アンドレア・テメシュバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いテメシュヴァーリ・アンドレアと表記することもあります。
アンドレア・テメシュバリ
Andrea Temesvári
Tennis pictogram.svg
Andrea Temesvari RG 2011.jpg
French Open 2011 Trophée des Légendes
基本情報
国籍  ハンガリー
出身地 同・ブダペスト
生年月日 (1966-04-26) 1966年4月26日(51歳)
身長 182cm
体重 61kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1981年
引退年 1997年
ツアー通算 11勝
シングルス 5勝
ダブルス 6勝
生涯通算成績 452勝381敗
シングルス 241勝210敗
ダブルス 211勝171敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1984)
全仏 4回戦(1983)
全英 4回戦(1984)
全米 3回戦(1982-84・89)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(1990)
全仏 優勝(1986)
全英 ベスト8(1985・89)
全米 3回戦(1983・84・86)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位
ダブルス 13位

アンドレア・テメシュバリAndrea Temesvári, 1966年4月26日 - )は、ハンガリーブダペスト出身の元女子プロテニス選手。1986年全仏オープン女子ダブルスで、マルチナ・ナブラチロワとペアを組んで優勝した。若き日には、アイドル性のある愛らしい天才少女としても高い人気を持っていた。WTAツアーでシングルス5勝、ダブルスで1986年全仏オープンを含む6勝を挙げた。シングルス自己最高ランキングは7位。身長182cm、体重61kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

アンドレア・テメシュバリは9歳からテニスを始め、1981年全仏オープン4大大会にデビューした。1982年女子テニス協会の「最も進歩した選手賞」(Most Improved Player Award)を受賞。1983年に「イタリアン・オープン」と「全米クレーコート選手権」の2大会で優勝し、初めて世界ランキングトップ10位以内に入る。この年は全仏オープンで、ハナ・マンドリコワとの4回戦に進出した。1984年にテメシュバリはウィンブルドンと(当時は年末開催で、女子シングルスも6回戦制だった)全豪オープンでベスト16に入ったが、4大大会女子シングルスではベスト8以上に勝ち進むことができなかった。1986年全仏オープンで、テメシュバリは女子ダブルスでマルチナ・ナブラチロワとペアを組み、決勝でシュテフィ・グラフガブリエラ・サバティーニ組を 6-1, 6-2 のストレートで破って優勝した。ところが、1987年初頭からテメシュバリは肩と足首の故障に悩まされ、1年8ヶ月の戦線離脱を余儀なくされる。そのため、一時期は早熟少女の燃え尽き症候群を疑われたこともあった。

1989年からテメシュバリは女子テニスツアーに復帰を果たし、久々の4大大会出場となった1989年全豪オープンにも3回戦まで勝ち進んだ。同年の8月第3週にアメリカニュージャージー州で行われた「ユナイテッド・ジャージー」大会では、当時世界ランキング1位に君臨していたシュテフィ・グラフとの決勝戦まで進み、全米オープンでも3回戦に進出している。復帰後のテメシュバリは、ツアーでシングルス優勝はできなかったが、ダブルスで3つのタイトルを加え、1996年全仏オープンまで4大大会の本戦に出場を続けた。同年のアトランタ五輪にも、ハンガリー代表選手として出場した。1997年6月に31歳で現役を引退。テメシュバリは2003年に女子テニス国別対抗戦・フェドカップハンガリー代表監督を務め、チームをアルゼンチンとの「ワールドグループ・プレーオフ」まで導いた。

参考文献[編集]

  • WTAツアー公式メディア・ガイド、1996年版 (ツアーサイトから、伝記情報の一部が消滅したため)

外部リンク[編集]