フランソワーズ・デュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランソワーズ・デュールFrançoise Durr, 1942年12月25日 - )は、フランスの元女子テニス選手。アルジェリアの首都・アルジェに生まれる。1967年全仏選手権で女子シングルス、ダブルスともに優勝を飾った。シングルス自己最高ランキングは3位。現役生活でシングルス26勝、ダブルス42勝を挙げた。

デュールの活躍した時期は、テニス界における最大の転換期「オープン化措置」(4大大会にプロ選手の出場を解禁すること)をまたぐ頃だった。1963年に女子テニスの国別対抗戦「フェデレーション・カップ」(現在の名称はフェドカップ)が創設されたが、デュールはその第1回大会からフランス・チームの代表選手となった。1965年からデュールは公式戦のシングルスで優勝回数を伸ばし、ついに1967年全仏選手権で地元フランスの女子選手としてシングルス・ダブルスの両部門で優勝を飾った。シングルスの決勝ではレスリー・ターナーオーストラリア)を 4-6, 6-3, 6-4 の逆転で破り、ダブルスも制覇して“単複2冠”を達成した。(当時はオープン化措置の前だったので、現在のような全仏オープンの名称ではなかった。)その後、2000年マリー・ピエルスが優勝するまで、同大会の女子シングルス部門でフランス人の優勝者は33年間現れなかった。

デュールは4大大会の女子ダブルスでは、1967年全仏選手権の他にも11大会で優勝を飾っている。1975年ウィンブルドン女子ダブルス決勝で沢松和子アン清村のペアに 5-7, 6-1, 5-7 で敗れた相手は、ほかならぬデュールとベティ・ストーブオランダ)の組であった。

現役引退後のデュールは数々の名誉職につき、1988年に「女子テニス協会名誉会員」に選出され、1993年には「フランス・テニス連盟」で最初の「女子テニス監督」(Director of Women's Tennis)に就任した。2003年国際テニス殿堂入りを果たしている。

デュールはまた、女子ツアーの転戦の際に愛犬を同伴した最初の女子選手としても知られる。その犬は「トップスピン」(Topspin)という名前で呼ばれ、デュールのテニスラケットをコートまで運び、当時のテニスファンの“人気者”だったという。

4大大会優勝[編集]

外部リンク[編集]