1967年全米選手権 (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

1967年 全米選手権に関する記事。

大会の流れ[編集]

  • 1881年から1967年まで、全米選手権は各部門が個別の名称を持ち、大会会場も別々のテニスクラブで開かれた。これが他の3つのテニス4大大会と大きく異なる点である。
    • 男子シングルス 名称:全米シングルス選手権(U.S. National Singles Championship)/会場:ニューヨーククイーンズ区フォレストヒルズ、ウエストサイド・テニスクラブ (1924年-1977年
    • 女子シングルス 名称:全米女子シングルス選手権(U.S. Women's National Singles Championship)/会場:フォレストヒルズ、ウエストサイド・テニスクラブ (1921年-1977年
    • 男子ダブルス 名称:全米ダブルス選手権(U.S. National Doubles Championship)/会場:マサチューセッツ州ボストン市、ロングウッド・クリケット・クラブ (1946年-1967年まで)
    • 女子ダブルス 名称:全米女子ダブルス選手権(U.S. Women's National Doubles Championship)/会場:ボストン、ロングウッド・クリケット・クラブ (1946年-1967年まで)
    • 混合ダブルス 名称:全米混合ダブルス選手権(U.S. Mixed Doubles Championship)/会場:フォレストヒルズ、ウエストサイド・テニスクラブ (1942年-1977年
  • 1967年までは、男子ダブルス・女子ダブルスの2部門がボストンの「ロングウッド・クリケット・クラブ」で開かれ、他の3部門(男女シングルス・混合ダブルス)はフォレストヒルズで行われた。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ジョン・ニューカム (初優勝)
  2. オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン (ベスト8)
  3.  (試合開始前に棄権)
  4. ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ニコラ・ピリッチ (3回戦)
  5. 南アフリカの旗 クリフ・ドリスデール (2回戦)
  6. イギリスの旗 ロジャー・テーラー (2回戦)
  7. アメリカ合衆国の旗 クラーク・グレーブナー (準優勝)
  8. アメリカ合衆国の旗 チャーリー・パサレル (3回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (初優勝)
  2. イギリスの旗 アン・ヘイドン=ジョーンズ (準優勝)
  3. フランスの旗 フランソワーズ・デュール (ベスト4)
  4. アメリカ合衆国の旗 ナンシー・リッチー (2回戦=初戦、不戦敗)
  5. オーストラリアの旗 レスリー・ターナー (ベスト4)
  6. ブラジルの旗 マリア・ブエノ (2回戦=初戦、不戦敗)
  7. アメリカ合衆国の旗 ロージー・カザルス (4回戦)
  8. アメリカ合衆国の旗 メアリー・アン・アイゼル (3回戦)
  9. イギリスの旗 バージニア・ウェード (4回戦)
  10. オーストラリアの旗 ケリー・メルビル (4回戦)
  11. 南アフリカの旗 アネッテ・バン・ジル (ベスト8)
  12. アメリカ合衆国の旗 ピーチズ・バルトコビッツ (ベスト8)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

  • 全米オープンの歴史 (英語、全米オープンテニス公式サイト内)
  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGrand Slam Tennis Archive、女子はTennisForum.com提供スレッドによる)

参考文献[編集]

  • Roger M. Williams, “The U.S. Open: Game, Set, Unmatched”(全米オープン-ゲーム・セット・試合は続く) Time-Life Books, New York (1997) ISBN 0-7835-5260-2 各部門ごとの開催地について、本書の189ページを参照した。
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
先代:
1967年ウィンブルドン選手権
テニス4大大会
1967年 - 1968年
次代:
1968年オーストラリア選手権 (テニス)
先代:
1966年全米選手権 (テニス)
全米オープン
1967年
次代:
1968年全米オープン (テニス)