)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 1回戦(2016)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 18位(2017年2月13日)
ダブルス 154位(2016年9月19日)
2017年2月13日現在

アレクサンダー・アレクサンドロヴィチ・"サーシャ"・ズベレフAlexander "Sascha" Zverev, ロシア語: Александр Александрович «Саша» Зверев ) は、ドイツハンブルク出身の男子プロテニス選手。身長198cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATPワールドツアーでシングルス2勝、ダブルス1勝をあげている。自己最高ランキングはシングルス18位。

家族[編集]

父親はロシア出身の元テニス選手、アレクサンダー・ズベレフ・シニア英語版である。また10歳年上の兄のミーシャ・ズベレフもプロテニス選手である。兄のミーシャとはツアーでダブルスを組んで、優勝がある他、男子国別対抗戦デビスカップのダブルスにも兄弟で出場がある。また兄のミーシャは2017年全豪オープン男子シングルスでベスト8進出がある。

来歴[編集]

ジュニア時代[編集]

2013年全仏オープンの男子ジュニアシングルスで決勝に進出、クリスティアン・ガリンに敗れ、準優勝。2014年全豪オープンの男子ジュニアシングルスで決勝に進出し、ステファン・コズロフを破り、優勝した。

ジュニアグランドスラム決勝進出結果
結果 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 2013年 全仏オープン クレー チリの旗 クリスティアン・ガリン 4–6, 1–6
優勝 2014年 全豪オープン ハード アメリカ合衆国の旗 ステファン・コズロフ 6–3, 6–0

2014年[編集]

7月のブラウンシュヴァイクでのチャレンジャー大会ポール=アンリ・マチューを破り優勝。同月のドイツ国際オープンにワイルドカードで出場すると、1回戦でロビン・ハーセを、2回戦で第5シードのミハイル・ユージニーを、3回戦で第11シードのサンティアゴ・ヒラルドを、準々決勝で同じドイツのトビアス・カムケを破り、ツアー初の準決勝進出。準決勝で第1シードのダビド・フェレールに0-6, 1-6で敗れた。

2015年 年間最優秀新人賞受賞[編集]

3月のマイアミ・オープンで予選を通過し、マスターズ初出場を果たすと、1回戦でサム・グロスを破り、2回戦進出を果たす。5月のBMWオープンダブルスで兄のミーシャ・ズベレフと組み、ツアー初の決勝進出を果たす。決勝でペヤ/ソアレス組に敗れ準優勝。2週後のハイルブロンでのチャレンジャー大会で優勝し、世界ランキングトップ100入りを果たす。ウィンブルドン選手権でグランドスラム初出場を果たすと、1回戦でティムラズ・ガバシュビリを6-3, 1-6, 6-3, 3-6, 9-7で勝利し、グランドスラム初勝利をあげる。2回戦でデニス・クドラに敗れた。7月のスウェーデン・オープンでツアー2度目の準決勝進出を果たす。年間最終83位となり、ATP Newcomer of the Yearを受賞した。

2016年 ツアー初優勝[編集]

年初のホップマン・カップザビーネ・リシツキと組んで出場。フランス戦で2勝を挙げる。2月の南フランス・オープンで2回戦で第2シードマリン・チリッチを破るなど、ツアー3度目の準決勝進出。準決勝で審判への暴言により、コードバイオレーションを取られた。またダブルスでは兄ミーシャと組んでツアー2度目の準優勝。 3月のデビスカップチェコ戦でデビスカップドイツ代表デビューを果たした。翌週のBNPパリバ・オープンではイワン・ドディググリゴール・ディミトロフジル・シモンを破り、マスターズ初の4回戦進出。4回戦ではラファエル・ナダルをマッチポイントまで追い込むも、7-6(8), 0-6, 5-7で敗れた。全仏直前のニース・オープンでは準々決勝でジル・シモンに6-3, 6-7(6), 7-6(1)で破ると、準決勝でジョアン・ソウザを6-4, 4-6, 6-2で破り、自身初のATPツアーで決勝に進出。決勝ではドミニク・ティームに4-6, 6-3, 0-6で敗れ初優勝はならなかった。全仏オープンでは3回戦まで進出するがドミニク・ティームに敗れた。ゲリー・ウェバー・オープンでは準決勝でロジャー・フェデラーを破り、決勝に進出。決勝では同胞の先輩のフロリアン・マイヤーに2-6, 7-5, 3-6で敗れ、初優勝はならなかった。ウィンブルドンでは初めてシードとなり、第24シードで出場。雨天や日没によるサスペンデッドを経ながら、3回戦に進出。3回戦で世界ランク9位のトマーシュ・ベルディヒに3-6, 4-6, 6-4, 1-6で敗れた。9月のサンクトペテルブルク・オープンで今季3度目の決勝進出。決勝でスタン・ワウリンカに6-2, 3-6, 7-5で勝利し、ATPツアー初優勝を果たした。

2017年[編集]

年初のホップマン・カップスイス戦ではロジャー・フェデラーに7-6(1), 6-7(4), 7-6(4)で勝利した。全豪オープンでは3回戦でラファエル・ナダルと4時間を超える激闘の末、6-4, 3-6, 7-6(5), 3-6, 6-2で敗れた。2月のデビスカップベルギー戦では兄ミーシャと共にドイツ代表に選出され、ダブルスには兄弟で組んで出場。ルーベン・ベーメルマンス/ヨリス・デ・ローレ組に敗れた。翌週の南フランス・オープンでは、シングルス決勝ではリシャール・ガスケを破り、ツアー2勝目をあげ、ダブルスでは兄ミーシャと組んで、決勝でファブリス・マルタン/ダニエル・ネスターに勝利し、ダブルス初優勝を果たした。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 4回 (2勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (2–1)
サーフェス別タイトル
ハード (2–0)
クレー (0-1)
芝 (0-1)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年5月21日 フランスの旗 ニース クレー オーストリアの旗 ドミニク・ティーム 4-6, 6-3, 0-6
準優勝 2. 2016年6月19日 ドイツの旗 ハレ ドイツの旗 フロリアン・マイヤー 2-6, 7-5, 3-6
優勝 1. 2016年9月25日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード (室内) スイスの旗 スタン・ワウリンカ 6-2, 3-6, 7-5
優勝 2. 2017年2月12日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) フランスの旗 リシャール・ガスケ 7–6(7–4), 6–3

ダブルス: 3回(1勝2敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2015年5月3日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ
ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
6–4, 1–6, [5–10]
準優勝 1. 2016年2月7日 フランスの旗 モンペリエ ハード ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ クロアチアの旗 マテ・パビッチ
ニュージーランドの旗 マイケル・ビーナス
5–7, 6–7(4–7)
優勝 1. 2016年2月12日 フランスの旗 モンペリエ ハード ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ フランスの旗 ファブリス・マルタン
カナダの旗 ダニエル・ネスター
6–4, 6–7(3–7), [10–7]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン A LQ 1R 3R 2-2
全仏オープン A LQ 3R 2-1
ウィンブルドン A 2R 3R 3-2
全米オープン LQ 1R 2R 1-2

脚注[編集]

外部リンク[編集]

受賞
先代:
クロアチアの旗 ボルナ・チョリッチ
ATP年間最優秀新人賞
2015
次代:
アメリカ合衆国の旗 テイラー・フリッツ