2020年全米オープン (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年全米オープン
開催期間:   8月31日 - 9月13日
通算:   140回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   アメリカ, ニューヨーク
優勝者
男子シングルス
オーストリアの旗 ドミニク・ティーム
女子シングルス
日本の旗 大坂なおみ
男子ダブルス
クロアチアの旗 マテ・パビッチ / ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
女子ダブルス
ドイツの旗 ラウラ・シグムント / ロシアの旗 ベラ・ズボナレワ
車いす男子シングルス
日本の旗 国枝慎吾
車いす女子シングルス
オランダの旗 Diede de Groot
車いすクァードシングルス
オランダの旗 Sam Schroder
車いす男子ダブルス
イギリスの旗 Alfie Hewett / イギリスの旗 Gordon Reid
車いす女子ダブルス
日本の旗 上地結衣 / イギリスの旗 Jordanne Whiley
車いすクァードダブルス
オーストラリアの旗 Dylan Alcott / イギリスの旗 Andy Lapthorne
全米オープン
 < 2019 2021 > 

2020年 全米オープンは、アメリカニューヨークにあるUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターにて、2020年8月31日から9月13日にかけて開催された[1]

大会概要[編集]

本大会は全米テニス協会(USTA)が主催する140回目[2]の全米オープンである。今大会から、コートサーフェスがデコターフからレイコールドに変更となった[3]

新型コロナウイルス感染症対策[編集]

ポイントと賞金額[編集]

ポイント配分[編集]

シニア[編集]

種目 W F SF QF Round of 16 Round of 32 Round of 64 Round of 128
男子シングルス 2000 1200 720 360 180 90 45 10
男子ダブルス N/A N/A
女子シングルス 1300 780 430 240 130 70 10
女子ダブルス N/A N/A

車いす[編集]

種目 W F SF/3rd QF/4th
シングルス 800 500 375 100
ダブルス 800 500 100 N/A
クァードシングルス 800 500 375 100
クァードダブルス 800 100 N/A N/A

賞金額[編集]

今大会の賞金総額は5340万ドルであり、男女シングルスの優勝者に300万ドルが渡される[注 3] [11]

種目 W F SF QF Round of 16 Round of 32 Round of 64 Round of 128
シングルス $3,000,000 $1,500,000 $800,000 $425,000 $250,000 $163,000 $100,000 $61,000
ダブルス * $400,000 $240,000 $130,000 $91,000 $50,000 $30,000 N/A N/A

* 組ごとに授与

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ USTAは2020年6月17日に新型コロナウイルスの影響で車いす部門を中止すると発表したが、国際パラリンピック委員会や有力選手からの批判を受け方針を転換。翌週、同部門の中止を撤回した[4][5]
  2. ^ アーサー・アッシュ・スタジアムとルイ・アームストロング・スタジアムでは通常通り線審が配置され、ボールパーソンの人数も通常と変わらず6人。
  3. ^ 優勝賞金は前年に比べて85万ドル減額。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 全米OPの開催概要が発表。例年と比べていくつか変更へ”. THE TENNIS DAILY. 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ FACTBOX-Tennis-U.S. Open in numbers”. reuters.com (2020年8月29日). 2020年10月11日閲覧。
  3. ^ Sport Group's Laykold selected as new US Open court surface”. usopen.org (2020年3月23日). 2020年6月17日閲覧。
  4. ^ テニス=全米OPが車いす部門中止を撤回、一転して開催決定”. jp.reuters.com (2020年6月25日). 2020年6月25日閲覧。
  5. ^ 全米テニス、車いすの部開催へ 批判受け中止の方針転換”. this.kiji.is (2020年6月25日). 2020年6月25日閲覧。
  6. ^ 無観客、車いすテニスなど中止/全米OPコロナ対策”. nikkansports.com (2020年6月18日). 2020年6月18日閲覧。
  7. ^ US Open 101”. usopen.org. 2020年9月1日閲覧。
  8. ^ セレーナが全米OP出場を明言、主催者は安全を確約”. afpbb.com (2020年6月18日). 2020年6月18日閲覧。
  9. ^ 全米テニス、車いすの部は中止 コロナ対策で電子判定導入”. this.kiji.is (2020年6月18日). 2020年6月18日閲覧。
  10. ^ a b 無観客開催のUSオープン、コロナ対策による変更事項の全容とは?”. tennismagazine.jp (2020年6月18日). 2020年9月1日閲覧。
  11. ^ 全米OPの優勝賞金が減額、新型コロナの影響”. afpbb.com (2020年8月6日). 2020年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]

ドロー表[編集]

前回:
2020年全豪オープン
グランドスラム
2020年
次回:
2020年全仏オープン
前回:
2019年全米オープン
全米オープン
2020年
次回:
2021年全米オープン